特集 PR

『GRAPHIC IS NOT DEAD.』 Vol.1 日比野克彦インタビュー デジタルな世界における「存在」の可能性

『GRAPHIC IS NOT DEAD.』 Vol.1 日比野克彦インタビュー デジタルな世界における「存在」の可能性

島貫泰介
撮影:越間有紀子

「グラフィック」という言葉が、特別な輝きを持っていた時代がある。1980年にスタートした公募展『日本グラフィック展』を嚆矢とする約10年間だ。アートとデザインの境界線が崩壊したといわれるその時代に、若手として参加したアーティストは、大竹伸朗や内藤礼、さらにはタナカカツキなど、今見てみればとてもグラフィックという一言では括れない個性的な顔ぶれだ。そんな中、1982年の第3回グランプリを受賞した日比野克彦の登場は衝撃だった。荒々しく切り貼りした凸凹だらけのダンボールにアクリル絵具でペイントした彼の作品は、「平面作品に限る」という同展の応募規定を文字通り塗り替え、グラフィックの意味を覆した。

その後、様々なアートプロジェクトで、フィジカルな表現を追求してきた日比野が、今度は審査する側として「グラフィック」の意味を問い直そうとしている。ヤマハと共に、新しいコンペティション『Graphic Grand Prix by Yamaha』を始動。二次元の静止したグラフィックであれば、ジャンルを問わずあらゆる作品を受けつける同展の最大の特徴は、作品応募から受賞作発表までのすべてのプロセスをウェブ上で行うこと。しかしアナログ的でフィジカルな表現を軸に置く日比野が、デジタルをキーワードにコンペティションを行うなんて、かなり不思議な組み合わせだ。そんな違和感と疑問を抱きつつ、向かったのは羽田空港国内線ターミナル。夕方には自身のプロジェクトのため富山に発つという日比野に、インタビューする機会を得た。日比野が『Graphic Grand Prix by Yamaha』に抱く想い、そしてここから誕生する若き次世代のアーティストたちにかける期待を聞いた。

自分の職業は自分でつくるしかないと思っています。

―これから富山に向かうそうですね。

日比野:『種は船』というプロジェクトを足かけ3年やっていましてね。京都・舞鶴の人たちと一緒に自作の船をつくって、舞鶴港から新潟港まで航海するんです。日本海側の港に寄港しながら、その街の人々とワークショップをやったりする、その途中なんです。

―日比野さんは『種は船』以外にも、今年たくさんの計画を進めていますね。新潟の『水と土の芸術祭』への出品、それから浅草のホテルのために壁画も制作するとか。

日比野:そうそう。ちょうど昨日、その壁画を浅草で描いてきました。で、今日は木場の造船屋さんに行って、『水と土の芸術祭』に出品する浮き灯台…5メートルの灯台をつくって海に浮かべるんですけど、その制作状況を見てきました。どちらもいい感じで進んでますよ。

日比野克彦
日比野克彦

―1時間後には離陸ということなので、さっそくお話を伺いたいと思いますが、今のお話でもお聞きしたとおり、日比野さんの活動は参加型のアートプロジェクトが多く、いわゆるアートマーケットに強くコミットするタイプのアーティストでもないし、かといってもちろん広告業界のクリエイティブディレクターでもないですよね。すごく立ち位置が独特の方だな、と思うのですが。

日比野:自分の職業は自分でつくるしかないと思っています。いちばんやりたいのは自分を表現することで、だからもし違うメディアで表現しやすいものがあったら、別にアートじゃなくてもいいと思ってるんですよ。ものをつくることが終着点ではなくて、人と出会うためにものをつくっている感じがします。

―『種は船』のプロジェクトもまさにそうですね。一方で、南極に行っても絵を描かれるなど、日比野さんはずっと絵を描くことにこだわってらっしゃいますね。

日比野:単純に絵が出来上がっていくのが楽しいんですよね。自分の運動が軌跡になって、絵具が定着していくのが面白い。描くというのは…相当な快感ですよ(笑)。昨日描いていた壁画は、「ザ・ゲートホテル雷門」っていう新しいホテルのための作品なんだけど、ロビーから東京スカイツリーがど〜んと見えるんです。昨日は靄(もや)が立ちこめるなかで描いていたんですけど、本当に幻想的な風景で、当然絵にも影響が表れるわけ。そういう自分の直接的な体験と結びついて、絵が出来上がっていくという面白さは日々感じていますね。

―壁画のような大きい画面と比べて、スケッチブックなどに描く場合はいかがですか?

日比野:スケッチブックも面白いですよ。どんなものだって最初はメモから始まるんですよね。宇宙ロケットをつくるエンジニアだって、アイデアが閃いた時はスケッチを描くと思うんです。例えば、さっき話した浮き灯台も1枚のスケッチから始まって、それが工場で実際にかたちになっていくのを見ると本当に感動するよね。

―浮き灯台はほとんど完成しているんですか?

日比野:もうすぐ完成。平面が立体的なものに変化していくというのは、絵の本質的なおもしろさのひとつだと思う。そういう意味ではグラフィック、二次元というのは何にでもなりうる可能性を持つものだと思いますよ。

Page 1
次へ

インフォメーション

『Graphic Grand Prix by Yamaha』

応募期間:2012年6月29日(金)〜9月30日(日)
テーマ:「存在。」
審査委員:
日比野克彦
梅村充(ヤマハ株式会社代表取締役社長)
ヤマハ株式会社デザインセクションメンバー
柳弘之(ヤマハ発動機株式会社代表取締役社長)
ヤマハ発動機株式会社デザインセクションメンバー
Graphic Grand Prix by Yamaha (グラフィック・グランプリ by ヤマハ)

プロフィール

日比野克彦

アーティスト。1958年岐阜市生まれ。東京芸術大学先端芸術表現科教授。東京藝術大学大学院修了。大学在学中の1982年にダンボールを使った平面作品で、第3回日本グラフィック展大賞、さらに翌年には第30回ADC賞最高賞を受賞し注目を浴びる。国内外で個展・グループ展を多数開催する他、パブリックアート・舞台美術など、多岐にわたる分野で活動中。近年は各地で一般参加者とその地域の特性を生かしたワークショップを多く行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に