コラム

トーク連載「篠山紀信 × ○○」最終回 篠山紀信×秋川リサ×後藤繁雄

トーク連載「篠山紀信 × ○○」最終回 篠山紀信×秋川リサ×後藤繁雄

小林宏彰
撮影:小林宏彰

常に時代を象徴する女性を撮ってきた篠山紀信。38年前、とある美女のヌード写真を撮影していた。彼女の名は、秋川リサ。CM出演やモデルの仕事で活躍していた彼女の、高校の卒業式直後を捕らえた瑞々しい姿が印象的な作品だ。トークショーは、当時の思い出を振り返りつつ、昨今の写真界に対する鋭い視点も含んだ、とても刺激的なものとなった。

PROFILE

篠山紀信
1940年東京都生まれ。写真家。日本大学芸術学部写真学科卒業。在学中より新進写真家として頭角を現し、第1回APA賞等数々の賞を受賞。広告制作会社「ライトパブリシティ」を経て、1968年よりフリーとして独立。山口百恵やジョン・レノンとオノヨーコ、宮沢りえなどその時代を代表する人物を「激写」や「シノラマ」など新しい表現方法と新技術で常にその時代を撮り続けている。
篠山紀信公式サイト

秋川リサ
1952年東京生まれ。15歳でテイジン専属モデルとしてデビュー。16歳で雑誌「an・an」 のレギュラーモデルとして活躍しその名前が広く知られる。その後、トップモデルとしてパリコレクション・一流デザイナーのショー等に数多く参加。更にタレントとして活躍の場を広げ、テレビ・ラジオ等司会やコメンテーターとしてキャラクターを発揮し、女優としてはドラマ・映画・舞台で数々の話題作に取り組む。また、独自の感性で著書・エッセーを発表。更に、芸能活動と並ぶもうひとつのライフワークであるビーズ刺繍作家としても活躍中。
秋川リサのビーズワーク

後藤繁雄
1954年、大阪生まれ。「独特編集」をモットーに写真集、アートブックを数多く制作。銀座資生堂の文化サロン「WORD」のプログラムディレクター、KIRIN PLAZA OSAKAのコミッティメンバー、ストリートアートの運動体artbeat、プロジェクトユニット[code]など、新しい文化創出のための仕事に精力的に取り組んでいる。『太陽は笑っている』『独特老人』『彼女たちは小説を書く』など多数の著書がある。
gotonewdirection


後藤繁雄(以下、後藤):皆さん、お越しくださってありがとうございます。ここはNADIFF a/p/a/r/tというところで、東京の一番新しい現代アートを世界に向けて発信しようということで、去年の7月にオープンしました。ギャラリーに本屋さん、そして一番上にはスナックが入っている、非常に面白い建物です。年間に何回か特別な企画を考えているのですが、今年の春はここにいらっしゃる篠山紀信先生の写真展を行うこととなりました。

「私バージンだから嫌です」って断ったんですけど、 「ウソつけ、俺は裸見ればわかるんだから」なんて騙されて(笑)(秋川)

篠山紀信(以下、篠山):篠山でございます。

一同:大きな拍手

後藤:というのはですね、下でも先行販売していますけども、『NUDE BY KISHIN』 という、この50年間で先生が撮られた写真をリミックスしたものが全世界で発売されます。それと連動して、全館でいろいろ先生とコラボレーションしようということで、この写真集に登場されている秋川リサさんとのトークショーを開催することになりました。

秋川リサ(以下、秋川):秋川です、よろしくお願い致します。

一同:大きな拍手

トーク連載「篠山紀信 × ○○」第3回 篠山紀信×秋川リサ×後藤繁雄

後藤:ではよろしくお願いします。まず、この約40年前に撮られた秋川さんのヌード写真ですが、どのように撮影が進んだのか、ということをお伺いできればと思います。

(後藤氏、秋川氏のヌード写真が掲載されているページを示す)

篠山:その話を始める前にですね、このトークは大変貴重な機会なんだということを申し上げておきたいんです。私はあまり昔を振り返ることをしないんですが、これは私が28、9歳のときの作品で、秋川さんが大活躍をされる直前ぐらいなんですね。秋川さんが当時のことをお話なさるのは、例えば海外で言えばマリアンヌ・フェイスフルとか、アンナ・カリーナのような方がここにいて、昔話をするくらいに貴重なことなんですよ。

後藤:篠山先生は対談自体もあまりしませんよね。

篠山:そうなんですよ。それで、今回、写真集を出すためにいろいろと写真を探していたら、38年前の秋川さんのが出てきて、これはいいな!と。で、秋川さんに連絡したんです。そもそもヌード写真というのは生き物でして、「子どもが幼稚園でいじめられるから」なんていう理由で掲載NGになってしまうパターンもずいぶんありました。でもリサさんは、お子さんも成人したということで、快くOKをくださって。

秋川:このヌード写真に関しては、これまで一枚も公表されていなかったんです。依頼された当初は、「私バージンだから嫌です」って断ったんですけど、「ウソつけ、俺は裸見ればわかるんだから」なんて騙されて(笑)脱いだんですよ。でもこの間、「バージンかどうかなんて分かるわけねえだろ」と、今頃になって明かされたんですが(笑)。



Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告