コラム

世界が大きく揺れた2016年。イギリスのEU離脱問題や、ドナルド・トランプが勝利したアメリカ大統領選挙、世界中でテロが相次ぎ、日本では甚大な被害を及ぼした熊本地震が4月に発生。芸能界はSMAP解散騒動、不倫騒動の報道が熱を帯びました。スポーツ界ではリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが開催され、閉会式における「トーキョーショー」の先鋭性は国内外で評判になりました。

その陰で、数多くのアーティストや著名人がこの世を去りました。デヴィッド・ボウイ、Prince、ザハ・ハディド、アッバス・キアロスタミ、冨田勲、レナード・コーエン、ジョージ・マイケル……。1年を振り返るこの時期にCINRA.NETでは、2016年に亡くなったアーティストや著名人の中から、後世に大きな影響を与え、カルチャーの発展に貢献した50人を紹介します。願わくはこの記事が、故人の偉大な功績を知り、その足跡に思いを馳せる一助になれば、さいわいです。

ピエール・ブーレーズ(作曲家・指揮者、90歳)

1925年生まれ、フランス生まれ。セリー音楽の第一人者。フランス国立音響音楽研究所「IRCAM」創立者で、初代所長も務めるなど、フランスの現代音楽を牽引しました。1月5日逝去。

アンドレ・クレージュ(ファッションデザイナー、92歳)

1923年生まれ、フランス生まれ。空軍パイロットを経たのち、ファッションデザイナーとして活動を開始。1965年に発表したミニスカートは、ツイッギーが着用して世界的ブームとなりました。1月7日逝去。

デヴィッド・ボウイ(ミュージシャン・俳優、69歳)

デヴィッド・ボウイ 撮影:鋤田正義
デヴィッド・ボウイ 撮影:鋤田正義

1947年、イギリス生まれ。「ジギー・スターダスト」「シン・ホワイト・デューク」といったキャラクターを演じながら、多ジャンルにわたる音楽活動を展開。俳優としても『戦場のメリークリスマス』『地球に落ちてきた男』などに出演しました。2003年から約10年間にわたり、表立った活動を行なっていませんでしたが、2013年から復帰。今年の誕生日には新作『★(Blackstar)』を発表し、その2日後となる1月10日に逝去しました。死因は肝臓がん。18か月にわたる闘病生活を送っていました。

アラン・リックマン(俳優、69歳)

アラン・リックマン By Marie-Lan Nguyen ([1]) [CC BY 2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.0)], via Wikimedia Commons
アラン・リックマン By Marie-Lan Nguyen ([1]) [CC BY 2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.0)], via Wikimedia Commons

1946年、イギリス生まれ。1988年に『ダイ・ハード』でデビューし、ティム・バートン制作による作品に多数出演。『ハリー・ポッター』シリーズのスネイプ先生役でも知られていました。1月14日逝去。

ジャック・リヴェット(映画監督・批評家、87歳)

1928年、フランス生まれ。『カイエ・デュ・シネマ』元編集長。映画監督としては、上映時間約13時間の『アウト・ワン』や、オノレ・ド・バルザックの短編小説をもとにした『美しき諍い女』などを手掛けました。1月29日逝去。

モーリス・ホワイト(Earth, Wind & Fire / ミュージシャン・音楽プロデューサー、74歳)

モーリス・ホワイト By Chris Hakkens [CC BY-SA 2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons
モーリス・ホワイト By Chris Hakkens [CC BY-SA 2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons

1941年、アメリカ生まれ。Earth, Wind & Fireのリーダーで、楽曲“September”の作曲者の1人。1997年にパーキンソン病の診断を受け、ステージから退きながらも、プロデューサーとして活動していました。2月3日逝去。

津島佑子(小説家、68歳)

1947年、東京出身。1996年から97年にかけて『火の山―山猿記』を発表。同作は『谷崎潤一郎賞』『野間文芸賞』を受賞し、NHK連続テレビ小説『純情きらり』の原作になりました。作家・太宰治の次女としても知られました。2月18日逝去。

ウンベルト・エーコ(哲学者・小説家、84歳)

