特集 PR

新しいもの作りのためのこれからの組織論 石田祐康×田中淳一対談

新しいもの作りのためのこれからの組織論 石田祐康×田中淳一対談

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望

憧れの男子への告白が、一転して猛スピードの大活劇に変化する短編アニメーション『フミコの告白』の登場は衝撃だった。個人制作の域を遥かに超えたハイクオリティーの映像世界を実現させたのは、当時まだ21歳の大学生だった石田祐康。2000年代初頭に始まった自主制作アニメの潮流が、ついに新しいステージに突入したと直感させる本作を作った石田は、その後コンスタントに新作を発表してきた。そんな彼の最新作がまもなくウェブで公開された。ファスナー事業などで知られる企業YKKとのコラボレーションから生まれた『FASTENING DAYS』は、近未来の都市を舞台に少年少女の大活躍を描く。『フミコの告白』の疾走感、緻密な空間描写はさらにパワーアップし、誰もが懐かしさと興奮を喚起される11分間の傑作が誕生したのだ。

今回、次回作の準備で多忙な毎日を過ごす石田と、『FASTENING DAYS』のプロジェクトを仕掛けたクリエイティブディレクターの田中淳一の対談をお届けすることになった。二人が本作にかけた想いとこだわり。アニメーション制作の未来予想図。そしてクリエイティブシーンの変化など、さまざまな話を伺った。

日本のアニメのポテンシャルをもっと多角的に見せたいと思ったんです。(田中)

―ウェブ公開に先駆けて『FASTENING DAYS』全編を見せていただいたのですが、ファスナーを駆使するスーパーヒーローというアイデア、石田さんの『フミコの告白』から正統進化した演出や画作りなど、とても豊かな内容でした。そもそもこのプロジェクトが立ち上がった経緯はなんだったのでしょうか。ファスナーなどを扱うYKKとのコラボレーションですよね?

田中:YKKと言えば、ある程度上の世代にはファスナーの会社と認知されていると思うのですが、若い人からするとあまりはっきりとしたイメージが持たれていないんですよね。YKKさん自体、B to B(企業間の商取引)を主力にして事業展開されているので、今まで積極的にCMを作ってこなかった。でも、もっと若者に企業活動を知ってほしいということで、実は一昨年まで『東京ガールズコレクション』にもYKKさんは協賛されていたりして。

―人気モデルとコラボレーションして、オリジナルパーカーを作ったりしていますよね。

田中:今回はより広い射程、つまり世界に向けて発信したいということで、オリジナルのアニメーションを制作して、YouTubeなどの媒体を通して海外にも紹介しようというところから始まりました。

―『FASTENING DAYS』の舞台も、サンフランシスコや東京がミックスされたような近未来的な街並みになっています。

石田:そうですね。既視感がありながらも少し未来にも見えるように、画作りに反映させていきました。

―監督をなさった石田さんに限らず、音楽を砂原良徳さん、エンディングテーマをPerfumeが担当しています。この座組みも「グローバル」を狙ってのものですか?

田中:そうですね。砂原さんの音楽には未来感があるのでこの作品の舞台とも合うと感じましたし、普段はアニメと別の場所で活躍されている方なので、新鮮で面白い取り組みになるんじゃないかと思いました。Perfumeもつい先日、全米デビューしたばかりのタイミングだったのでお願いしたいなと。作品自体は、当初はもっとエッジの強い内容にする構想もあったんです。マッドハウス系(アニメーション企画・制作会社)というか。

左から:石田祐康、田中淳一
左から:石田祐康、田中淳一

―たしかにマッドハウスは海外で特に有名ですよね。『獣兵衛忍風帖』『アニマトリックス』を監督した川尻善昭さんはカルト的な人気があります。

田中:アクション重視でキメキメの感じですよね。僕も大好きです。でも、今回は日本のアニメのポテンシャルをもっと多角的に見せたいと思ったんです。もちろんエッジは鋭くて若い人にグサっと刺さりながらも、子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで広く受け止められる包容力を持った作品。そこでパッと頭に浮かんだのが石田監督でした。『フミコの告白』はもちろん見ていたけれど、ちょうど企画の立ち上げ時が『陽なたのアオシグレ』が公開されるというタイミングで劇場に走ったんですよ。そうしたら、石田監督らしい疾走感溢れる演出がさらにパワーアップしていて「これだっ!」と。

石田:ありがとうございます(照)。

―『FASTENING DAYS』にはこれまでの石田さんの作品を彷彿させるモチーフが登場する一方、今まではなかった「未来感」を強く感じます。田中さんからのオーダーを、石田さんはどのように打ち返したのですか?

石田:たしかにこれまでの舞台は、過去か現在でしたよね。どこかレトロ感を感じられるというか……。そもそも僕は古いものが大好きで、最近北海道へ旅行に行ったのですが、それも「北海道開拓の村」という明治期の街並を再現した場所を訪ねるのが目的だったほどで(笑)。だから田中さんからお話をいただいたときには「未来か……!」って驚きました。しかもアイデア自体、「ファスナーで街を飛ぶ」とか、「猛スピードで走るハイテク車椅子」とか、奇想奇天烈なもので。

『FASTENING DAYS』より
『FASTENING DAYS』より

田中:せっかく一緒にやるからには見たことのないものが見たいと思ったんです。プロットの段階から何度も話し合いを重ねて、詳細を詰めていきましたね。原案シナリオは僕が書いていて相談しながら作り込んでいくことになるだろうと思っていたのですが、シナリオの時点で、監督からすぐに「これで行きましょう!」とGOサインが出て。個人制作を主に行っている映像作家には、こだわりの強いアーティスト型の才能が多いので手応えと大変さが両方あるものなんです(笑)。でも、石田さんとのやり取りはかなりスムーズで、新しい感性の登場を強く感じました。

Page 1
次へ

作品情報

『FASTENING DAYS』

2014年10月30日(木)公開
監督:石田祐康
制作:Studio Colorido
原案・脚本:田中淳一
音楽:砂原良徳
エンディングテーマ:Perfume“Hurly Burly”

プロフィール

石田祐康(いしだ ひろやす)

アニメーション作家。スタジオコロリド所属。京都精華大学マンガ学部アニメーション科卒業。在学中の2009年に発表した自主制作作品『フミコの告白』が第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞など数々の賞を受賞。2011年、同大学の卒業制作として発表した『rain town』も第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞などを受賞。2011年~2012年は、映画『グスコーブドリの伝記』の制作に参加。2013年、『陽なたのアオシグレ』が劇場公開。

田中淳一(たなか じゅんいち)

クリエイティブディレクター / コミュニケーションデザイナー / コピーライターとして広告会社アサツーディー・ケイで活動。自動車、ゲーム、飲食品などの大手メーカーのCMなどを手がける。ADFEST、釜山国際広告祭、毎日広告デザイン賞などで多数受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル