コラム

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2009年10月配信分(vol.245~248)

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2009年10月配信分(vol.245~248)

武田砂鉄
2009/11/19

vol.245 お悩みチャートイン(2009/10/05)

全裸

選り好みしてしまうの、その女の人はそう言った。今年は3人の男性を紹介してもらったという。私って、頼りたいの。でも、寄ってくるのは、頼られたい、って人ばっかりなの。これってさ、あたしのさ、イメージなのかな、性格なのかな。由美子も知ってると思うけどさ。こんな私を誰かひろってくれるのかなあ。

こういう、「(笑)」を末尾につけなければとても聞いちゃいられない話を堂々と繰り広げる人がいる。聞き耳を立てていて、さて次はどうやって話を展開するのかと待ち構えていると、その都度、ベタな発言を重ねてくる。相手の友人は「そんなことないよお」を何度か繰り返している。そんなことないよお、を繰り返す度に、彼女は「そんなことないなんてことはない」という内容を上塗りしていく。もう、そんなことないよお、と返す以外に言葉を持てなくなっている。こういうやり取りで自分の悶々を曝け出せる人は、実はそんなに悶々とはしていない。自分の頭ん中の混雑を自分で交通整理する。その代わり、その交通整理の結果報告を誰かにしなければ気が済まない。繰り返される交通整理は、苦心の末ではなく、聞いてよワタシの交通整理っぷりを、という前向きな宣言に裏打ちされている。厄介である。面倒である。

人は皆ナルシストだと思うけども、際立ってナルシストと呼ばれる人がいる。自分好きと和訳されるようなナルシストだ。でも、そういう、露骨に表出するナルシストは、その状態を保つ為に必死にならなければならないのだから、さて自分はこれでいいのかという改訂作業を怠れない以上、秘めた悶々とぶつからなければならない。自分好きでいる為の自分と向き合うのは、その更に深い所に自分を用意しなければならず、なかなかしんどそうである。

悩んでいます、と真っ先に口を出してくる人は悩んでいない、と思っている。今日の天気や昨日食べたカレーや明後日行く予定の映画や今月中に済ませておきたい事務処理をさておいて、早速悩んでいることを激白する場合、その悩みは、彼や彼女の中で圧倒的な強度を保っている。しかし強度だけで、切実さは別問題だ。その時にこちらが言えることは「そんなことないよお」しかない。彼や彼女が待っている返答も、それなのである。悩みってそんなにキレイに交通整理されていいものなのかと思う。

苦しみながらも自分らしく生きています、という交通整理の結果報告があちこちに充満している。悩んでますグランプリを開催しかねないほどに、その悩みの深さをまず伝えようとする。ほう、こないだより深みが増してますねとでも言おうもんなら、でしょでしょでしょとテンションが上がっていく。何だそれは。人の付き合いがクールになったと言われる。そんなことは無い。早々と結論を出した自分のプロモーション活動が積極的にそこらじゅうを飛び交っている。プロモーション活動の強弱で、「オリコン○位獲得!」かのように、「最近、○○ちゃん、悩んでるらしいよ」と広まっていく。みんな病んでいると嘆く人は多いが、それはプレゼンテーションの腕を皆が磨いたからである。この状況に向かう手段が見当たらない。本当に、「(笑)」でやり過ごすしかないのである。人にプレゼンする悩みがないこちらが、徐々に「人に言えない」悩みを抱え込んでいくような気さえする。選り好みしてしまうの、と相談された彼女、プレゼンが一段落してトイレへ行った相手を見送ると、天を仰いでため息をついた。悩みはここにあるな、と思った。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー