コラム

トーク連載「篠山紀信 × ○○」第1回 篠山紀信×箭内道彦×明日花キララ×後藤繁雄

トーク連載「篠山紀信 × ○○」第1回 篠山紀信×箭内道彦×明日花キララ×後藤繁雄

杉浦太一
撮影:杉浦太一

アートを好む人々が行き交う恵比寿のギャラリーに、この日、いつもとちょっと違う空気が流れた。ギャラリーの普段のお客さんと層が違う。そう、明日花キララのファンたちが、会場を埋め尽くしているのだ。

篠山紀信が見初めてオファーした、今最も旬なAV女優、明日花キララと、クリエイティブ界に多大な影響を与え続ける箭内道彦と後藤繁雄。この絶妙な組み合わせで行なわれたトークは、終始笑いに満ちて、キララファンとアート好きの両方を楽しませてくれた。

PROFILE

篠山紀信
1940年東京都生まれ。写真家。日本大学芸術学部写真学科卒業。在学中より新進写真家として頭角を現し、第1回APA賞等数々の賞を受賞。広告制作会社「ライトパブリシティ」を経て、1968年よりフリーとして独立。山口百恵やジョン・レノンとオノヨーコ、宮沢りえなどその時代を代表する人物を「激写」や「シノラマ」など新しい表現方法と新技術で常にその時代を撮り続けている。
篠山紀信公式サイト

明日花キララ
1988年生まれ。2009年3月、スカイパーフェクTV!の「スカパー!アダルト放送大賞」の女優賞を受賞する。
明日花キララ オフィシャルサイト

箭内道彦
1964年福島県生まれ。主な仕事に、タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.キャンペーン」、資生堂「uno」 、FUJIFILM「PHOTO IS」、東京メトロ「TOKYO HEART」、サントリー「ほろよい」など。
「月刊 風とロック(定価0円)」編集長。
ラジオ「風とロック」(TOKYO FM・JFN系)パーソナリティ。
「トップランナー」(NHK総合)MC。
風とロック

後藤繁雄
1954年、大阪生まれ。「独特編集」をモットーに写真集、アートブックを数多く制作。銀座資生堂の文化サロン「WORD」のプログラムディレクター、KIRIN PLAZA OSAKAのコミッティメンバー、ストリートアートの運動体artbeat、プロジェクトユニット[code]など、新しい文化創出のための仕事に精力的に取り組んでいる。『太陽は笑っている』『独特老人』『彼女たちは小説を書く』など多数の著書がある。
gotonewdirection


トーク開始時間、明日花キララさんはまだ来ず…。

篠山紀信(以下、篠山):キララちゃんはね、約束してもなかなか定時には来てくれないんですよ。撮影でも、すごく気を使うんです。

箭内道彦(以下、箭内):他の方以上に?

篠山:もう全然違いますよ。すごいセンシティブなんです。ちょっと失礼なことをしたらもう・・・。

箭内:でも篠山さんは、基本的に女性には失礼なことはしないですよね? それか、全てが失礼か・・・。

一同:笑

篠山:いや、先日の撮影でね、ガウンを忘れちゃったんですよ。普通は、ガウンを着てもらって、撮るときだけバっと脱いでもらってすぐに撮るんですね。そのガウンを忘れたんです。そうしたらね、すごい怒っちゃって・・・。

箭内:そりゃ当然じゃないですか(笑)。

篠山:おまけにあの時はね、ヌード中に履いてもらうスリッパも忘れたんですよ。

箭内:忘れ過ぎじゃないですか(笑)。でも、そういうことで出てくるオーラってあるんでしょうね。

篠山:ありますよ、あの人のオーラはすごいですよ。・・・それにしても、来ませんね・・・。

一同:笑

後藤繁雄(以下、後藤):じゃあトークに入る前に、簡単にご説明をしますね。今回、篠山先生のこれまでの名作を集めたヌード写真集『NUDE BY KISHIN』という大書が発売されました。それで、このナディフアパートで特別展を開催することになったんですね。今日のトークショーはその一環で・・・あ! キララさんがいらしたようです。

箭内:みなさん拍手!

一同、拍手でお出迎え

明日花キララ(以下、キララ):すみません、ありがとうございます!

後藤:では、篠山先生、箭内道彦さん、それから明日花キララさんとで、楽しくおしゃべりをしていきたいと思います。



Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く