今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2016年7月11日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作
    柏井万作

    ナタリーさんの新オフィスにお邪魔してきた話

    創業以来ずっと下北沢にオフィスを構えていたナタリーさんが、原宿に引っ越したという。なぜ下北沢を離れたのか? そしてなぜ原宿なのか? どれだけオシャレなオフィスになっているんだ? そもそもどのくらい儲かっているんだ!? っていうか株式売却の話、詳しく知りたい! などなど尽きない疑問に答えていただくべく、お邪魔してきました。(大山)卓也さんは何事も包み隠さず教えて下さるので本当に頭が下がりますが、さすがにここで詳細は明かせません(笑)。でもとにかく、オシャレだったし取材部屋がメチャクチャたくさんあって羨ましかった……。WEBメディアにはまだまだ夢がある。勇気をもらいました。

  • 飯嶋藍子
    飯嶋藍子

    ぴったりなもの

    日曜日は選挙と代々木公園へ。もともと暑さに弱いので日陰で溶けそうになっていたのですが、LeyonaやNakamuraEmiのしなやかで美しい歌声が太陽にすごく似合っていて気持ちよかった。彼女たちを見ながら食べた辛いナチョスも身体をシャキッとしてくれた。暑い時にスパイシーなものを食べるのはすごくいい。涼しくなる。音楽も食べ物も季節にぴったりのものがあると嬉しくなる。

  • 山元翔一
    山元翔一

    残された希望

    学生時代に聴いたりバンドでコピーしたりしたアーティストが、自分と同じように時間を過ごし成長していく。解散したり、活動を止めてしまったバンドもいるし、亡くなってしまった人だっている。でも一方で、当時からは想像もつかないくらいにとんでもなく大きな存在へと成長したバンドがいます。THE NOVEMBERSは僕にとってそういうバンド。週末に開催されたART-SCHOOLとの共催企画で久しぶりに見た彼らは、気高く美しく、たまらなくかっこよかった。THE NOVEMBERSが描く未来を共に見ていたいと僕は心底思った。彼らは日本の音楽シーンに残された大きな希望だと声を大にして言いたい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年