特集 PR

記憶を失った音楽家GOMAが、「未来」を信じるまで

記憶を失った音楽家GOMAが、「未来」を信じるまで

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/09/13

世界最古の木管楽器、ディジュリドゥの日本における第一人者として知られるGOMAが、2009年の交通事故による記憶障害を乗り越え、復活記念アルバム『I Believed the Future.』を発表する。過去の記憶を失っただけではなく、事故後の記憶もなかなか定着しないという非常に困難な症状を抱えながら、いかにして彼は再びディジュリドゥを手にし、ステージに戻ってきたのか。GOMA本人はもちろん、ご家族やレーベルのスタッフからの協力も得て、この2年間をじっくりと振り返ってもらった。障害に立ち向かうGOMAの強さと、それを支える人々の温かさ。人体の神秘と、医療を取り巻く現状。そして、芸術の持つ力について。たくさんのことを考え、感じてもらえればと思う。

高次脳機能障害の発症

GOMA:まだ若干麻痺があって言葉もちょっと喋りにくいし、引っかかるような感じがします。最初は真っ直ぐに立つっていう感覚すらわかんなかったんですよ。体の左側の機能が低下しているから、左手を動かすときって、「動かそう」と思って動かしてる。右手を動かすのとは感覚が全然違うんです。

GOMAは穏やかな表情で、こんな風に話し始めてくれた。首都高速で停車中、不運にも後方から追突されたのが、約2年前の2009年11月26日。この事故をきっかけに苦難の日々が始まった。

記憶を失った音楽家GOMAが、「未来」を信じるまで 記憶を失った音楽家GOMAが、「未来」を信じるまで

GOMA:外から見た外傷はほとんどなかったから、ちゃんとした検査を最初は全然しなかったんです。最初はただの「ムチ打ち」と診断されて帰宅したんですけど、帰っても一向に体は動かないし、同じことばかりしゃべってたみたいで。それで、やっぱりもう1回病院に行こうって話になって、より詳しく検査をしたら、脳に傷があるのがわかったんです。

軽度外傷性脳損傷(通称、MTBI)による高次脳機能障害、GOMAの症状はそれだった。「精密なコンピューターの配線がおかしくなった感じ」と言うように、これによって前述の平衡感覚をはじめ、嗅覚や味覚の低下、さらには食べ物を飲み込むときに肺の方に入れようとしてしまう摂食障害など、様々な症状に悩まされることになるのだが、そんな中、最も深刻だったのが記憶障害だ。GOMAの奥さんである純恵さんが異変に気付いたのは、事故の翌日だったと言う。

純恵:一緒に車でラジオを聴いてたら、仲のいいミュージシャンがリキッドルームでイベントをやるっていうのを宣伝してて、「リキッドでイベントやるんだって~!行きたいね」って話したら、返事がなかったんです。それで「聞いてる?」って言ったら、「リキッドって何?」って。「え?」って思って、「リキッドってリキッドルームやん?」って言ったら、「だから、それ何?」って言うんです。ライブハウスだということを伝えたら、今度は「俺はそこでライブしたことあるの?」って訊いてきて(GOMAはリキッドルームでレコ発ライブを行っている)。最初は事故のショックで一時的に記憶が断線してるんだと思ったんですけど、1週間ぐらい経っても治らなかったんです。

2/4ページ:失われていく記憶と、自分が生きた証

Page 1
次へ

リリース情報

GOMA & The Jungle Rhythm Section『I Believed the Future.』
GOMA & The Jungle Rhythm Section
『I Believed the Future.』

2011年9月14日発売
価格:2,500円(税込)
WRCD-51 / wonderground music

1. ONE GROOVE 2011
2. OMOTINO 2011
3. EUCALIPTUS 2011
4. CACTUS 2011
5. AFRO BILLY 2011
6. RIODIDGENEIRO 2011
7. FLOW

プロフィール

GOMA & The Jungle Rhythm Section

ディジュリドゥー・マスター=GOMAの活動の中でもっとも熱く、もっとも踊れるブッ飛びGROOVEバンド!日本を代表するGROOVEドラマー椎野恭一、リトルテンポでも活躍するラテンパーカッショニスト田鹿健太、アフリカで鍛えた野生のパーカッショニスト辻コースケとGOMAが叩き出す超絶GROOVEが、全国の野外フェス/パーティーシーンで大ブレイク!2枚のアルバムを発表し、シーンを代表するバンドとして活躍していたが、2009年11月にGOMAが交通事故で外傷性脳損傷を負い、記憶の一部が消えてしまったり、新しい事を憶えづらくなる高次脳機能障害の症状が後遺し、すべての音楽活動を休止。その後1年8ヶ月に及ぶ懸命のリハビリを経て、『FUJI ROCK FESTIVAL'11』でついに奇跡の復活を果たした!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業