特集 PR

大根仁と関和亮に教えてもらう、映像業界のあんな事やこんな事

大根仁と関和亮に教えてもらう、映像業界のあんな事やこんな事

インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:豊島望

僕が人に勝てることは何か? その1つは、楽曲やアーティストへの愛情。どんなMVでも、楽曲とアーティストを愛する気持ちは他の誰にも負けないようにしたい。(関)

―ここまでのお話においては共通項の多いお二人ですが、映像作品自体はそれぞれの個性がありますよね。お互いどういう印象をお持ちですか?

大根:僕はMVが華やかなりし頃に業界に入ったし、若い頃は格好いい映像に憧れますから、僕自身もMVをいくつか撮らせてもらってました。でも、ビジュアル的なセンスが足りなくて、20代でその道を諦めたんですよ。

:ええ? そうなんですか?

大根:そうそう。もちろん今でもMVを作ることはあるけど、自分がやりたいものしかやらないし、例えばこの前やったマキシマム ザ ホルモンのMVも、いろんな映像作家の手を借りて作っているので、僕はクリエイティブディレクター的な立ち位置なんです。


:ああなるほど、そういうことですね。

大根:でも昔からMVを見るのは大好きでね。日本にはその人の時代ってあるじゃないですか。中野(裕之)さんの時代、(坂西)伊作さんの時代、武藤(真志)さんの時代……だいたいMVの1つの「時代」は5、6人のクリエイターで形成されてて、ちょっとずつ入れ替わっていく。そして今の時代においてのトップグループに関さんは間違いなく入っているし、作品もよく見てるんです。

:いや〜……(恐縮)。

大根:明確に関さんの名前を意識したのはサカナクションの“アルクアラウンド”からですけど、児玉(裕一)さんや辻川(幸一郎)さんと並んで、今一番イケてるMVを作る方という認識ですね。なおかつ、作る数も多くてたいしたものだなと。

:涙が出そうです……(さらに恐縮)。

大根:悪い気しないでしょ?(笑)


:大根さん、褒めるの上手いから! 僕にとって大根さんはもう大先輩ですし、いろいろ拝見してきたんですけど……『モテキ』はもちろんのこと、大根さんの作品は見ていていつもドキドキするんですよ。「これは演出の力!」というシーンが随所にある。とても尊敬しています。

大根:そういえば、関さんは自分でカメラ回すの?

:いえ、自分で撮るのは写真だけです。ムービーまでは手が回らなくて。大根さんはご自分で?

大根:僕は作品によってだけど、『モテキ』は回してました。

:凄いですね!

大根:必要に駆られてですけどね。ドラマや映画の現場って、だいたいモニターが中心じゃないですか。モニターの前に監督が座って、その周りでスタッフが見てて、「よーい、スタート」「カット、はいチェックします」っていうのが普通なんだけど、そういう現場はもうナイなと思ったのが『モテキ』のドラマ版で。女優をエロく撮りたかったから、だったら自分で回そうと。まぁ……ハメ撮りみたいな感じですよ(笑)。

:そうか! だから見ててドキドキしたんですね!(笑)

左から:大根仁、関和亮

大根:あと、プロの画角に飽きたということもありますね。だから『モテキ』では、「カット割りをしない」と「モニター排除」と「俺が回す」の3つがテーマだった。なので、役者にも映像チェックはさせてませんね。

:大事なのは空気感ですしね、今いい画が撮れたという。

大根:そうそう。そういうところでいうと関さんのMVは、アーティストとの関係がすごく幸せそうに見えますね。「お仕事」でやってない感じ。

:そうおっしゃっていただけると、とても嬉しいですね。今日、大根さんと登壇させていただいたイベントの中でも、クリエイターや企画にとって大事なのは理屈や技術だけじゃなく、最終的には情熱だという話が出ましたけど、本当にそう。僕が人に勝てることは何か? そのひとつは、楽曲やアーティストへの愛情。どんなMVでも、楽曲とアーティストを愛する気持ちは他の誰にも負けないようにしたいと思っていますよね。ただ……それが1回こっきりで終わることもあるんですが(苦笑)。

大根:うん。

:あれ? あんなに愛し合ったのに、次は……?(笑)

大根:それは、クライアントという名の親がね、あの二人は別れさせたほうがいいと……(苦笑)。

:あぁ……特に僕の商売なんかはお座敷商売のところがあるので。お客様から声が掛かればいろんなお座敷で全力を尽くしておひねりを貰う。それでいいんじゃないかと思うんですよ。

大根:CMなんかは、まさにそれですよね。

:そうですね!

大根:だから僕なんかには、CMは声が掛からない。たぶんコイツは客の言うこと聞かないと思われてるから。僕も芸者意識はあるんですよ? でも芸者の中でも「このお座敷イヤ〜」って言っちゃうタイプだと。

:あははは! でも、そういう娘に限ってモテるんですよね。そしてそうなるためには、さっきの話じゃないですが、自分の武器を1つ持っておいたほうがいいんですよね。

Page 2
前へ 次へ

作品情報

『恋の渦』

2013年10月14日(月・祝)までオーディトリウム渋谷でレイトショー、ほか順次公開
監督:大根仁
原作・脚本:三浦大輔
出演:
新倉健太
若井尚子
柴田千紘
後藤ユウミ
松澤匠
上田祐揮
澤村大輔
圓谷健太
國武綾
松下貞治
配給:シネマ☆インパクト

プロフィール

大根仁(おおね ひとし)

1968年東京都生まれ。演出家・映像ディレクター。 「まほろ駅前番外地」「モテキ」「湯けむりスナイパー」などのテレビドラマ、フジファブリック「夜明けのBEAT」、マキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」などのMV、ロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」などの舞台演出を手掛ける傍ら、ラジオパーソナリティ、コラム執筆、イベント主催など幅広く活動する。監督・脚本を手掛けた映画「モテキ」が2011年に公開し大ヒット。映画監督第二作目となるインディーズ映画「恋の渦」は、連日上映劇場のキャパシティーをオーバーする人気を博し、全国拡大公開中。

関和亮(せき かずあき)

1976年長野県生まれ。1998年トリプル・オーに参加。2000年より映像ディレクターとして活動を始め、2004年よりアート・ディレクター、フォトグラファーとしても活動。現在に至る。PerfumeのPVやアートワークも手掛ける。手がけたおもなミュージックビデオに、柴咲コウ『無形スピリット』、ねごと『カロン』、NICO Touches the Walls『手をたたけ』など。サカナクション「アルクアラウンド」MVにて『第14回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門優秀賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. 鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実 1

    鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実

  2. フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために 2

    フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために

  3. amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える 3

    amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える

  4. 田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う 4

    田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う

  5. 東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開 5

    東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開

  6. 家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び 6

    家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び

  7. フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続 7

    フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続

  8. NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら 8

    NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら

  9. 大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは 9

    大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは

  10. 阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く 10

    阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く