コラム

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2010年6月配信分(vol.277~280)

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2010年6月配信分(vol.277~280)

武田砂鉄
2010/08/06

vol.277 最低でも県外 〜駅構内ver.〜(2010/6/7)

全裸

電車を待っている。そこに、落ちたての鳩の糞を発見する。駅構内を旋回する鳩のいくらかが見える。整列乗車の時間ではないけれど、停車位置の枠線内に並んでおきたい。その停車位置の先頭付近に、落ちたての糞があったのだ。この時、どうするべきか。2択だ。その糞が落ちた付近を避ける。或いは、敢えてその糞が落ちた所をまたぐように立つ。その日の僕は、後者を選んだ。後ろのベンチから見ていた老人がいたとすれば、おお果敢なチャレンジをしたもんだと最近の若者を見直しただろうし、妙齢の女性がいれば、あわよくば抱かれても構わないくらいの男気を感じたことだろう。しかし、心の内は違っていた。統計の問題を解いていた。つまり、鳩の糞は、次どこに落ちるのだろうかと考えた場合、今そこに落ちた糞に更なる糞をかぶせてくる可能性はほぼ皆無なのではないかと、解いたのだ。うわ、落ちたての糞があるわと一歩二歩下がる。しかし、そこにこそ、次の糞は降ってくるのではないか。街中の、鳩の糞だらけの一角を思い起こす。糞は、点画のようにあちこちに降り散らかされていた。ここに一つの糞があるのならば、次は、ここではないどこかへ(C:TAKURO)である。さて、どこなのか。

乾かぬ糞をまたいで電車を待った。急行が通過するので危ないと思い、一歩後退して通過を待った。その間、天井付近を見上げていた。次の糞がここに降るかもしれないからだ。急行が過ぎ去る。安心して一歩前へ、再度糞をまたぐ。今にも、次を出しますよ、というテンションで鳩が旋回している。ハンカチ落としかロシアンルーレットか、とにかく俺ではないよなという闇雲な自信を脳内で育てながら、次なる糞の放射を待つ。誰も、乾かぬ糞の周りに寄って来ない。いつもなら、2列×3人くらいの待ち人がいるはず。しかし、今日は、乾かぬ糞と、またぐ自分がいるだけだ。誰も俺について来られないのか、と、気が大きくなるばかり。むしろ糞はここには落ちないのだ、だから安心して来れば良いのにと、余裕しゃくしゃく、ほくそ笑む。

うちの兄が小学校への登校時、外へ出て靴ひもを結ぼうと屈んだ所、そこにポタンと鳩の糞が落ちてきた。頭に落ちてきた。しかし、兄は帽子を被っていた。その帽子は昨日買ったばかりの、その日から被っていく帽子だった。だから多分あの時、兄は泣いたのだと思う。折角買ったばかりの帽子がぁ、と。しかし、今になって思う。その帽子がなければ兄は鳩の糞まみれだった。帽子は、紫外線をどうのとか、何かから守ってくれるものらしいのだけれども、実はそんなに守ってくれていない。それを皆、知っている。だから、ファッションの要素に甘んじてしまうのだ。その点、この帽子は兄を守った。初日の殉職でも、それは帽子としての生き様を全うしたのだ。帽子をズラして被るラッパーの類いを見かけると、ああ、糞よ落ちろと思う。ズラしてしまったがゆえに顔の表面にかかった糞、という結論が、ファッショナブルな帽子にはよく似合う。

糞をまたいで遠き日の想い出を蘇らせていると、ようやっと電車がやってきた。結局、鳩は2発目を放たなかった。屋根とか線路とか、どこか別の所で放ったのかもしれない。つまり、流行りの言葉で言えば、「最低でも県外」を守ったのだ。県内は現状の負担に留めたのだ。糞のおかげで、その停車位置には並ぶ人がいなかった。車内に乗り込むと数席だけ開いている状態なのが常で、その数席を数名が狙っていく時間帯なのだが、この日は、数席を、自分で選り好みして選ぶことが出来た。ゆったりと座り、隣席のスポーツ紙を覗くと、今日にも鳩山辞任かと書かれていた。国民はもう、鳩山に理解を示さなくなっていた。僕はその日、鳩に理解を示していた。どうしょうもないオヤジギャグを心の内に留めて、泳いだ目をする鳩山の写真に目をやった。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を