特集 PR

作曲界の愉快犯 しのさきあさこ(宇宙人)インタビュー

作曲界の愉快犯 しのさきあさこ(宇宙人)インタビュー

インタビュー・テキスト
さやわか
撮影:三野新

常にマグマのごとくうごめいている「笑い」の感覚(ただし、人には伝わらない)。

―しのさきさんのいつもの曲作りについてうかがいたいと思います。普段は、曲をどこから作っていくのでしょう?

しのさき:曲によって全部バラバラです。今回はメロディーから作りました。歌詞ワードはニコニコ生放送を見た人が投稿してくれたので、まずはメロディーを用意して、うまく入れられそうなところに投稿された言葉を入れたんです。

―おお、思った以上にすごく合理的な作り方なんですね。

しのさき:そういうときもあります。今回テーマにした『惡の華』の原作の場面が、登場人物の感情の起伏がすごくて、エネルギーが爆発するみたいな感じだったので、メロディーも浮き沈み激しい感じにしました。

―前作の主題歌よりも、もう少しドラマティックな感じになっているんですね。前の曲は映像のイメージがしっかりあったというお話でしたが、今回はどうでしたか?

しのさきあさこ(宇宙人)

しのさき:今回は、映像というよりも目に見えない感情の部分を出そうと思って作ったんです。ボーカルも、感情を出す歌い方はやったことなかったんですけど、感情的に歌ってみたら、歌うほどに凶暴になっていく自分を見つけました(笑)。

―今までのやり方では通用しないと思ったきっかけがあったのでしょうか?

しのさき:原作のエネルギーが本当にすごいので、曲にもエネルギーがみなぎっていないと、『惡の華』のファンの人が絶対に認めてくれないだろうと思って……。

―なるほど。しかし、いずれにしてもしのさきさんの作曲方法は、まずテーマが決まって、それに向かって作っていくやり方なんですね。

しのさき:宇宙人でも、1枚目のミニアルバムのときは何にも考えずに作っていたんですけど(笑)、2枚目の『珊瑚』からテーマに沿って作るようになりました。テーマがなかったら、ついつい笑いの方向にいっちゃうので……。

―え、笑いの方向ですか!? 笑える音楽が好きということでしょうか?

しのさきあさこ(宇宙人)

しのさき:人には伝わらない笑いみたいなのが常に自分の中にあって、音と歌詞でそれを追求しちゃうんですよ。

―人に伝わる笑いだったらいいけど、そうじゃなかったら……なんだかよくわかんない曲になっちゃいますね。

しのさき:そうなんです。それじゃダメだと思って、曲ごとにテーマを作ってます。


強烈な好き嫌いが個性を作る。

―テーマを与えられて曲を作るというお話ですが、自分から「こういうテーマでやりたい」というのはありますか?

しのさき:ヤクルトのCMソングがやりたいです。ヤクルト大好きなので。その商品をテーマにしたら、その商品をもっと楽しめそうじゃないですか。

―音楽性うんぬんというところを飛び越えたところで、テーマそのものについて考えていく作業が好きなんですね。だからテーマの方向性が明るくても暗くても同じモチベーションで作れる。

しのさき:前に「お米の歌」をテーマに作ったときも、まずは「白米とは」というところから考えて作りました。結果的に、「米研げ、米研げ、釜で炊け〜」みたいな歌詞になったんですけど(笑)。食べたことがあるものだったので、すぐできました。

―笑いに走ってますね(笑)。メンバー以外の第三者からテーマをもらえることが多いのでしょうか?

しのさき:いつもテーマをもらえるのが理想なんですけど、テーマがないときは自分たちでも考えなきゃいけなくて、私が考えるやつは、だいたい却下されてます。「メンバーが着ているセーターがおかしい」とかをテーマにしちゃうので。

しのさきあさこ(宇宙人)

―些細なものをきっかけに曲が作れるのは、逆にすごいですけどね(笑)。何でも音楽に変えられるというか。しのさきさんは作詞作曲を手がけられますが、バンドのメンバーとはどういうふうに曲を作っていくのですか?