1932年生まれ、イタリア出身。記号学や宗教論などの要素を盛り込んだ小説『薔薇の名前』が世界的なベストセラーに。2010年に刊行された、ジャン=クロード・カリエールとの共著『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』も話題を呼びました。2月19日逝去。

ジョージ・マーティン(音楽プロデューサー、90歳)

ジョージ・マーティンとThe Beatles By Capitol Records (eBay item photo front photo back) [Public domain], via Wikimedia Commons
ジョージ・マーティンとThe Beatles By Capitol Records (eBay item photo front photo back) [Public domain], via Wikimedia Commons

1926年、イギリス生まれ。The Beatlesの作品を多数プロデュースしたことから、「5人目のビートルズ」とも呼ばれました。エルトン・ジョン、セリーヌ・ディオン、ジェフ・ベック、The Mahavishnu Orchestra、YOSHIKI(X JAPAN)といったアーティストのプロデュースも。3月8日逝去。

キース・エマーソン(Emerson, Lake & Palmer / ミュージシャン、71歳)

1944年、イギリス出身。開発されて間もないモーグ・シンセサイザーを演奏に取り入れました。Emerson, Lake & Palmerなどのバンドで活動したほか、映画音楽も手掛けていました。3月10日逝去。

ファイフ・ドーグ(A Tribe Called Quest / ラッパー、45歳)

ファイフ・ドーグBy MikaV (Own work) [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons
ファイフ・ドーグBy MikaV (Own work) [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

1970年、アメリカ出身。高校の同級生たちとA Tribe Called Questを結成。20歳で糖尿病と診断され、2008年には腎臓移植手術を受けていました。今年11月11日には、A Tribe Called Questのラストアルバム『We Got It from Here... Thank You 4 Your Service』がリリースされました。3月22日逝去。

ザハ・ハディド(建築家、65歳)

ザハ・ハディド photo by Brigitte Lacombe
ザハ・ハディド photo by Brigitte Lacombe

1950年生まれ、イラク出身。レム・コールハース主宰のOMAを経て、イギリス・ロンドンに事務所を設立。独立後10年以上にわたってプロジェクトが実現されなかったことから、「アンビルトの女王」と呼ばれました。2004年に女性として初めて『プリツカー賞』を受賞。2020年の東京オリンピックで使用される、新国立競技場の旧計画でデザインを担当しました。3月31日、心臓発作のため逝去。

吉野朔実(漫画家、57歳)

1959年生まれ、大阪出身。1980年に『ウツよりソウがよろしいの!』でデビュー。男として育った文学少女が主人公の『少年は荒野をめざす』、愛し合う双子の兄妹を描いた『ジュリエットの卵』などを発表しました。4月20日逝去。

Prince(ミュージシャン、57歳)

Prince
Prince

1958年、アメリカ生まれ。19歳でワーナー・ブラザーズと契約。ほぼ全ての作曲・プロデュースを、一貫して自ら手掛けました。自身の名前を捨てた改名騒動や、小売店と独占販売契約を結んでのアルバム流通など、音楽シーンの内外で注目を集める存在でした。4月21日逝去。

冨田勲(作曲家、84歳)

冨田勲
冨田勲

1923年生まれ、東京出身。シンセサイザーを用いた音楽を多数制作しました。1971年に日本で初めてモーグ・シンセサイザーを個人輸入し、手塚治虫のテレビアニメのための音楽や、ドラマ、映画などの音楽を担当しました。近年は、初音ミクを起用した『イーハトーヴ交響曲』を発表するなど、晩年まで挑戦的な活動を続けました。5月5日逝去。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

DATS“Mobile”

DATSの新曲が公開。yahyelのメンバーが所属する4人組が、UK.PROJECTからLUCKY TAPESらを輩出したRallye Labelに移籍し、この夏にはアルバムリリースを予定している。この1曲だけで、完全に痺れたし、大袈裟ではなく、アルバムへの期待がめちゃくちゃ高まった。PVの動画説明欄には、高橋幸宏、砂原良徳、LEO今井からの賞賛コメントも。(矢島)