特集 PR

思考のスイッチがONになる、イスの概念を覆した20脚の教え

思考のスイッチがONになる、イスの概念を覆した20脚の教え

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:永峰拓也

感性が刺激される芸術と文化の秋。10月17日から六本木・東京ミッドタウンで開催される『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH』も、そんなイベントの一つ。今年は「デザインのスイッチ」をテーマに、各界のクリエイターや研究者による青空教室など、多彩な企画が予定されている。

さて、その中でも特にイチオシなのが『スワリの森』だ。木々に囲まれた芝生広場に、多彩なかたちのイスが登場し、不思議な憩いの空間が現れる。けれども、単なる休憩のスペースでもないらしい。アーティストやデザイナーが制作したイスに腰掛けてみたり、いろんな仕掛けを体感してみたりすることで、さまざまな「気づき」を得ることができるという。そこで今回は、同企画のディレクションを担当したクリエイティブディレクターの古屋遙さん、「科学の楽しさをすべての人に」を合言葉にワークショップなどを行うガリレオ工房の稲田大祐さんをお招きし、『スワリの森』が目指すものを聞いた。デザインと科学が出会うことでONになるスイッチとはいったい何だろう?

今回はイスのビジュアルの先入観から一旦離れて、「座る」というアクションの原点に立ち返ろうと思ったんです。(古屋)

―今年で8回目を迎える『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH』では、古屋さん、そして稲田さんが参加されているガリレオ工房が『スワリの森』のディレクションと科学監修を担当してらっしゃいます。東京ミッドタウンの芝生広場に一風変わったイスが何脚も登場すると聞いたのですが。

稲田:『DESIGN TOUCH』の今年のテーマが「デザインのスイッチ」で、「科学」を使ってスイッチをONにする、というお題をまず初めにいただいたんです。それで電車に乗っているときに「どうしようかな? 何しようかな?」と考えていて思いついたのが、「座る」というアイデアでした。

―電車の座席で「座る」ことについて考えたんですね。

稲田:座っているときって、からだは休憩していますよね。逆に歩いているときはからだを使っている。じゃあ、休んでいるときに、頭を使ってもらったらどうなるだろうと思って。

―うーん。歩いてるときだって、頭は使いますよね?

稲田:そうですね。でも例えば、街を歩いていると目や耳から情報が次々に入ってきては、すぐに流れていってしまうでしょう。それが、立ち止まることで集中して考えてもらう体勢ができる。つまり、座ることで思考のスイッチがONになる。

左から:古屋遙、稲田大祐
左から:古屋遙、稲田大祐

―なるほど。

稲田:でも、初めから「それでは科学実験して試してみましょう!」と言ってしまうとハードルが高く感じる人もいるかもしれない。そこで、古屋さんたちに加わってもらうことで、もうちょっと柔らかく科学の魅力を伝えることができるんじゃないかと思ったんです。

古屋:私は普段、ARやプロジェクションマッピングのように先端技術を使った空間演出や映像の仕事をする機会が多いんですけど、科学技術が大好きで、科学から学ぶことがとても多いと感じています。ですから今回のお誘いはとても光栄でした。『スワリの森』では5組のアーティストの皆さんとも協力して、約20脚のイスを設置します。

スワリの森俯瞰図
スワリの森俯瞰図

―「座る」というアイデアから始まっていますから、アウトプットの手段として、自然と「イスをデザインする」という流れになったんでしょうか?

古屋:そうですね。でもイスってビジュアルの先入観がとても強いじゃないですか。4本脚で、座面があって、背もたれがある。今回はそのイメージから一旦離れようという話をしました。つまり、イスを作るという考えをストップして、「座る」というアクションの原点に立ち返ろうと。なので、一見してイスには見えないようなバラバラなかたちの作品が登場するんです。

―デザイナーの鈴木康広さんや、建築家の大西麻貴さん、百田有希さんなど、バラエティー豊かな顔ぶれに期待が高まりますね。ところで、個人的に一番気になるのは、どのイスがデートにオススメなのかということなんですが。

古屋:科学的に恋愛に有利なイスといったらどれでしょうか、先生。

稲田:『ハートバランス!イス』がオススメですね。

古屋:2人以上で座らないとバランスが取れないイスですね。

ハートバランス!イス
ハートバランス!イス

稲田:日常生活でグラグラする場所に座ることはあまりないですから、このイスに座って2人でバランスを取りながらいろんな話をしてほしいです。結婚間近のカップルだったら「家事は平等にしようね」とか。

古屋:「あら、ちょっと最近太ったんじゃない?」なんて言われちゃう可能性も(笑)。お互いが歩み寄らないとバランスが成立しない状況は、会話を生むきっかけになりますよね。

稲田:デートの会話のきっかけに、シーソーの科学的な話をしたりね。「体重の軽い人はどんどん端のほうに座って、重い人は中心寄りに座るよね。そういえば、あれはテコの支点・力点・作用点の関係だったんだよ!」「そうなんだー!」なんて(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014』

2014年10月17日(金)~11月3日(月・祝)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン各所

プロフィール

稲田大祐(いなだ だいすけ)

NPO法人ガリレオ工房会員。相模女子大学 学芸学部 子ども教育学科 准教授。 科学工作のエキスパートとして、子ども向けの科学教室の講師や本の執筆を行う。稻田醍伊祐の名で、石版画、インスタレーションアートなど造形作家としても活躍。来年3月22日から神田 木ノ葉画廊で「トレタテハンガ」と題し、簡易木平版画作品による個展開催予定。

古屋遙(ふるや はるか)

1986年東京生まれ。ドイツ、イギリスで演劇(空間、映像、音楽、ダンス)の総合演出を経て、広告業界へ。制作会社で、映像等の演出を始め、空間・映像・テクノロジーを組み合わせた企画演出を行い、ファッションショーの演出や、新しい店頭ディスプレイのあり方など、「体験」や「文化創造」に重きを置いた仕掛け・仕組みを作る。2014年7月に独立。フリーランスの演出家としてさまざまな創作活動に携わる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像