伝統工芸職人×デザイナーのオリジナル酒器作り。私物の器も公開

お酒や料理を彩る、器の存在。素材やかたちはさまざまだが、自分のお気に入りの器を持ち、使うことは、日常のひと場面をちょっとした「ハレの場」に変えてくれるもの。そんな現代の日常に、時代から取り残されつつある伝統の器を復活させたい――。こうした思いから始まったのが、新潟県村上市が誇る漆器「村上木彫堆朱」の再生プロジェクトだ。

前回の記事では、塩川いづみ、とんぼせんせい、雪浦聖子、はしのちづこという都市部のクリエイター四名が村上を訪問し、職人との打ち合わせを行う様子をレポートした。そして今回、ぐい呑みの完成に伴い、2度目の現地入り。地元の珍味「鮭の鮭びたし」や「〆張鶴」「大洋盛」といった日本酒をお供に、クリエイターと地元職人による大座談会を開いた。考えの異なる職人とクリエイターの共同制作にまつわる本音の苦労話や、目利きたちが愛用している私物の酒器を持参してもらいながら、日常をハレの場にする器の可能性を語ってもらった。和やかな乾杯から始まった本音まじりの座談会。ぜひ、お酒を片手に楽しんでほしい。

伝統工芸職人とデザイナーが愛用している器を見せてもらう

―今回、職人とデザイナーのみなさんで、村上木彫堆朱の新たな酒器を作りました。完成品の話をする前に、みなさんが普段、どのように器と付き合っているかを知りたくて、それぞれにお気に入りの酒器を持ってきていただきました。まずは乾杯!

村上木彫堆朱の職人と、デザイナーたち
村上木彫堆朱の職人と、デザイナーたち

―でははじめに、職人のみなさんから聞かせてください。前回の取材(失われつつある漆器を蘇らせる。デザイナーの視察旅行に密着)で作業場を見学させていただいた彫り師・川上さんが持ってこられたのは?

川上:下地に「木」ではなく、蚊帳に使うような「麻布」を使った堆朱の酒器です。亡くなってしまった塗師の方が手掛けた器で、20~30年前のもの。村上でよく知られていたその塗師にいただいたので、思い入れがあるんです。めだかの絵がかわいいでしょう?

彫り師の川上健
彫り師の川上健

お酒を注ぐと、めだかが泳いでいるように見える
お酒を注ぐと、めだかが泳いでいるように見える

―本当だ(笑)。でも下地に「布」を使っているとは、珍しいですね。どういうことですか?

川上:布を重ねて成形し、そこに何回も漆を塗るんです。すごく手間がかかるの。

布でできた器は、ぽってりとした厚みがある
布でできた器は、ぽってりとした厚みがある

高橋:僕が持ってきたのも、川上さんのと同じ方法で、自分で作ったもの。麻布を3枚くらい重ねて、その上から40回くらい漆を塗っています。ちょっと持ってみて。

―あ、かなり重いですね。

小さいのに意外と重い!
小さいのに意外と重い!

高橋:もともと堆朱は、漆だけを塗り重ねることでできていました。でも、それだとあまりに大変なので、江戸時代に木の下地を使うようになったのが村上木彫堆朱です。布を使うと、木の下地とは違ってかたちが歪むのですが、それもけっこう歪んでいるでしょう? そこに味があって、とても良いんです。

塗り師の高橋信夫
塗り師の高橋信夫

―作るのに、どれくらいかかるんでしょうか?

高橋:これだと最低、半年はかかるね。というのも、漆を1回塗るごとに、漆の艶を消すんです。なぜなら、艶のあるところに塗ると、ペロッと剥がれてしまうから、わざと傷をつけて漆の接着を良くするんですね。自分もいつも、30回くらいでやめようかなと思うんだけど、ノートに回数をつけて頑張る(笑)。それで飲む日本酒は和食によく合うよ。

割烹・千渡里の名物、だぁーまた丼。30センチの皿に塩引き鮭、地鶏、とれたての海鮮を約15種類乗せた豪華な一皿
割烹・千渡里の名物、だぁーまた丼。30センチの皿に塩引き鮭、地鶏、とれたての海鮮を約15種類乗せた豪華な一皿

