特集 PR

川内倫子×大森克己×松本弦人の「写真のハナシ」

川内倫子×大森克己×松本弦人の「写真のハナシ」

テキスト・構成
安野泰子
協力:BCCKS, リトル・モア, VACANT

この写真を撮ってるひとに会いたくなってくる(大森)

大森:それから、写真に若さを感じられるところが良いよね。なんとなく良いけどなぜか引っかからない写真ってあるんですよ。それは、年齢は若いのに若さを感じさせない写真だからなんですね。「上手」「下手」とはあまり関係がないんです。成田さんの写真を見ていると、本人に会いたくなってくるんだよね。

松本:審査員も皆、成田さんに会いたくなるって言っていたよね。

大森:どこか上品なところも魅力的なんだよね。湖でパンケーキを顔に塗っている三人の女の子の写真があるけど、こういうことをしていてもどこか上品さがあって、とても良いよね。

成田舞「UNITEDH2Oヨウルのラップ」より

川内:成田さんは、作品を作り込んでいるはずなのに、そこをあえて見せない。私もそういうところがあるんですが、成田さんの場合その比率が多いような気がします。

松本:作り込みを見せない点に関しては、倫子のほうが巧みですけどね。成田さんは、まだそれがコントロールできていない感じがする。

川内:でも、ガチガチにできあがっていないところが良いんですよね。

松本:ところで、大森くんは若いころから「写真が上手い」と評価されているよね。

川内:大森さんのロバート・フランク賞を受賞した写真なんて、完成度がとても高いですよね。28歳の若さで、デビュー作がこれっていうのはすごいなと思いました。その点、成田さんには、「上手さ」というのがないんですよね。

松本:倫子は、若いころから上手かったの?

川内:普通に上手かったかも。でも、なんでもきれいに撮れてしまうのは嫌だった。それをあえて壊していこうと自覚して撮っていたのが、デビューした24、5歳くらいのときかな。そういったことは確信犯的に思わないと成長はないんです。成田さんもこの一年での成長の跡が見られますね。

松本:その分、迷いや、悩みもすごく感じられる。

大森:今後、これを写真集にするときにまた悩むんだろうね。誰がデザインを担当するの?

川内倫子×大森克己×松本弦人の「写真のハナシ」
松本弦人

松本:オイラが指名されました。大変だけどその分楽しみでもある。電車の中でも、どんな写真集にしようかと考えていたりして、とてもワクワクしていますよ。

Page 2
前へ 次へ

関連リンク

プロフィール

大森克己

1963年生まれ。写真家。第9回キャノン写真新世紀でロバート・フランク賞を受賞。主な写真集に『サルサ・ガムテープ―大森克己写真集』(1998年、リトル・モア)、『Encounter』(2005年、マッチアンドカンパニー)、『Cherryblossoms チェリーブロッサムズ』(2007年、リトル・モア)、『サナヨラ』(2006年、愛育社)など。また今年1月には、『incarnation』(2010年、マッチアンドカンパニー)が出版された。

川内倫子

1972年生まれ。写真家。2002年『うたたね』『花火』(ともに2001年、リトル・モア)で第27回木村伊兵衛賞受賞。2009年ICP主催の第25回Infinity Award・Art部門受賞。その他主な写真集に、『AILA』(2005年、フォイル)『Cui Cui』(2005年、フォイル)、『種を蒔く/Semear』(2007年、フォイル)などがある。

松本弦人

1961年生まれ。グラフィックデザイナー。NEW YORK DISK OF THE YEAR グランプリ、読売新聞社賞、1995年東京ADC賞、AMD Award '96 Best Visual Designer、2002年東京TDC賞など受賞多数。主なデジタルメディア作品に、フロッピーディスク『Pop up Computer』(1994年、アスク講談社)、CD-ROM『ジャングルパーク』(1997年、デジタローグ)、ゲームソフト『動物番長』(2002年、Nintendo キューブ)などがある。BCCKSのコンセプトデザインやアートディレクションなどを手がけるチーフ・クリエイティブ・オフィサー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を