特集 PR

日本人なら知るべき、日本美術の本当の凄さ『シャッフルII』

日本人なら知るべき、日本美術の本当の凄さ『シャッフルII』

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:佐々木鋼平

日本のアートって何だろう? 東京では綺麗な現代アートギャラリーで連夜オープニングパーティーが行われ、「アート」好きな人達の交流の場となっている。一方国宝や重要文化財と呼ばれる「美術品」は、博物館や寺社仏閣の中に安置され、歴史や観光好きな人達に楽しまれている。どちらも日本のアートなのに、このふたつの間には、まったく別のカルチャーのように、広く深い溝が横たわっている。昨年、そんな状況に異議を唱え、断絶された日本のアートを丸ごとキュレーションし、話題を呼んだ展覧会が、美術史家、山下裕二による『シャッフル』である。その続編が3月30日から4月1日まで開催される『アートフェア東京2012』の特別企画『シャッフルII』として展示されることになった。

『アートフェア東京2012』では、昨年のNHK紅白歌合戦で「嵐」の映像効果を担当したウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」や、伊勢谷友介が代表をつとめ、東日本大震災の復興支援に奔走する「リバースプロジェクト」の特別ブース。さらにChim↑pomのインスタレーションや、山川冬樹のパフォーマンスなどブースに収まりきらないアグレッシブな表現の数々。まさしく「今日の日本の表現」のすべてが集結する。常に日本のアートが持つ無限のポテンシャルを掘り起こし、発信してきた山下に、『シャッフルII』に向けた意気込みをたずねた。

僕の職業は「応援」すること

―今回の『アートフェア東京2012(以下AFT)』で『シャッフルII』を開催することになった経緯を教えてください。

山下:事務局の方から突然のご依頼があったんです。AFTには現代美術、近代美術、古美術などのギャラリーが出展していて、バリエーションがあるとも言えるし、ごちゃごちゃしているとも言える。そういったある種のカオス的状況を象徴する企画をキュレーションしてほしいという依頼でした。幸いにして僕は現代美術と古美術の両方にまたがって見ているものだから、白羽の矢が立ったということでしょう。

―山下さんは2011年に白金高輪で最初の『シャッフル』をキュレーションされています。前回は現代美術と古美術の融合という内容でした。

本堀雄二『BUTSU』NANZUKA UNDER GROUND
本堀雄二『BUTSU』NANZUKA UNDER GROUND

山下:融合というより、衝突させるという感じだね。異質な物同士がぶつかって、火花を散らす。既存の価値観をいったんご破算にしてみせようというものでした。だから重要文化財クラスの仏像の隣に、本堀雄二さんのダンボール仏を置いてみた。今回も本堀さんの作品は『シャッフルII』の鍵になっています。あえてチープで現代的な素材を主役に据えるというね。

―今回のラインナップを見ると、江戸から明治期にかけての工芸的な作品が多いですね。

山下:いま僕が最も応援したい分野が、まさにそれなんです。前回はロンドンギャラリーから仏教美術や、円山応挙の作品をお借りして、従来の美術史のなかでもっとも高く評価されている本筋を揃えました。でも、今回は今までのアカデミックな世界では評価されてこなかったけれど、見た人が文句なく「すごい!」と思える高度な工芸作品を世に知らしめたかった。僕の職業は応援ですから。

山下裕二
山下裕二

―山下さんは「日本美術応援団」を名乗っていますね。現代美術の応援もされるんですか?

山下:現代美術はあんまり応援したくないんだよね(笑)。でも、無名の現代美術作家は応援しますよ。

―既に評価されているものは応援の必要はないと思いますが、無名の、というと?

森淳一『coma』ミヅマアートギャラリー
森淳一『coma』ミヅマアートギャラリー

山下:つまり凄い実力を持っているにも関わらず、世間の認知度はそうでもない作家。ギャップがあればあるほど、僕は応援に燃えるわけ。15年間ぐらい、応援団員のコスプレをしたり、いろいろやってきた甲斐もあって、特に江戸の絵画への関心はすごく高まってきた。美術館でやる展覧会にも行列ができるようになりました。でも明治の工芸はまだまだこれから。現代美術にしても実力はあっても、世間的には無名という人がごろごろいる。今回はそんな作家や作品を中心にピックアップしています。


2/3ページ:縄文土器が買える!? 時代・ジャンルの枠を超えた展示

Page 1
次へ

イベント情報

『アートフェア東京 2012』

2012年3月30日(金)、3月31日(土)、4月1日(日)
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム 展示ホール
時間:3月30日(金)11:00〜21:00、3月31日(土)11:00〜20:00、4月1日(日)10:30〜17:00
料金:
当日 1DAYパスポート2,000円、3DAYパスポート3,500円
前売 1DAYパスポート1,500円、3DAYパスポート3,000円、小学生以下無料(但し大人同伴)