右から:高橋信夫、とんぼせんせい。ともにいい飲みっぷり
右から:高橋信夫、とんぼせんせい。ともにいい飲みっぷり

小林:機能性のために、こんなに苦労するわけではないんですね。やはり、工芸品というか、良いものを持ちたいという思いで作る。手がかかっているのが価値なんです。

村上木彫堆朱組合の理事であり、小売店「堆朱のふじい」を営む小林久作
村上木彫堆朱組合の理事であり、小売店「堆朱のふじい」を営む小林久作

酒器は、「大きさ」「重さ」にこだわるべし

―布でできた器というのは、大変な手間暇がかけられたものなんですね。では、今度は東京から来たクリエイターのみなさんに聞きましょう。はしのさんのそれは?

はしの:祖母が集めていた器のひとつです。彼女は日本酒が飲めないんですけど、料理を乗せるのに使っていました。小さいころからそれを見て、いいなと感じていたし、祖母との思い出が詰まったものなんです。あとは、このダルマの絵も好きで、もしかしたら自分が「相撲」をモチーフにするようになったのとも関係があるかも(笑)。

はしのちづこが祖母から受け継いだ器
はしのちづこが祖母から受け継いだ器

はしのちづこ
はしのちづこ

富樫:そんなに思い入れがあるものだったんですね! こういう場面で使う自分の器を持っているのは、やっぱりすごく良いものですよね。あと酒器でいつも考えるのは、どのくらいの大きさの器がいいのか、ということです。

彫り師の富樫春男
彫り師の富樫春男

小林:それはありますね。多くの人は、どんな大きさの器でも、だいたい7~8割までお酒を注いでしまう。だから器自体が、ほどよい大きさであることが大事なんです。

あと、重さという要素もあって、軽すぎて見た目とのギャップがあるものは、違和感が生まれてしまう。僕が持ってきたのは、自分の会社で作っているぐい呑みですが、重さと見た目のバランスがなかなか良いと思います。軽ければいい、というわけでもないんですね。

目利きの小林久作が選んだ、「重さと見た目のバランス」が良い酒器
目利きの小林久作が選んだ、「重さと見た目のバランス」が良い酒器

雪浦:私は酒器を持っていなかったので、お気に入りの湯呑みを持ってきました。陶器なんですけど、スタッキングできるように作られているんです。でも、手で作られているので、柔らかみもある。「手作り感」と「機能」が合わさっているところが良いんです。

手作りならではの柔らかな歪みがありながらも、重ねて収納できる横田真希の湯呑み
手作りならではの柔らかな歪みがありながらも、重ねて収納できる横田真希の湯呑み

雪浦聖子(sneeuw)
雪浦聖子(sneeuw)

―工芸品と工業製品の良さをどちらも持っていると。

雪浦:そうですね。自分で作る服とも、少し通じている部分があると思う。もともと洋服のデザインを始める前に、メーカーでプロダクトの設計をやっていたんです。だから自分の服でも、カチッとしたものと柔らかさのバランスはいつも気にしています。

富樫:輪郭線が微妙に歪んでいるのが面白いね。

雪浦:おっしゃるとおり、スタッキングできるけど、この組み合わせだとうまく重なるというような、相性があったりする。そういうのもかわいいなと。

遊び心に溢れた器が、日常を楽しくする

―塩川さんは最近、日本酒にハマっているそうですが。

塩川:以前はワインが好きだったんですけど、あるときふと、日本酒が美味しいと思えるようになったんです。いまは、いろいろな銘柄を飲み比べてみたいという時期で。

塩川いづみ
塩川いづみ

小杉:新潟にも、96個の蔵元がありますよ。

村上駅には、村上を代表する二大蔵元の酒樽が飾られている
村上駅には、村上を代表する二大蔵元の酒樽が飾られている

この日、村上を代表する蔵元・大洋盛にも見学に行きました
この日、村上を代表する蔵元・大洋盛にも見学に行きました

塩川:前回、「〆張鶴」を買って帰りました(笑)。日本酒が好きになると、酒器の方も気になってきますよね。これは金沢の骨董市で買ったそばちょこなんですが、へこみが浅くて軽くて、とても使いやすい。日本酒を飲むときの酒器として一番使います。

塩川いづみが骨董市で買ったそばちょこ(絵:塩川いづみ)
塩川いづみが骨董市で買ったそばちょこ(絵:塩川いづみ)

小杉:私も冷酒が好きなのですが、木の器は意外に機能的なんですよ。熱を伝えにくいので、冷たさや熱さを逃さないんです。普通、コップなどに冷酒を入れると器が汗をかきますが、あれがあまり好きではなくて、それがない木の器を愛用しています。これは、村上の名産である鮭の図柄の堆朱ですね。

村上の名産である鮭模様。とぼけた顔がかわいい
村上の名産である鮭模様。とぼけた顔がかわいい

小杉:それと、村上では好きな器を袋に入れて、持ち歩く人もいますよ。このセットには、鮭、村上木彫堆朱、地酒、ハマナス(市の花)、茶染めの巾着という、村上のキーワードが全部入っている。特別な席にこのセットを持っていくと、これをきっかけに話がどんどん膨らむので愛用しています。

村上堆朱事業協同組合の小杉和也。職人でありながら、村上市議会議員も務める
村上堆朱事業協同組合の小杉和也。職人でありながら、村上市議会議員も務める

とんぼせんせい:話のきっかけになるって、重要な要素ですよね。僕の器は大学の先輩の芦田尚美さんという方がやっている、「AMETSUCHI」というブランドのもの。器にぐるりと山並みが描かれていて、水を入れると物語が始まるような感じがあるんです。

芦田尚美によるブランド「AMETSUCHI」の湯のみ
芦田尚美によるブランド「AMETSUCHI」の湯のみ(CINRA.STOREでAMETSUCHIの商品を見る

とんぼせんせい。気になるセーターの柄はネコとネズミ
とんぼせんせい。気になるセーターの柄はネコとネズミ

―お客さんに出したりすると、会話のタネになりそう。

とんぼせんせい:そうなんです。中身を入れたときに表情が変わるとワクワクしますよね。この芦田さんの器だと、ビールを入れても、黄色と青の対比がきれいで良いんです。器には、そういう遊び心があると楽しいなと思って、今回の堆朱の酒器も作りました。

昔ながらの「匂い」を残すのか、残さないのか

―みなさんにお持ちいただいたものはそれぞれ、日常のちょっとした場面で、すこし贅沢な気持ちを味わえるようなものですね。堆朱は長持ちすることも、よくわかりました。

富樫:修理して使っている人も多いんです。職人が生きている間、保証付きですよ。

川上:でもいまは、村上の一般家庭でも、堆朱に触れる機会は減っているね。

小林:堆朱は引き出物や記念品によく使われていたので、家にあることはあるんですが、どこかに飾ったり、仕舞ったりしたままになっているね。村上でもここ20年ほどは「日用品だよ」と、一生懸命に言うようにはしているんですが、そこまで効果を上げられていなかった。

富樫:最近の家は、床の間もなく、飾る場所すらなくなっているというのも影響していますね。私の家は古い日本家屋なんですが、堆朱は本来、そうした環境で生まれて、使われてきた。それが変わったいま、新しいあり方を探らなければと。

―そういう課題があって、「現代の生活環境に合う器を」という思いから今回のプロジェクトが始まったんですね。

富樫:はい。われわれ職人には、「売れるものを作らないと」という意識が強くあって、そのためには昔ながらの堆朱の「匂い」を残したものを作るのが無難だったわけです。だけどそういう昔のものを買ってくれるのは、漆の良さを知った高齢者の方が多い。今回は若い人にも違うかたちでその良さを知ってもらう、突破口にしたいと思ったんです。

日常にハレ気分をもたらす、4つの「朱器」に込められた想い

―クリエイターのみなさんには、今日、初めて完成した器を見てもらっています。実物はいかがですか?

とんぼせんせい:こうした伝統的工芸品とイラストとの組み合わせはどうなるのかと思っていたんですが、赤と黒の色の対比もきれいだし、意外と馴染んでいたので良かった。前回の打ち合わせでは、器の内側に絵柄を彫ることは難しいかもしれないという話でしたが、彫っていただけたんですね!

「新潟」をテーマにしたとんぼせんせいの朱器。日本酒を注ぐ酒器に原材料であるお米を描いたユニークなデザイン
「新潟」をテーマにしたとんぼせんせいの朱器。日本酒を注ぐ酒器に原材料であるお米を描いたユニークなデザイン

お酒を注ぐと絵が浮かび上がってまた違った印象に
お酒を注ぐと絵が浮かび上がってまた違った印象に

小杉:多くの堆朱では「すり込み」といって、溝に漆をすり込むんですけど、今回は黒い漆を塗り込んでいるんです。水に濡れても大丈夫な塗りに変えたんですね。

高橋:黒い漆で厚みをつけているので、何年経っても綺麗な黒のままですよ。あまり内側に絵柄を彫ることはしないので、珍しい技法を試す機会になりましたね。

塩川:私は、これまでも食器を作った経験はあったのですが、紙の上にプリントするような感覚で絵をのせるものだったんです。今回は「彫る」というプロセスが入ることが面白味であると同時に、意志の伝達の難しさも感じました。自分が描いている線だけど、職人さんが彫る線でもあって、一緒に作っている感じが新鮮でした。

塩川いづみの朱器は、「結婚は山あり谷あり」をテーマにした「夫婦ぐい呑み」
塩川いづみの朱器は、「結婚は山あり谷あり」をテーマにした「夫婦ぐい呑み」

川上:その器は僕が彫ったんですけど、難しかった(笑)。やっぱり、塩川さんが考えられているものと、こちらの感じ方が違う。彫りの深さや漆の乗り込み具合によっても印象が変わるので、それを探るのが難しいね。はしのさんのお相撲さんの絵も、最初は線の太さをどうするか揉めたよね(笑)。率直に意見を言い合ってこのかたちになった。

お相撲さんをモチーフにしたはしのちづこの朱器。ペアで使うとより楽しい
お相撲さんをモチーフにしたはしのちづこの朱器。ペアで使うとより楽しい

はしの:打ち合わせで、もともと用意した絵が難しいと言われてしまって、そのあとかなり悩みました(笑)。私も塩川さんと同じで、紙ものや手ぬぐいのような平面に近いものは作ってきたけど、デザインを考えたあとは印刷所や工場に回してしまうんです。今回は最終的に人の手で彫るところが、とても珍しい体験でした。

雪浦:普段の制作とだいぶ違いますよね。私もいつもはパソコンで絵を描いているから、簡単に直線を引けるけど、この器は手で彫ったものなのに、とてもきれいに直線が出ていて驚きました。しかも、手作業ならではの揺れもあり、味わいになっているなと。

sneeuw(雪浦聖子のブランド)の朱器。ハレの気分を祝うようなイメージで、水引がモチーフになっている
sneeuw(雪浦聖子のブランド)の朱器。ハレの気分を祝うようなイメージで、水引がモチーフになっている

富樫:その器もけっこう苦労しましたね(笑)。というのも、通常、直線的な図案は平らなところに彫るものになんだけど、この器は側面が湾曲している。湾曲はまずいんです(笑)。

川上:富樫さん、文句をタラタラ言っていたもんね(笑)。

雪浦:すみません……。

富樫:いや、うまくできなかったら、顔も合わせられないと思ってね(笑)。さっきも言った通り、今回の器はどれも、良い意味で昔ながらの村上木彫堆朱の「匂い」がしないものなんです。だから、うまく表現できなかったら、僕たちの責任だなと思っていて。

左から:とんぼせんせい、雪浦聖子(sneeuw)、富樫春男。村上木彫堆朱の殻を破って新しいかたちを一緒に作り上げた同志
左から:とんぼせんせい、雪浦聖子(sneeuw)、富樫春男。村上木彫堆朱の殻を破って新しいかたちを一緒に作り上げた同志

とんぼせんせい:でも、手作業だからこそ、彫り師さんの個性が出るのが面白いですよね。僕の器の顔も、自分が描くものとはやはり微妙に違う。そういうブレが楽しいし、やっぱりお酒を入れると水面に顔が浮きあがり、見え方が変わるのが想像以上に面白い。

川上:計算通り、ということにしておきましょう(笑)。

とんぼせんせい:はい(笑)。職人さんと僕たちの双方にとって、新鮮な体験だったんじゃないかと。堆朱の事情を知らないからこそ提案できた部分もあって、それがうまく働いたと思います。

職人になった理由、職人を続けてこられた理由

―村上木彫堆朱の職人というのは、みなさんを含めて現在市内で50人ほどになってしまったんですよね。

富樫:全盛期には、全体で250人ほど、ひとつの会社だけでも30人以上の職人がいたんですけどね。いまは50人といっても、その中にほとんど仕事をしていない人も含まれている。平均年齢も高く、一番若い職人も30代後半という状況で。

―そもそも、職人のみなさんがこの道を進まれたのは、なぜだったのですか?

