コラム

エコ意識、ヴィンテージ文化が浸透するには?中国の古着屋の挑戦

エコ意識、ヴィンテージ文化が浸透するには?中国の古着屋の挑戦

テキスト
小山ひとみ
リード文・編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

今年6月に中古アパレル販売サービスの「thredUP」が発表した、アメリカの18歳以上の消費者を対象にしたリサーチ「2021 RESALE REPORT」によれば、衣服の購入において節約することを最優先事項とし、サステナビリティーを気にかけ、使い捨てよりも再販可能な衣服を好むのが、「ポスト・パンデミック」の消費者の傾向だという。今後も環境への配慮やコロナ禍での消費サイクルの見直しなどにより、セカンドハンド市場は拡大すると予測されている。

アメリカと並んで世界最大規模のファッション市場を持つ中国ではどうだろうか? これまで中古の衣服の売買においては世界の遅れをとっていたが、近年変化が見られ、古着やヴィンテージを求める人々が増えているという。いま中国ではどのような消費者が古着屋を訪れ、また売り手はどんな展望を持っているのだろうか。現地のヴィンテージショップやリサイクルショップオーナーの声を通して、中国の古着事情を探る。

(メイン画像:写真提供:多抓鱼)

古着は廃棄物で不衛生? 中国の人々が抱く抵抗感の背景

コロナ禍で大きな打撃を受けたファッション業界だが、欧米を中心にリセール市場は活発化している。サステナビリティーや節約の観点から若者のあいだでは古着が人気だ。中国では根強い中古品への抵抗感や偽造品などの問題から、リサイクルの意識はあまり定着していなかったが、近年ヴィンテージや古着を求める若者も増えてきている。

「中国版Instagram」と言われるソーシャルECアプリ「小紅書(RED)」で、中国でもすっかり定着した日本からの単語「古着(グージュオ)」と入力して検索すると、とんでもない数の「古着」に関する投稿が並ぶ。

オススメの古着屋を紹介していたり、古着コーデや海外の古着の歴史を紹介していたりとさまざま。そんななか、「古着は『洋垃圾』じゃない」「古着って何? 『洋垃圾』?」というコメントをつけてコンテンツを投稿している人が数人いたことに驚いた。

中国のソーシャルECアプリ「小紅書(RED)」に並ぶ「古着」に関する投稿
中国のソーシャルECアプリ「小紅書(RED)」に並ぶ「古着」に関する投稿

「洋垃圾(ヤンラージー)」とは、「外国から持ち込まれた固形廃棄物」を指す。1980年代、中国の製造業が急成長をとげ、プラスチックや金属などの原材料の需要が増えた。

当時、原材料を仕入れるより、廃棄物から原材料を回収するコストのほうが低かったことから、中国はアメリカなど先進国の廃棄物の輸出先になっていたのだ。そのなかに、衣類も含まれていたという(2018年1月から廃棄物の輸入規制に乗り出し、2021年1月以降、すべての固体廃棄物の輸入を禁止している)。

そのような社会背景から、「古着」を「廃棄物」であると誤解している人が多いため、「小紅書(RED)」では本来の古着の概念を紹介している人がいたというわけだ。今年1月にすべての固体廃棄物の輸入が廃止されたとはいえ、1980年代から輸入が続いていたことを考えると、「古着=洋垃圾」と捉える人がいるのも理解できる。そのため、「古着は不衛生」という考えにも繋がっているようだ。

上海の有名ヴィンテージショップに見られる客層の変化

2010年頃、上海在住の中国人の友人に連れられてヴィンテージショップ「LOLO LOVE VINTAGE」を訪れた。店内には、ヨーロッパやアメリカで仕入れた1920年代から1980年代の服やアクセサリーなどが並んでいた。「上海にもこういうお店があったんだ」というのが第一印象だった。それ以降、訪れるチャンスはなかったのだけれど、現在までずっと運営を続けていると聞き、驚きと嬉しさがあった。

LOLO LOVE VINTAGE店内(写真提供:Lolo)
LOLO LOVE VINTAGE店内(写真提供:Lolo)

「LOLO LOVE VINTAGE」のオーナーのロロ(Lolo)は元ファッションスタイリスト。2009年、スタイリストをしながら、店名のとおり、大好きなヴィンテージのお店「LOLO LOVE VINTAGE」をオープンした。その後、スタイリストを辞めてショップに注力し、いまに至る。11年続くヴィンテージショップは中国では数少ないようで、ヴィンテージファンのあいだでは有名なショップだ。

「私のお店では、年代の決まったヴィンテージ、かつヨーロッパとアメリカのものに商品を限っています。また、扱うスタイルとしては、女性的でエレガントなもの。そういうコンセプトがはっきりしているお店は、中国ではまだ珍しいかもしれないです」

オープン当初から、ロロ本人が毎年数回ヨーロッパやアメリカに買い付けに行き、掘り出し物を探してきている。ショップを始めた当初は、スタイリストを兼業していたこともあり、ファッション関係者や芸能人、ヴィンテージの文化を楽しみ、鑑賞用としてコレクションする愛好家からの支持を集めた。

アメリカで買い付け中のロロ(写真提供:Lolo)
アメリカで買い付け中のロロ(写真提供:Lolo)

友人の紹介でショップを訪れる客が多いなか、近年は客層に変化が見られるそうだ。

「世界的な動きなのかもしれないですが、最近は、『映える』写真を撮るためにお店に入ってくる若い子が一気に増えました。アプリとかSNSで知るみたいです。特に上海以外の地域から、旅行ついでに寄る若い子が多いですね」とロロは語る。

LOLO LOVE VINTAGE店内(写真提供:Lolo)
LOLO LOVE VINTAGE店内(写真提供:Lolo)

実際、中国の検索エンジンサイトでショップ名を入力すると、「LOLO LOVE VINTAGE」の店内で撮影した写真や動画をあげている若い女性が少なくない。

「LOLO LOVE VINTAGE」は、大通りから入った小道沿いに位置している。英語で書かれたショップ名と可愛い女性のイラストが目印の隠れ家的なショップだ。ドアを開けると、まずは開放的な庭が目に入る。庭を抜けてさらに奥のドアを開けるとやっと、店内にたどり着く。店内の非日常的な空間と1930年代のウエディングドレスなど、普段行くショップではお目にかかれないような一点もののヴィンテージアイテムたち。それを撮影したいと思う気持ちは良くわかる。

「初めは、そういう撮影だけのために入店する人たちには戸惑いましたが、いまは行きすぎた撮影以外は許可しています。時代に合わせる必要もありますし、それに宣伝にもつながりますしね」と店側も受け入れている。

「LOLO LOVE VINTAGE」はこのドアが目印(写真提供:Lolo)
「LOLO LOVE VINTAGE」はこのドアが目印(写真提供:Lolo)
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性