特集 PR

ジュリアン・カサブランカス、The Voidzでロックに喝を入れる

The Voidz『Virtue』
テキスト
村尾泰郎
編集:木村直大、山元翔一
ジュリアン・カサブランカス、The Voidzでロックに喝を入れる

ロックンロールリバイバルとは何だったのか?

21世紀に入った頃、アメリカで「ロックンロールリバイバル」と呼ばれるムーブメントが起こった。「ロックンロールの復活」と聞くと、まるでロックンロールが死んでいたみたいだが、実際はそうではない。

1990年代に盛り上がったオルタナティブロックには、グランジ、ミクスチャー、ローファイ、ポストロックなど様々な要素が含まれていて、1990年代を通じてロックンロールはより複雑に進化を遂げた。そんななかで、見えにくくなっていたロックンロール本来の姿を再確認したのがロックンロールリバイバルであり、そこで注目を集めたのが、ニューヨーク(以下、NY)出身のThe Strokesやデトロイト出身のThe White Stripesだ。NYもデトロイトも豊かな音楽的土壌を持った土地だけに、どちらのバンドもロックンロールの若き守護者的なイメージが強かったのかもしれない。

The StrokesやThe White Stripesは、本国よりイギリスで先にブレイクし、彼らに続くように、イギリスからThe LibertinesやThe Kills、Arctic Monkeysといったバンドが登場。そうしてロックンロールリバイバルは世界各国に飛び火していった。そういった状況は、1970年代にNYで生まれたパンクに敏感に反応して、ロンドンにパンクシーンが生まれた状況を思い出させたりもする。

そんな20年前に比べて、いまのアメリカのロックシーンに活気が欠けているのは間違いないようだ。この状況に喝を入れるべく、ジャック・ホワイト(ex.The White Stripes)はヒップホップやR&Bを大胆に取り入れた新作『Boarding House Reach』をリリースしたが(参考記事:ジャック・ホワイトの2018年の傑作は、ロックの未来を救うか?)、それに続くように、The Strokesのフロントマン、ジュリアン・カサブランカスが率いるバンド、The Voidzが新作『Virtue』を発表した。

NYの先達に通じるジュリアンのアート感覚

The Strokesの現時点での最新作『Comedown Machine』(2013年)では、エレクトロニックな要素やダンサブルなビートを取り入れることで、パンクやガレージバンドが陥りがちなマンネリから抜け出そうとしていた。ブルースの名産地、デトロイトを根城にしたThe White Stripesはルーツミュージックを独自に取り入れることで音楽性の幅を生み出したが、NY出身のThe Strokesにルーツミュージックは似合わない。そんななかで行き詰まったジュリアンは、突破口を見つけるためにThe Voidzという新しいバンドに賭けたのだろう。

The Strokes『Comedown Machine』を聴く(Spotifyを開く

ギターのリフやビートがカッチリと組み合わさったミニマルで明快な構造のThe Strokesとは逆に、The Voidzの特徴は多彩というか雑食性の強いサウンドだ。2作目となる今回のアルバムも、迷宮に迷い込んだように次々とアルバムの風景は変わっていく。

オープニング曲“Leave It in My Dreams”はThe Strokesの雰囲気も感じさせるメロディアスなロックンロールだが、続く“QYURRYUS”では、エレクトロニックなパルス音に乗ってエフェクトをかけた歌声がオリエンタルな旋律をシャウト。さらに“Pyramid of Bones”ではダンサブルなグルーヴにヘビーなギターが暴れ回る。最初の3曲をとっても作風はバラエティー豊か。なかでも、打ち込みの強烈なビートが曲を引っ張っていく“All Wordz Are Made Up”や、ジュリアンがファルセットで歌い上げる“Pink Ocean”といったナンバーをはじめ、ビートの存在感や過激な音の作り込みはR&B / ヒップホップからの影響を強く感じさせる。

まるでコラージュのように、様々な音楽性やアイデアをひとつの曲に詰め込んで異空間を作り出す。そんな実験的でサイケデリックなサウンドは、ジュリアンが最近のインタビューで名前を出しているAriel Pinkに通じるものがあるが、そこに息づくアート感覚は、Talking HeadsやTelevisionといったNYの先達や、ジュリアンがThe Beatles以上に敬愛するThe Velvet Undergroundにまで遡ることができる。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

The Voidz 『Virtue』(CD)
The Voidz
『Virtue』(CD)

2018年4月25日(水)発売
価格:2,376円(税込)
SICP-5689

1. Leave It In My Dreams
2. QYURRYUS
3. Pyramid of Bones
4. Permanent High School
5. ALieNNatioN
6. One of the Ones
7. All Wordz Are Made Up
8. Think Before You Drink
9. Wink
10. My Friend the Walls
11. Pink Ocean
12. Black Hole
13. Lazy Boy
14. We're Where We Were
15. Pointlessness
16. Coul as a Ghoul(日本盤ボーナストラック)

プロフィール

The Voidz
The Voidz(ざ ぼいず)

2000年代に<ロックンロールリバイバル>一大ムーヴメントを巻き起こし、その後も多くのバンドに影響を与えているThe Strokesのフロントマンで、現在のロックアイコンの一人でもある、ジュリアン・カサブランカスによるサイド・プロジェクト。The Voidzは、ジュリアンのソロ・ツアーでバック・メンバーを務めたジェフ・カイト(Key)、アレックス・カラピティス(Dr)他、ジェレミー“ベアード”グリッター(Gt)、アミール・ヤグメイ(Gt)、ジェイク・バーコビッチ(Ba,Synth)、そしてジュリアン・カサブランカス(Vo)による6人組。2014年に「Julian Casablancas +The Voidz」名義でデビュー、4年ぶりとなる2ndアルバムを2018年4月25日に発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも