特集 PR

開拓者たちのマイルール 藤原ヒロシ×いとうせいこう対談

開拓者たちのマイルール 藤原ヒロシ×いとうせいこう対談

インタビュー・テキスト
伊藤大輔
撮影:永峰拓也

常に時代の先端を捉え続けるクリエーターである藤原ヒロシといとうせいこう。二人をつなぎとめる言葉は数多く存在する。例えば「ラップ」。彼らは日本語ラップにおける重要グループ、タイニー・パンクスの結成以前より、それぞれDJ、ラッパーとしてシーンの黎明期を支え合った盟友同士。そんな彼らがヒップホップを通過し、1990年代に結成したユニットSUBLIMINAL CALMは、ラウンジテイスト溢れた藤原のサウンドと、ラップを逸脱したいとうの歌で、当時最先端の音楽として話題を集めた。その後、藤原はファッションカルチャーに軸足を移し、いとうは古典芸能の師匠に教えを乞うなど音楽活動から距離を置いている時間もあったが、今年に入って藤原が久々のソロアルバムとなる『manners』をリリース。アルバムオリジナル曲の作詞作曲とボーカルを全曲で務め、SUBLIMINAL CALM結成から20年の時を経て、名曲“かすかなしるし”のカバーも行った。そこで、原曲でボーカルを務めたいとうを招いて、対談を実施。日本語ラップの黎明期からSUBLIMINAL CALM時代の貴重な証言、さらにはお互いが音楽以外のフィールドを行き来しながら編み出している独自の表現方法について、じっくりと語ってもらった。

当時、いろんなクラブで「フェーダーに割り箸がついてる」って話題になったんだけど、それは全部僕の仕業(笑)。(藤原)

藤原:せいこうさんとは、もう何年も話していないですね。

いとう:そうそう、だから今日はいい機会だね。

藤原:『想像ラジオ』(いとうせいこうが16年ぶりに発表した小説)読みましたよ。あの本、ラジオDJが曲を紹介する話じゃないですか? だから次にどんな曲をかけるんだろうっていうのが気になっちゃって、本題の方がなかなか頭に入ってこなくて(笑)。

藤原ヒロシ
藤原ヒロシ

いとう:それ、面白いね(笑)。あの選曲は僕の琴線に触れるような曲ばかりだから、ヒロシも好きだと思うな。

―そもそも、藤原さんといとうさんが出会ったのはいつ頃ですか?

藤原:30年くらい前に、景山(民夫)さんのラジオで会ったのが最初じゃない?

いとう:僕は先に完ちゃん(高木完)と知り合って、ヒロシのことは彼から聞いてた。景山さんがヒロシと僕にラジオのコーナーをくれたんだよね。その頃ポール・ハードキャッスルの“19”って曲が流行っていたから、サンプリングして、僕がふざけて放送禁止用語を聴こえないように、それっぽい発音で流してた(笑)。

藤原:僕が19歳の頃ですね。

いとう:あとはピテカントロプス(桑原茂一が開店した原宿にあったクラブ)の跡地にできたクラブ-DでDJしてたヒロシから、「ブースに入ってマイクを持て」って言われて、ラジオでやったようなことを披露したら、日本語だったからフロアがすごく盛り上がったわけ。たぶんそれが初めてクラブから発生した日本語のヒップホップだったんじゃないかな。

いとうせいこう
いとうせいこう

藤原:その頃に車椅子にのって、ラフォーレ原宿でライブやりましたよね?

いとう:……思い出した! あれはすごかった。確か政治家をパロって車椅子に乗ってライブをやることになったんだけど、車椅子でウィリーした状態でピタって止まれるようにしようって(笑)。

藤原:そのためだけにリハスタに入って練習しましたよね(笑)。この間、海外の空港にたまたま車椅子が置いてあったからチャレンジしたんですよ。係の人に怒られましたけど、ちゃんとウィリーできました(笑)。

いとう:(笑)。まだその頃はかすかな日本語がトラックに乗っているくらいで。スクラッチだってヒロシとK.U.D.O.とか数人くらいしかできなかったと思う。日本のヒップホップ誕生前夜、1980年代中盤の話だね。

藤原:ミキサーに横フェーダーが付いていない頃で、スクラッチをするときは縦フェーダーを使ってたんですよね。フェーダーを上まであげ切っちゃうと音が割れるから、途中でフェーダーが止まるように割り箸を貼り付けてやってました。だから当時、いろんなクラブで「フェーダーに割り箸がついてる」って話題になったんだけど、それは全部僕の仕業(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

藤原ヒロシ<br>
『box of manners』初回生産限定盤(2CD)
{藤原ヒロシ
『box of manners』初回生産限定盤(2CD)

2013年10月16日発売
価格:8,400円(税込)
AICL-2590〜2592

[DISC1]
1. colour
2. sophia
3. getting over you
4. f.o.
5. discourse
6. solfa
7. 1978
8. stasi
9. horizon
10. この先に(2013ver.)
11. かすかなしるし
12. june
[DISC2]
1. solfa(rehearsal session)
2. f.o(rehearsal session)
3. june(rehearsal session)
4. sophia(tsk nu disco Mix)
5. horizon(DUB MIX)
6. かすかなしるし(molmol DUB MIX)
7. Henry
[特典]
・Handkerchief(by uniform experiment(SOPH.)×fragment design)
・Tissue(fragment logo入り)
・fragrance dog tag(by retaW×fragment design)
・usb memory(fragment logo入り)

藤原ヒロシ<br>
『manners』通常盤(CD)
藤原ヒロシ
『manners』通常盤(CD)

2013年10月16日発売
価格:3,000円(税込)
AICL-2593

1. colour
2. sophia
3. getting over you
4. f.o.
5. discourse
6. solfa
7. 1978
8. stasi
9. horizon
10. この先に(2013ver.)
11. かすかなしるし
12. june

書籍情報

いとうせいこう<br>
『想像ラジオ』
いとうせいこう
『想像ラジオ』

2013年3月5日発売
著者:いとうせこう
価格:1,470円(税込)
発行:河出書房新社

プロフィール

藤原ヒロシ(ふじわら ひろし)

音楽プロデューサー、アーティスト。80年代からDJを開始。高木完とのヒップホップユニット、タイニー・パンクスで活躍し日本のヒップホップの黎明期を支える。90年代からは音楽プロデューサー、作曲家、アレンジャーとしても活動の幅を広げ、小泉今日子やUAを始めとしたアーティストに楽曲を提供。2011年よりYO-KINGとのユニットでもあるAOEQやソロとしての活動を開始。その他にもファッションアイコンとしても知られ、音楽、ファッション、カルチャーの最先端を牽引する存在としても支持を集める。最新のソロ・アルバム『manners』は自身でボーカルも務める意欲作となった。

いとうせいこう

俳優、小説家、ラッパー、タレントとさまざまな顔を持つクリエーター。雑誌『ホットドッグ・プレス』の編集者を経て、1980年代にはラッパーとして藤原ヒロシらとともに最初期の日本語ヒップホップのシーンを牽引する。その後は小説『ノーライフキング』で小説家としてデビュー。独特の文体で注目され、ルポタージュやエッセイなど多くの著書を発表。執筆活動の一方で宮沢章夫や竹中直人らと数多くの舞台・ライブをこなすなど、マルチな活躍を見せている。近年では音楽活動も再開しており、口口口やレキシ、POMERANIANS、Just A Robberなどのレコーディングにも参加している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)