会期中プログラム
『アイディア&ソ―ツ』

※要事前予約(予約方法はオフィシャルウェブサイト参照)


A.『COOL JAPAN GOES SOCIAL』

2012年3月31日(土)
会場:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール内セミナー室
時間:12:00〜14:00
第一部登壇者:スプツニ子(アーティスト)、Misha Janette(ファッションエディター/スタイリスト)
モデレーター:生駒芳子(ジャーナリスト)
第二部登壇者:秋山具義(アートディレクター)、柴田文江(インダストリアルデザイナー)
モデレーター:伊藤直樹(株式会社Party クリエイティブディレクター)
※登壇者は一部調整中
料金:入場無料(『アートフェア東京2012』のパスポートが必要)
定員:100名


B.『AIR!AIR!AIR!番外編@アートフェア東京2012−今、話題のアーティスト・イン・レジデンスを語る』

2012年3月31日(土)
会場:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール内セミナー室
時間:15:00〜17:00
登壇者:井上惠嗣(文化庁 長官官房 国際課 国際文化交流室長)、菅野幸子(国際交流基金情報センター プログラム・コーディネーター)、若林朋子(企業メセナ協議会 シニア・プログラム・オフィサー)、田村友一郎(アーティスト)、木戸龍介(アーティスト)、荒木悠(アーティスト)、今村有策(トーキョーワンダーサイト 館長/東京都参与)、家村佳代子(トーキョーワンダーサイト 事業課長)
料金:入場無料(『アートフェア東京2012』のパスポートが必要)
定員:100名


C.『Rebirth Project「REBIRTH PROJECT×アート?』

2012年3月31日(土)
会場:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール内セミナー室
時間:18:00〜19:30
登壇者:伊勢谷友介(俳優・映画監督/REBIRTH PROJECT 代表)、藤元明(アーティスト/REBIRTH PROJECT ディレクター)
モデレーター:有馬恵子(REBIRTH PROJECTディレクター)
料金:入場無料(『アートフェア東京2012』のパスポートが必要)
定員:100名(応募者多数の場合は抽選)


D.『茶の湯と美術 日本今昔美術列伝』

2012年4月1日(日)
会場:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール内セミナー室
時間:13:00〜14:30
登壇者:山下裕二(明治学院大学教授)、千宗屋(武者小路千家15代家元後嗣)
料金:入場無料(『アートフェア東京2012』のパスポートが必要)
定員:100名


E.『『ハーブ&ドロシー』に学ぶ アートの楽しみ方&コレクションの秘訣』

2012年4月1日(日)
会場:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール内セミナー室
時間:15:30〜17:00
登壇者:小山登美夫(小山登美夫ギャラリー代表)、宮津大輔(サラリーマン・コレクター)、佐々木芽生(ドキュメンタリー映画監督/プロデューサー)
入場料:無料(アートフェア東京 2012 のパスポートが必要です)
定員:100名


『アートフェア東京2012 ガイドツアー』

※要事前申込(お申込方法はオフィシャルウェブサイトでご確認ください)、お1人様、1ツアーの参加とさせていただきます。
2012年4月1日(日)
会場:東京国際フォーラム地下2階 展示ホール
集合場所:東京国際フォーラム地下2階 展示ホール前)
時間:10:30〜11:10、11:00〜11:40、11:30〜12:10
参加費:各ツアー2,500円(1DAYパスポート付)
定員:各ツアー10名(先着順)

「現代アートを所有する魅力」
10:30〜11:10 ガイド:吉野誠一(アートコレクター)
「縄文土器から現代まで日本今昔アート列伝」
11:00〜11:40 ガイド:山下裕二(美術史家/明治学院大学教授)
「アートフェア東京攻略への道」
11:30〜12:10 ガイド:宮津大輔(サラリーマン・コレクター)

プロフィール

山下裕二

1958年生まれ。日本美術史研究者、美術評論家、明治学院大学教授、日本美術応援団団長、山種美術館顧問、森美術館理事。東京大学文学部美術史学科卒業、同大学院修了。もともとの専門は室町時代の水墨画だが、赤瀬川原平氏と共に「日本美術応援団」を名乗り、縄文から現代までの様々な作家や作品を応援し、その普及と再評価に努めている。主な著書に『室町絵画の残像』『岡本太郎宣言』『日本美術の20世紀』『一夜漬け日本美術史』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露