特集 PR

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー

小林宏彰
撮影:ノダ

1月2日(土)から、東京国立近代美術館で開催されている、『ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……』展。「動くドローイング」とも呼べる手描きアニメーション・フィルムの制作で注目を浴びる、ウィリアム・ケントリッジの国内初個展だ。魅力的な作品ぞろいの本展だが、一見すると難解そうなため、いまいち足が向かない方もいるのでは。本稿では、彼の作品が本質的に持っている「キャッチーな魅力」をお伝えすべく、女優の黒川芽以さんと一緒に展覧会を回り、その様子をレポートした。優れた感性で作品を捉える黒川さんの言葉に導かれながら、しばしウィリアム・ケントリッジの作品世界を旅してみてほしい。(注:作品は展覧会での登場順と異なります)

PROFILE

黒川芽以
1987年5月13日東京都生まれ。女優。主な出演映画作品に、『グミ・チョコレート・パイン』(2008年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督)、『ネコナデ』(2008年、大森美香監督)、『山のあなた〜徳市の恋』(2008年、石井克人監督)など。また、『名曲探偵アマデウス』(NHKBSハイビジョン)、『嬢王 Virgin』(テレビ東京)などのテレビ作品や、ラジオやCM、舞台に幅広く活躍中。2010年1月30日(土)より、ヒロインの植村ちはるを演じる新作映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(三浦大輔監督)が全国の映画館にて公開予定。


どうしてこんなに奔放なイメージが生まれるのか、とても不思議です

─東京メトロ東西線・竹橋駅の1b出口を出て交差点を渡ると、すぐ右手に見えてくる大きな建物が、東京国立近代美術館だ。皇居のお濠に囲まれ、落ち着いた雰囲気が漂う。気持ち良く晴れた日にぶらつくのに、最高に気持ちが良い場所だろう。

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー

─さて、今回ご一緒する女優の黒川芽以さんは、高校生の頃から自費でデジタル一眼レフを購入して撮影をしたり、また自らデザインしたフォトブックを制作するなど、アートへの愛にあふれた方だ。

黒川「なんでもパソコンで観られてしまう時代だけど、その空間に行くことでしか味わえない感動ってありますよね。わかりやすい例で言えば、ミッキーやミニーの踊る姿は動画で簡単に観られても、ディズニーランドに実際行くのとでは体験の重みがまるで違う。やっぱり、実際にその場に足を運ぶことって、とても重要だと思いますね」

─会場に入り、まず目に飛び込んでくるのは、力強いドローイング作品の数々。

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー
黒川さんの背後に見える作品は《アフリカのファウストゥス!》の アニメーションのためのドローイング[ムビンダ墓地](1995年)。

黒川「すべてが手描きっていうのが素敵ですよね。どうしてこんなに奔放なイメージが頭の中に生まれてくるのか、とても不思議です」

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー《包囲の状態にある美術》の三連画(1988年)が並ぶ展示室。

─印象的なのは、作品にヴィヴィッドに描き込まれる、赤い色だ。

黒川「モノクロの世界に、一色だけスッと入っているのが効果的ですよね。多くの色を使わないところが、考え抜かれた絵なんだな、と感じます」

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー
《自転車に乗る自画像》(1997年)にほほ笑む黒川さん。

imageimage

─また、ケントリッジの作品には、出身国である南アフリカ共和国のアパルトヘイト(人種隔離政策)といった、政治的な背景を投影したシリアスな作品も多い。

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー
《ステレオスコープ》のためのドローイング[水で溢れる室内のソーホー](1999年)では、いつしか同じポーズに。

黒川「男性の身体から水が出てくる、この作品の青にはドキッとさせられます。他がモノクロであるぶん、悲しみがすごく胸に迫ってくるんですね。
でも、それに加えて、この青じたいがとてもキレイなので、ポップな印象も受けるんです。だから、ある意味救われる、というか。例えば、リアルなタッチで真っ赤な血を流している男性の絵を描かれても、私には怖くて見られない。でも、こうした手描きのタッチにすることで、誰もが『見られる』作品になったんでしょうね。でも…見つめていると、やっぱりしんみりとしてきます」

※会場での撮影は、東京国立近代美術館の許可を得て行ったものです。
※作品は全て ©the artist
※作品には著作権があります。無断転用は固くお断りします。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察