Boris

ぼりす

1992年結成。活動当初よりワールドワイドに活動、2003年以降はほぼ毎年海外ツアーを行う。文字通り音を体感するダイナミクスに満ちたパフォーマンスはNINE INCH NAILSをも魅了し、USアリーナツアーのサポートに抜擢された。2011年には日本ではメジャー初リリースとなる『New Album』を発表。また映画『リミッツ・オブ・コントロール』『告白』へも楽曲を提供、映像的と評される作風は音楽界以外でも注目を浴びた。2013年より改めて3人編成での活動にシフトし、メンバー間の相互作用とバランスを更に強化。2014年6月最新作『NOISE』を全世界同時リリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)