富樫:もともと、電気関係の会社に務めていたんですが、対人関係も、机に向かって仕事をするのも向いていなかったんです。誰にも束縛されないと思い、この仕事に進んだんだけど、現実とは違ったね(笑)。まさか、こんな厳しい仕事だとは思わなかった。

富樫春男
富樫春男

高橋:僕も高校を出て行くところがなく、1年間、名古屋の方に旅に出たんです。そこである会社に勤めましたが、人に使われる性格じゃなかったし、朝から晩まで同じことをやるのも合わなかった。それで田舎に帰り、兄がやっていた堆朱の職人を始めたんです。

―合わない仕事もあるなかで、この仕事が長く続いたのは?

高橋:やっぱり自分が作ったものにお客さんがお金を払ってくれて、喜んでくれるから。ありがたいことにこれまで1回もクレームはないし、高額な品物で踏み倒されたこともありません。「前金で払おうか?」と言われることもあるけど、基本はいただかない。品物ができて、直接お客さんからお金をいただく、その楽しみでやっているんだから。

 

川上:僕の場合は、子供のころから細かい作業が好きで職人になりました。村上から出たこともありません。やり始めてからは半分、惰性で続けている(笑)。でもあとの半分は、「次に何ができるか?」と期待する気持ちでやってるんです。自分の技術だけが勝負の世界だから、それを繰り返している。

―職人さんの中には、鎌倉や金沢などに修行に出て、そのまま現地で活動をする方もいるそうですが、みなさんにとって村上で活動を続けることの良さとは何でしょう?

川上:昔の名品を近くで見られることかな。技術がすごくて、我々にやれと言われても難しいものが多い。でも、それに追いつくにはどうしたらいいのか? という思いでずっと仕事をしてきました。後継者育成という意味では、一番必要なのはそういう名品が身近にあること。ものを見ながら自分なりに考えることでしか、技術は上達しないから。

川上健
川上健

新しい伝統的工芸品の誕生と、「マイぐい呑み」のススメ

とんぼせんせい:それは、現代の作り手にとっても同じですね。僕も、かつての世代が積み重ねてきた歴史をすごく意識します。それをアップデートしないとやっている意味がないし、職人さんと僕らは一見、違うように見えて、じつは似ている部分も大きいのかなと。

雪浦:土地ということだと、私は転勤族で、故郷と呼べる場所がないんです。寄る辺なさがあって、職人さんたちのように、みんなでひとつの文化を共有するということがあまりなかった。だから今回、自分が深く関わる土地がひとつ増えたのが嬉しいです。

冨士美園では日本茶インストラクターの店主が村上茶をご馳走してくれる
冨士美園では日本茶インストラクターの店主が村上茶をご馳走してくれる

蔵元・大洋盛ではできたての、まだ緑色の残る杉玉に出会った
蔵元・大洋盛ではできたての、まだ緑色の残る杉玉に出会った

駅に塩引き鮭が吊るされている光景にもだんだん見慣れてきた
駅に塩引き鮭が吊るされている光景にもだんだん見慣れてきた

塩川:私は、富樫さんの「昔ながらの村上木彫堆朱の匂いがしないもの」という言葉が気になっていて。「シンプルすぎると堆朱らしくないかな」と、この縦線を入れたんですけど、本番用の器は、思い切ってこの縦線をなくそうと思ってるんです。それによってさらに村上木彫堆朱らしくなくなってしまうかもしれないんですけど……。