しのさき:これもいつもバラバラです。今回の“白日夢”はパソコンの音楽作成ソフトを使って、ある程度まで編曲してメンバーに渡しました。パーカッションや基本のリズムみたいなものは入れておいて、やってほしい感じを伝えた上でアレンジしてもらってます。

―宇宙人って、デビュー当初は顔を出さないバンドというイメージでしたが、『珊瑚』ぐらいからしのさきさんが顔を出してますよね。心境の変化があったのでしょうか?

しのさき:だんだん謎のバンドというイメージが付き始めてるらしいと知って、1つのイメージで固まると聴いてもらえなくなるんじゃないかと思ったので、普通でいくことにしました。宇宙人は普通のバンドです。

―普通のバンドは、自分たちのこと普通って言わないですよ(笑)。でも、テーマに合わせて作るということは、自分の想いや考え方を世に訴えたいという気持ちで曲を作っているわけではないんですね。そういうわけで、最初はあまりメンバーが表に出てこなかったのかもしれないですね。

しのさき:確かに、自分のことを出したいとは思ったことはないです。やれと言われればやるけど、たぶんオッケーが出ないと思います。笑いに走るから(笑)。

―しのさきさんの中心にあるのは、笑いだけなんですね。泣ける話やつらい話にはいかないんですか?

しのさき:日常にそういうことがまず起きないので、笑いくらいしかないです。でも、犬や猫は苦手です……なので、テーマとして出されたら困ります。動物園は好きですし、アニメの犬は大丈夫なんですけど。熱帯魚も好き。

―つまり、近寄ってこられる可能性のある動物が苦手なんですね。しのさきさんは、好き嫌いの判断が明確だし、その判断基準が個性的で、強みになっていると感じます。

しのさき:好きか嫌いか、それしかないですね。音楽についてもそう。

―自分の曲も最終的に「好き」と言えるようになるまで作っていくんでしょうか。それがうまくいかないときはどうしますか?

しのさき:うまくいかなかったことがないので、わからないです(笑)。作っていて悩むこともほとんどありません。今回は、Bメロの歌詞で、擬音語を使う部分にこだわりを持ったので、その擬音探しが難しかったけど、それを探すのも楽しかったですね。

Page 2
前へ次へ

リリース情報

宇宙人×ASA-CHANG&巡礼×押見修作<br>
『白日夢』
宇宙人×ASA-CHANG&巡礼×押見修作
『白日夢』

2013年10月6日からiTunes Store・レコチョク他で配信限定リリース
1. 白日夢

宇宙人<br>
『惡の華』(CD)
宇宙人
『惡の華』(CD)

2013年5月22日発売
価格:1,200円(税込)
KICM-1453

1. 惡の華
2. 砂漠の鎮魂歌
3. 惡の華(歌無し)
4. 砂漠の鎮魂歌(歌無し)

https://www.cinra.net/uploads/img/interview/in_1310_shinosaki_cd3.jpg
https://www.cinra.net/uploads/img/interview/in_1310_shinosaki_cd3.jpg

2013年6月26日発売
価格:1,800円(税込)
KICS-1916

1. 花 - a last flower
2. 惡の華 - 仲村佐和
3. 惡の華 - 春日高男
4. 惡の華 - 佐伯奈々子
5. 惡の華 - 群馬県桐生市
6. 花 - a last flower
7. 惡の華 - 仲村佐和
8. 惡の華 - 春日高男
9. 惡の華 - 佐伯奈々子
10. 惡の華 - 群馬県桐生市
11. 光蘚(Base Ball Bear)

『惡の華』第3巻(Blu-ray+CD)

2013年10月2日発売
価格:6,300円(税込)

プロフィール

しのさきあさこ / 宇宙人(うちゅうじん)

作詞、作曲家、シンガーソングライター。高校生時代よりソロ、バンドにて音楽活動を行う。2012年、バンド「宇宙人」のボーカルとして、ミニアルバム「慟哭」(キングレコード/スターチャイルド)でメジャーデビュー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

蓮沼執太&ユザーン“ベーグル”

今年5月15日に渋谷WWWで開催された『蓮沼執太&ユザーン プレイ・ツートーン』で初演された“ベーグル”。当初はこのイベントのみの披露予定で作られたものだったが「もう一度聞きたい」という強いリクエストにより録音、今回のPV公開となった。ハドソン川や公園、デリなど、NY・ブルックリンの日常風景が心地よい。(宮原)