今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2021年9月28日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 佐伯享介(CINRA.NET編集部)
    佐伯享介(CINRA.NET編集部)

    びっくりしちゃったね

    犬と生活していると、よく使う言葉がある。犬のいない生活ではそんなに使わなかった言葉を高頻度で使用するようになっていることに気づいて、犬の影響力の大きさにときどき愕然とします。
    どんな言葉をよく使うのかというと、代表的なところだと「おさんぽ」。これは犬と暮らしている人ならほぼ毎日使う言葉なんじゃないでしょうか。おさんぽ、超重要ワードです。
    普段は公衆の面前で言わないけれど、犬と一緒にいることで外でも気にせず言ってしまう言葉としては、「うんち」というものもあります。たぶん犬のうんちと人間のうんちが、発話者のなかでは無意識的に峻別されているんですよね。ほかの人が聞いたら同じうんちなのですが。

    そういう言葉はいろいろあるのですが、今回注目したい言葉は「びっくりしちゃったね」です。犬といっしょに暮らすまで、たぶん使ったことがなかった言い回しなんじゃないかと思います。
    そう、犬はびっくりしがちです。人間がびっくりしないところでびっくりすることが多い。たとえば普段は人通りが少ない車道を人が歩いている様子を見たとき。見慣れないほど大きなバッグを持っている人を見たとき。家でテーブルの上から何かが落ちそうになるとき。そんなときに犬はびっくりします。びっくりすると、吠えたり、物陰に隠れたりします。そしてびっくりする犬を見た人間は「びっくりしちゃったね」と犬に語りかけます。
    でも、人間がびっくりするようなこと、たとえば宝くじで10億円当たったというようなことがあっても犬はびっくりしないと思います。不思議ですよね。とはいえじっさいに検証してみないとわからないので、宝くじ当たらないかなーと思ってます。

  • 青柳麗野(CINRA.NET編集部)
    青柳麗野(CINRA.NET編集部)

    『空気階段の踊り場』

    数々の芸人ラジオを聴いてまわる日々を過ごしているが、そのなかで今回は空気階段がパーソナリティーを務めるTBS『空気階段の踊り場』を紹介したいと思う。
    2012年に水川かたまりと鈴木もぐらによって結成。コント芸で活躍する一方、2017年にはじまった『踊り場』では、人間味あふれる姿を見せている。いまよりもっと若手で、借金まみれの暮らしをしていたふたりが、本気で喧嘩したり、泣いて笑ったりする。そしてそれぞれが結婚し、もぐらにはは子どもが生まれ、かたまりは離婚をするといった様子をすべてリスナーは見守ってきた。まさに人生賛歌のようなラジオである。
    コーナーも彼ららしい。かたまりが上京したてのころに大学仲間との合コンで方言をイジられ怒って帰ったことで生まれた「渋谷に戻ろう」。もぐらの波乱に満ちつつも哀愁のあるエピソードから生まれた「北野映画ぽい話」など、過ぎ去った日を思い出す切なさと笑いがある。今春からは60分に拡大し、曲を流せるようにもなった。もともとラジオ好きのふたりにとって、選曲できる喜びはひとしおである(個人的には、もぐらによるエピソードトークからの“出来過ぎな曲紹介”に注目している)。

    そんな彼らは今週土曜に行われる『キングオブコント2021』の決勝戦に出場する。どんな笑いを届けてくれるのか。そしてラジオで何を語るのか? 楽しみにしたい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』