本番用には縦線を入れない予定
本番用には縦線を入れない予定

富樫:いや、これで良いんですよ。職人が従来と同じ作業だけを繰り返していても、限界があるんです。新しい購買層を広げるためには、このくらいの冒険をしないと。

小杉:そうですね。新しいものと昔からあるものを合わせたところに、次の村上木彫堆朱の方向性を作っていかないといけない。それに、デザインは斬新ですけど、木地は天然木ですし、塗りの方法も伝統的なもの。堆朱の基本は、きちんと守られていますから。

塩川:そう言っていただけて良かったです。私にとっては今回の経験で、器というもの全体に対して、細かい部分への気遣いや技術のあり方を知れたのが良かった。何も知らずに見ていてもわからないので、自分で作ることで、その見方が広がった気がします。

左から:はしのちづこ、とんぼせんせい、塩川いづみ、雪浦聖子(sneeuw)
左から:はしのちづこ、とんぼせんせい、塩川いづみ、雪浦聖子(sneeuw)

―双方にとって、発見や刺激が多いプロジェクトでしたね。

はしの:普段、活動で関わる人たちからは出ない意見も聞けて、面白かったです。そういう考え方もあるのかと。実際、堆朱としては、一風変わったものになったと思いますし、このお相撲さんの器は、2個セットで笑いながら使っていただけたらいいですね。

雪浦:私の服のお客さんは、20~30代が多いんですけど、その中には最近、日本酒に興味を持っている方も多い。そういう方が、酒器を持ち始めるきっかけになったらいいなと思います。生活を少し豊かにする、こんな文化があるんだと知っていただけたら。

小杉:「マイぐい呑み」といった感じで、気軽に持ち歩いていただけたら良いですね。飲み屋さんで「それ何?」という感じで、会話を弾ませてもらえたらと思います。

朱器(塩川いづみ)
朱器(塩川いづみ)

朱器(とんぼせんせい)
朱器(とんぼせんせい)

朱器(sneeuw)
朱器(sneeuw)

朱器(はしのちづこ)
朱器(はしのちづこ)

富樫:やっぱり堆朱は、家に仕舞い込んでいるのではダメなんです。使い方や手入れが難しいというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。どんどん外に持ち出して、愛用の堆朱を使い込む楽しさを感じていただけたら嬉しいですね。

―堆朱は20年、30年と長持ちしますしね。

高橋:ただ、大事にしてもらえるのは本当に嬉しいんだけど……あんまり長持ちさせられると職人たちがご飯を食べられなくなっちゃうから、ほどほどに!(笑)

左から時計回りに:小林久作、小杉和也、富樫春男、川上健、高橋信夫、雪浦聖子(sneeuw)、塩川いづみ、とんぼせんせい、はしのちづこ

プロダクト情報
村上木彫堆朱 新ブランド「朱器」

現代のクリエイターと村上木彫堆朱の職人のコラボレーションから生まれた、普段使いの漆器ブランド。気持ちを晴れやかに演出する“朱色”を活かしたデザインモチーフで、ひとつひとつ職人の手によって作られています。使い続けるほどに飴色に色づいていく朱器は、世界中に二つとない、あなただけの器となります。第一弾は「朱器の酒器」。酒坏を交わす度に色づく朱色と愉しい絵柄を愛でながら、今宵も一杯、ハレ気分。

プロフィール
塩川いづみ (しおかわ いづみ)

イラストレーター。1980年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。広告、雑誌、商品などのイラストレーションを手がけるほか、展示発表も行う。

とんぼせんせい

「三本の線を引くだけでどこにでも現れる」をコンセプトに、人物、動物、風景、プロダクトなど、様々なイメージに憑依するイラストレーター。個展やグループ展の参加、企業・出版社へのイラスト提供から、ワークショップ講師、トークの司会など、多岐にわたる活動で活躍中。

sneeuw (すにゅう)

2009年スタートのユニセックスのアパレルブランド。コンセプトは「clean and humor」。シンプルな中に遊び心のある仕掛けをちりばめて日常を、少しだけ浮き上がらせる身の回りのものを作っていく。

はしのちづこ

イラストレーター。2012年美術大学を卒業。2013年のイベントをきっかけに手を繋いだお相撲さんのライブペイントやグッズを作り始める。

フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art/Design
  • 伝統工芸職人×デザイナーのオリジナル酒器作り。私物の器も公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて