特集 PR

坂本龍一が想像する、新しい時代のアート、環境、ライフ

坂本龍一が想像する、新しい時代のアート、環境、ライフ

インタビュー・テキスト
島貫泰介
インタビュー撮影:丸尾隆一

現在、個展『ART-ENVIRONMENT-LIFE』を、山口情報芸術センター[YCAM]で開催中の坂本龍一。「アート」「環境」「ライフ」をテーマにした3つの大型インスタレーションの展示を中心として、会期中には能楽とのコラボレーションイベントも行われたが、そこには美術の枠組みを超えて、新しい時代の「アート」「環境」「ライフ(生命、生活)」を考えたいという坂本のビジョンが反映されている。急速に発達した情報技術によって結ばれるSNSなどの新たなコミュニティー、そのなかで生まれる新たな思想。それは、21世紀を生きるための術と思考法を指し示しているかもしれない。スペシャルコンサートとトークイベントのために山口を訪れた坂本に、本展の魅力、これからのアートの姿について聞いた。

今まさにインスタレーションという表現方法に大きな可能性を見い出しつつあるところです。今まで使ってなかった脳の部分が活性化されて、次々とアイデアが浮かんでいる(笑)。

―2013年から今年にかけて、山口情報芸術センター[YCAM]で行なわれた『YCAM10周年記念祭』に、総合アーティスティックディレクターとして坂本さんは携わってこられましたが、その大トリの企画が現在開催中の個展『ART-ENVIRONMENT-LIFE』になります。1年以上に及ぶ長期間のディレクションをされてきて、坂本さんは今回の『10周年記念祭』をどのように振り返ってらっしゃいますか?

坂本:最初にYCAM主任キュレーターの阿部さんから依頼されたとき「なんで僕に頼むのかな?」って思ったんですよ。僕はメディアアートの人ではないし、一般的に音楽家が空間デザインに強いかと問われれば、ちょっと疑問ではある。だけど、とても良い機会を与えてもらったなと思っていて。自分の勉強にもなったし、YCAMや山口の歴史や文化も深く知ることができて、土地との縁が本当に深まりました。

山口情報芸術センター[YCAM]
山口情報芸術センター[YCAM]

―YCAM InterLab(YCAMの研究開発チーム)との協働作品が個展に展示されていますね。また、昨年11月には山口市内にある野田神社でインスタレーションライブも行われました。

坂本:僕がサウンドインスタレーション的なことをやり始めたのが2000〜01年くらい。それ以降、アイデアを思いついたり、展示を依頼されたりする中で発展させてきたのですが、今回の個展では3つのインスタレーション作品を同時に展示するということで、特に集中的に取り組むことができました。この経験は非常に重要で、今まさにインスタレーションという表現方法に大きな可能性を見い出しつつあるところです。今まで使ってなかった脳の部分が活性化されて、次々とアイデアが浮かんでいる(笑)。

―それは楽しみですね。

坂本:インスタレーションを実現するには優秀なスタッフと場所が不可欠で、個人で作り上げていくことはまずできない。ですから、YCAMの優秀なスタッフ、そしてハードウェアもソフトウェアも作れるYCAMの環境にはぜひ今後もご厄介になりたいと思っています(笑)。去年と今年は、たくさん山口に来ましたから「もう当分来なくていいです」って言われたらどうしようと思っているんですけど、ぜひまた呼んでほしいです(笑)。

坂本龍一
坂本龍一

都市型の生活をしながら、自然や宇宙といった世界を知覚させてくれる窓のようなものがテクノロジーだと僕は思っています。

―今回の作品の特徴として、YCAM内のギャラリーだけでなく山口市内、さらに海外にまで広がっていくような空間性があります。たとえば『Forest Symphony』は、札幌、オーストラリアなど世界各地に点在する樹木が発する生体電位を計測・受信し、音に変換してギャラリー内を満たしていました。そういった自然や空間との関わりを、坂本さんはどのように捉えながら今回の展示を作られたのでしょうか?

坂本:メディアテクノロジーを使ったインスタレーションや音楽は、僕にとって自然や宇宙を知覚するための窓なんです。実際にその場に行ければいいんですけど、自然の中に住むっていうのは大変ですし、そもそも宇宙なんてなかなか行けない(笑)。それでもいつも世界を感じていたい、知覚していたい、自然の変化に敏感でいたい、と僕たちは思うわけですよね。都市型の生活をしながら、世界を知覚させてくれる窓のようなものがテクノロジーだと僕は思っています。そして、窓であると同時に庭でもあるのだと思います。

坂本龍一+YCAM InterLab『Forest Symphony』
坂本龍一+YCAM InterLab『Forest Symphony』

―昨日行われた、高谷史郎さん、浅田彰さん、阿部さんとのトークイベントでも「庭」についての言及がありましたね。

坂本:この取材部屋からも小さな庭が見えますよね。僕はよく「庭とは何だろう?」と考えるんです。自然の模倣のようでもあり、1つの創作の様相でもある。しかも、庭の変化というのは自然が勝手に起こしていくもので、作庭家が500年前に構想した木の高さや草の色とはもうとっくに違っているかもしれない。庭もまた、世界を知覚する窓のような存在なのだろうと思います。

―世界各地にはさまざまな形態の庭がありますが、坂本さんが想定されているのは日本の庭でしょうか?

坂本:そうですね。日本の庭は自然っぽくあるけれど、じつは自然そのものではなく巧妙に設えられた人工的なものであり、何世紀にもわたる自然の変化があらかじめ組み込まれた一種のインスタレーションとも言える。その意味では、あらかじめ即興的な要素が組み込まれた芸術である「能」にも近いかもしれません。庭も能も、同じ室町時代に発達して、禅的な要素を共有していますね。

Page 1
次へ

イベント情報

『坂本龍一「ART-ENVIRONMENT-LIFE」』

2013年11月1日(金)〜2014年3月2日(日)
会場:山口県 山口情報芸術センター[YCAM]スタジオB
時間:10:00〜19:00
休館日:火曜(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日
料金:無料

プロフィール

坂本龍一(さかもと りゅういち)

音楽家。1952年生まれ、米国ニューヨーク州在住。YMO散開後、数々の映画音楽を手がけ、作曲家として世界的な評価を得つつ、常に革新的なサウンドを追求している。オペラ『LIFE』以降、環境・平和・社会問題への言及も多く、2007年には「moretrees」を設立。2011年東日本大震災復興支援プロジェクトとして「こどもの音楽再生基金」「www.kizunaworld.org」など、さまざまな活動を続ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』