特集 PR

小山登美夫&塩見有子対談 現代アートの仕事の魅力

小山登美夫&塩見有子対談 現代アートの仕事の魅力

インタビュー・テキスト
坂口千秋
撮影:菱沼勇夫

ここ10年くらい日本では、『横浜トリエンナーレ』などの現代アートイベントが、あちこちで毎年のように開催されている。そういえば最近よく色んなところで耳にする「キュレーション」という言葉も、元々はアート業界で展覧会を企画構成することをさす言葉だ。こんなふうにいつの間にか、現代アートというものが少しずつ社会に認知されていったことに比例して、アートに携わる仕事にも非常に注目が集まっている。たまにギャラリーや美術館で募集があるとすぐに応募が殺到してしまうほどの、極狭き門といわれるアート業界。そんな世界の内側では、実際どんな人たちが、どんな思いで働いているのか? 村上隆や奈良美智を輩出し、現代アートの第一線で活躍するギャラリスト小山登美夫氏と、2002年にNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ(以下AIT)と同時に現代アートの学校「MAD」を立ち上げ、10年以上に渡ってアート業界に多くの人材を輩出しているディレクター塩見有子氏にお話を伺った。面白くてやめられない、現代アートの仕事の魅力とは?

インディーズの精神で海外に渡った

―さっそくですが、小山さんが現代アートに興味を持たれて、ギャラリストになったきっかけは何だったんですか?

小山:僕はもともと美術が好きで日本画をよく見に行ってたんだけど、ある時先輩からジャスパー・ジョーンズのカタログを見せられて、それが全然わからなくて。そこから色んな本を読んだり、勉強して色々わかっていくうちに、面白いなと思うようになったんです。当時は本物の現代アートの作品を見るにはギャラリーに行くしかなかったから、高校生の頃からギャラリーに出入りして、こういう商売があるんだなと思ってました。

―小山さんにとっては、自然な環境でもあったんですね。

小山:そうですね。大学最後の年にギャラリーで働いていた先輩から「明日から来ない?」って言われて働きだしました。人に会うのが好きっていうのもあるし、毎月違う展覧会があって、違うものが見れるし、そういうのが凄く楽しかった。ミーハーだから、横尾忠則さんと味噌ラーメン食べたりしたのも楽しかった思い出ですね。

小山登美夫
小山登美夫

―1995年にご自分のギャラリーを始めてからは、村上隆さんや奈良美智さんなど、同時代の作家を積極的に海外に紹介していきましたね。

小山:いい作家がいたらどんどん海外へ紹介したいと思っているけど、僕ら以前の世代のギャラリーって、もっと閉じていて重たくて大企業みたいで、そういうつながりをあまりつくってなかったんですね。実際日本のギャラリーって僕らの世代からインディーズになったんですよ。少年ナイフがアメリカのライブハウスをあちこち回るみたいに、世界とゆるくつながれるようになった第一世代が僕たちかな。

塩見:当時のことをすごく良く覚えています。小山さんを始め若いギャラリストたちが集まって、自分たちの世代が新しいものをつくるんだ、っていうエネルギーに溢れていて、私は別のギャラリーでバイトしながら、すごいなと思って見てました。若手ギャラリストによる『G9』というアートフェアもありましたね。

2/3ページ:現代アートの学校MADの10年

Page 1
次へ

イベント情報

5コマから学べる現代アートの学校「MAD」

MAD無料体験レクチャーシリーズ
『ARTIST BIRTHDAYS』

2012年3月21日(水)
会場:東京都 代官山 AITルーム
時間:19:00〜20:30(要予約、詳細はウェブサイトを確認)
料金:参加無料


MAD受講ガイダンス

2012年3月26日(月)
会場:東京都 代官山 AITルーム
時間:19:15〜20:30(要予約、詳細はウェブサイトを確認)
料金:参加無料


菅木志雄展
『潜態の場化』

2012年3月10日(土)〜4月14日(土)
会場:東京都 清澄白河 小山登美夫ギャラリー東京 7F
時間:12:00〜19:00
閉廊日:日、月曜、祝日


オープニングレセプション

2012年3月10日(土)18:00〜20:00


ジェレミー・ディッキンソン展
『Autopark』

2012年3月10日(土)〜4月14日(土)
会場:東京都 清澄白河 小山登美夫ギャラリー東京 6F
時間:12:00〜19:000
閉廊日:日、月曜、祝日


オープニングレセプション

2012年3月10日(土)18:00〜20:00


インカ・エッセンハイ / Inka Essenhigh展
『The Natural and the Man-Made』

2012年3月2日(金)〜4月7日(土)
会場:京都府 下京区 小山登美夫ギャラリー京都
時間:11:00〜19:00
閉廊日:日、月曜、祝日


柏原由佳展
『トランジション』

2012年3月2日(金)〜4月7日(土)
会場:京都府 下京区 TKG エディションズ京都
時間:11:00〜19:00
閉廊日:日、月曜、祝日

プロフィール

小山登美夫

1963年東京都生まれ。東京藝術大学芸術学科卒業。西村画廊、白石コンテンポラリーアートという、日本を代表する現代美術画廊の勤務を経て、1996年に小山登美夫ギャラリーを開廊。村上隆、奈良美智といった同世代の日本人アーティストの展覧会を多数開催するだけでなく、海外のアートフェアにも積極的に参加して国外のアーティストも取り扱うなど、ワールドワイドな展開を行う日本のギャラリーの先駆けとなる。

プロフィール

塩見有子

アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]ディレクター。学習院大学法学部政治学科卒業後、イギリスのサザビーズインスティテュートオブアーツにて現代美術ディプロマコースを修了。帰国後、ナンジョウアンドアソシエイツにて国内外の展覧会やアート・プロジェクトのコーディネート、コーポレートアートのコンサルタント、マネジメントを担当。2002年、仲間と共にNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]を立ち上げ、代表に就任。AITでは、レジデンスやMADをはじめとするAITの活動全体の企画やマネジメント、組織運営を行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと