特集 PR

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.2 走った軌跡をアートにする、ジュン・グエン=ハツシバの作品

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.2 走った軌跡をアートにする、ジュン・グエン=ハツシバの作品

松浦直美
撮影:小林宏彰

観る者に社会問題を身近に感じさせる力がアートにあるとすれば、それを静かながらも鮮やかな手法で成し遂げるのがジュン・グエン=ハツシバだろう。難民問題をはじめ、さまざまな社会問題に言及した作品には、ドキュメンタリータッチの直接的表現が持つ衝撃的なアピールとは異なる、隠喩に満ちた物語の力がある。それはこんこんと湧き出る清水がやがて大河となるように、観る者の心にこっそりと小さな水源を確保し、じわじわと確かな主張を浸透させていく。『ヨコハマトリエンナーレ2011』では、東日本大震災から再生しようとする日本へのエールともなる新作を展示中。今日に至るまで、作家はどんな思いをそれぞれの作品に託してきたのだろうか。

PROFILE

ジュン・グエン=ハツシバ
1968年、東京にて日本人の母とベトナム人の父の間に生まれる。幼少期を日本で過ごしたのちアメリカで教育を受け、現在はベトナムのホーチミン市を拠点に制作活動を行っている。難民のためのメモリアル・プロジェクトシリーズなどで知られ、2001に続き2回目の参加となる今回の『ヨコハマトリエンナーレ2011』では、ランニング・ドローイング・プロジェクトの新作を発表。
MIZUMA ART GALLERY : ジュン・グエン=ハツシバ / Jun NGUYEN-HATSUSHIBA

「地球の直径を走破する」アート作品

―『ヨコハマトリエンナーレ2011』には『Breathing is Free: JAPAN, Hopes & Recovery,1.789km』という作品を出品予定ですね。これは2007年にスイスのジュネーヴで始まった壮大なランニング・ドローイング・プロジェクト『Breathing is Free: 12,756.3』の一環です。12,756.3という数字は地球の直径であり、それと同じ距離を走破するというプロジェクトです。地球の直径は、ある地点から地球の反対側へと到達すること、ひいては現状とはまったく違った状況への移行を象徴するとのことですが、もう少し具体的に教えてください。

ジュン・グエン=ハツシバ(以下、グエン=ハツシバ):「地球のあちら側へ行く」というのは、自分の人生を変えたいと願う難民を象徴しています。難民は自分たちの現状とは180度違った状況を望みます。地球の中心部を通って反対側に到達できれば、距離的には最も短い。実際には物理的に無理ですから、あくまでも比喩ですが、私はこの数字を自分が走るために使っている。走ることを通じて、難民の体験することを身体的に体験することになるわけです。難民が体験するさまざまな葛藤や困難を、身をもって体験したいのです。ですから、このプロジェクトの基本的なコンセプトは難民の苦境を自分で体験することだと言えます。10年以上かかるであろう、長期に渡るプロジェクトです。『ヨコハマトリエンナーレ2011』出品作品が完成すると、これまでに約3,000kmほど走ったことになります。

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.2
Breathing is Free: 12,756.3 - Chicago, 88.5km 2010 single channel digital video 14 min.
Photo by Nguyen Ton Hung Truong
Supported by a gift from Howard and Donna Stone and a grant from the Illinois Arts Council
Courtesy: the artist and Mizuma Art Gallery

―GPSで記録した走行軌跡がドローイングとなるそうですが、これまでどんなものを描いてきましたか?

グエン=ハツシバ:主に花です。『Breathing is Free: 12,756.3』はより大きな「メモリアル・プロジェクト」の一環なので、花を描こうと思いました。花は人の気持ちや感情、さまざまな状況を表現するものだと思うからです。例えば、男性から女性に花を贈れば好意の表れでしょうし、人が亡くなったときに花を捧げることもあります。私たちは、場合によって使い分けてはいるけれど、気持ちを花に託します。走る都市(国)の歴史や文化などの背景を理解したうえで、それにみあった花を描いています。

―花以外のものを描いたことはありますか。

グエン=ハツシバ:シカゴでは顕微鏡を描きました。台北では少し違った試みをし、子どもたちとのワークショップで、難民に会ったらどんな言葉を掛け、何をあげたいかを考えてもらい、絵を描いてもらいました。おもちゃを描いた子もいれば、Tシャツを描いた子もいました。私は子どもたちの絵をモチーフとして採用し、それらを描くようなルートを走りました。

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.2
Breathing is Free: 12,756.3 - Chicago Microscope (A Self-portrait), 88.5km 2010 single channel digital video 6 min.
Supported by a gift from Howard and Donna Stone and a grant from the Illinois Arts Council
Courtesy: the artist and Mizuma Art Gallery

2/3ページ:なぜ人は、幸せや安全を求めて故国を去らなければならないのか?

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優