特集 PR

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.2:たむらぱん

ミュージシャン向けの
防音マンションにしつらえた
音楽制作の中核を担う機材たち

都内某駅より徒歩数分。和菓子屋などが並ぶ昔ながらの雰囲気を漂わせる商店街を抜けて歩いていったところに、たむらぱんさんが主に歌録りに使っているスタジオがありました。ドアノブに取り付けられた「へ音記号」が印象的なこの建物は、遮音設計が施されたミュージシャン向けマンションとのこと。3年くらい前から、デモ音源をブラッシュアップさせるためのスペースとしてこの部屋を使っているそうです。

大きな窓とベランダが開放的な雰囲気を醸し出す一室には、Pro Toolsによるレコーディングシステムに加えてマイクやキーボードなどを配置してあります。スピーカーにはGENELEC 1032AとYAMAHA MSP5Aを備え、ダビングやミキシングといった制作作業に集中できそうな空間。たむらぱんさんの制作に欠かせない長年の愛用モデルや、最近気に入っている機材を伺ってみました。

1

ZOOM「MRS-1608」

ZOOM「MRS-1608」

たむらぱんさんの音楽活動を黎明期から支えてきたのが、ZOOMのマルチトラックレコーダー・MRS-1608です。レコーダーとしてはもちろん、リズムマシンやエフェクターも内蔵したオールインワンタイプで、見るからに使い込んでいる様子が伝わってきますが、実はこのモデルは歴代3代目とのこと。

たむら:YAMAHAのシンセサイザー・QS300の次に買ったのがこのレコーダーで、分かりやすそうなボタン配置が購入の決め手でした。今ではPro Toolsを使って録音していますが、デモ作りの段階では、このレコーダーに入っているリズムマシンやエフェクターをけっこう使っていて、自分のサウンドに欠かせないものになっています。ライブでも使っていたので、どこにどの音が入ってあるのか分かりやすくするためにいろんな場所にテープを貼っています。

2

KORG 「TONEWORKS AX1500G」

KORG 「TONEWORKS AX1500G」

幼少期にピアノを習っていたたむらぱんさんは、鍵盤を用いて曲を作ることが多いと聞いていたので、ギター用マルチエフェクターのKORG TONEWORKS AX1500Gというのはちょっと意外でした。長年重宝しているというこのアイテム、果たしてどんな風に使っているのでしょう?

たむら:ボーカル用のエフェクターとして7、8年前に購入しましたが、それ以外にもギターっぽい音色が欲しいとき、ピアノにAX1500Gのエフェクトをかけることが多いですね。ペダルも付いているので、ワウの効果を足したり、あとはシューゲイザーバンドのギターみたいにわざとノイズっぽくしたり。AX1500Gを使うときは、最終的にはピアノで弾いたことが分からないくらいに音を加工することが多いです。ピアノをつないでAX1500Gのエフェクトをいじくりまわしているうちに、アイデアを思いつくこともあります。ピアノなんだけどこれをつなぐことでギターが弾ける、私にとっては作曲に欠かせないツールの1つです。

3

KORG「KROSS-88」

KORG 商品詳細ページはこちら>>KORG「KROSS-88」

最近手に入れたばかりというKORG KROSS-88は、本格的なピアノタッチを再現した88鍵モデルながら、扱いやすさを追求した軽量タイプのオールインワンシンセサイザー。ピアノやシンセ、オルガン、SEなどの豊富なサウンドや、リズムマシン機能を内蔵しつつ、乾電池でも使えるので野外を始めとしたさまざまなシチュエーションでキーボードとして威力を発揮します。

たむら:こういうオールインワンタイプのキーボードは、使い始めに操作を覚えるのが辛かったりするのですが、KROSS-88は最初に触ってみてすぐに、何かしら曲を作れそうだなって感じるキーボードでした。16個のボタンをオン / オフするだけで、リアルタイムにリズムが組める16ステップシーケンサーは、ライブにも使えそうですし、ボコーダーとして使える機能も面白いですね。まだ使ってみて間もないですが、自分の表現方法を広げてくれそうなキーボードだと思っています。

4

KORG「WAVEDRUM Global Edition」

KORG 商品詳細ページはこちら>>KORG「WAVEDRUM Global Edition」

パーカッションシンセサイザーであるKORG WAVEDRUMは、叩くポイントや強さで音色が劇的に変化するという革新的な構造で、パーカッション系のプレイヤーはもちろん、ミュージシャン全般から今注目を集めている人気の機材です。たむらぱんさんは、パーカッショニストのASA-CHANGにその魅力を伝授され一目惚れ。最近ようやく手に入れることができたとのこと。

たむら:曲作りの前に、WAVEDRUMを叩くだけでテンションが上がります(笑)。もともと200種類くらいの音のプログラムが入っているのですが、1つのプログラムだけでも、叩く位置や強さによって音が全く変わるので飽きないし、延々と叩いてしまいます(笑)。演奏していると、あるポイントを叩いたときに思いもよらない音が出たりもするので、それぞれが全然別の楽器みたいで、同じような使い方ができないというか、使う人の個性がすごく反映される楽器だと思います。早くライブでも使ってみたいですね。

取材当日は天候にも恵まれたこともあり、インタビューはスタジオに併設されたバルコニーで行ないました。郊外の大自然に囲まれたスタジオも魅力的ですが、都内の閑静な住宅街にひっそりとたたずむ隠れ家的なスタジオもまた一興。たむらぱんさんは持ち前のユニークな感性を武器に、大都市に氾濫する情報に流されずに自分のペースを保ちながら、さまざまな要素を吸収してアウトプットしています。そんな彼女にとって都心のスタジオというのは、まさに最適な環境なのだろうと感じました。この先に彼女がこの部屋から創り出す音楽を想像するだけでも、期待に胸が高鳴ってしまいます。

スタジオ機材リスト

  • コンピューター
  • APPLE「Mac Pro」
  • DAWソフト
  • AVID「Pro Tools 10」
  • オーディオインターフェース
  • RME「Fireface800」
  • MIDIキーボード
  • KORG「microKEY-37」
  • 音源
  • KORG「microKORG」
  • KORG「KROSS-88」
  • KORG「WAVEDRUM Global Edition」
  • ZOOM「MRS-1608」
  • YAMAHA 「CP」
  • エフェクター
  • KORG「TONEWORKS AX1500G」
  • アウトボード
  • MANLEY「Dual Mono Microphone Pre Amplifier」
  • DRAWMER「1960」
  • UNIVERSAL AUDIO「1176LN」
  • マイク
  • NEUMANN「U87Ai」
  • SEIDE「PC-ME」
  • MXL 「V67」
  • その他
  • GENELEC「1032A」
  • YAMAHA「MSP5A」

Information

たむらぱん『ココ』初回限定盤(2CD)

たむらぱん『ココ』初回限定盤(2CD)
2013年10月23日発売
価格:1,575円(税込)
COCC-16794/5
[DISC1]
1. ココ
2. 自分を
[DISC2]
・京騒戯画特典ラジオCD(釘宮理恵、鈴村健一ら出演)

AMAZON

たむらぱん『ココ』通常盤(CD)

たむらぱん『ココ』通常盤(CD)
2013年10月23日発売
価格:1,050円(税込)
COCC-16793
1. ココ
2. 自分を

AMAZON

『たむらぱん ワンマンライブ 2014』

2014年2月12日(水)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:大阪府 心斎橋 Shinsaibashi BIGCAT

2014年2月21日(金)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo

料金:前売5,000円(ドリンク別)
※4歳以上有料、詳細はオフィシャルウェブサイトまで

TAMURAPAN OFFICIAL WEBSITE

PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督Q&A

『キングス・オブ・サマー』『キングコング: 髑髏島の巨神』の監督であるジョーダン・ヴォート=ロバーツが、自身や自作を語る動画が公開。「影響を受けた映画」や「使用する楽曲への思い入れ」など、ファンからの質問に彼が回答しています。また、ファンが最も気になっていたであろう「髭に対するこだわり」も明らかになる、貴重な映像になっています。(久野)

  1. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 1

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  2. 『SWITCH』でギャルソン「白の衝撃」特集 川久保玲のロングインタビューも 2

    『SWITCH』でギャルソン「白の衝撃」特集 川久保玲のロングインタビューも

  3. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 3

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎

  4. 宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も 4

    宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も

  5. J・ビノシュ&岩田剛典が涙、永瀬正敏が微笑 河瀬直美『Vision』新予告編 5

    J・ビノシュ&岩田剛典が涙、永瀬正敏が微笑 河瀬直美『Vision』新予告編

  6. 桜井日奈子&吉沢亮と両親Sが語る 『ママレード・ボーイ』特別映像公開 6

    桜井日奈子&吉沢亮と両親Sが語る 『ママレード・ボーイ』特別映像公開

  7. 放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」 7

    放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」

  8. 黒木華&多部未華子が樹木希林の指導で四苦八苦 『日日是好日』特報公開 8

    黒木華&多部未華子が樹木希林の指導で四苦八苦 『日日是好日』特報公開

  9. 『鬼神童子ZENKI』漫画家の黒岩よしひろが心筋梗塞で逝去、55歳 9

    『鬼神童子ZENKI』漫画家の黒岩よしひろが心筋梗塞で逝去、55歳

  10. フィッシュマンズのアナログ盤が2作発売 ベスト&『Night Cruising 2018』 10

    フィッシュマンズのアナログ盤が2作発売 ベスト&『Night Cruising 2018』