特集 PR

Acid Black CherryはV系か?サブカルを取り込んだ独自の哲学

Acid Black CherryはV系か?サブカルを取り込んだ独自の哲学

インタビュー・テキスト
阿部美香

演歌も女性目線の曲が多いですよね、作詞家も歌手も男なのに。どうも男は女性目線で制作すると異常にリビドーが分泌されるんじゃないか。(市川)

武市:ABCは8割から9割が、女性目線からのラブソングというのも特徴的ですよね。考えてみたら、それも男性アーティストとしてはすごいことだと思うんですよ。

市川:yasuがなぜ、わざわざ女子目線にしてしまうのか――わかる気がしますねぇ。ほら、自分のおちんちんを股に挟んで隠して、「いやーん♡」と女児の真似をする『クレヨンしんちゃん』ってお馴染みでしょ。アレって、男の子が絶対一度はやってることで。

武市:え!? 誰でもですか?(笑)

市川:そう、女の子の気分になってみたい願望は誰しもある! ほら、演歌なんてまさに女性目線の曲が多いですよね、作詞家も歌手も男なのに。どうも男は女性目線で制作すると異常にリビドーが分泌されるんじゃないか、と。だからyasuも「女の業」を描くのが上手いんでしょうねぇ。

武市:たしかに、恋愛にのめり込む女性の面倒くさい気持ちを、なぜあんなによくわかるのか? という疑問は持ちますね。

市川:それはね、彼が女性のことが大好きで、今の年齢になるまでずーっと女性の感情や行動を愛をもって観察してきたからこそ、ではないでしょうか。オタクならではの必殺技ですよ!(笑)

―肉食系と思いきや……。

武市:めっちゃエロいと思いますよ(笑)。

市川:yasuのエロには、実はリアリティーがない。

武市:え!? あれ以上にない露骨で赤裸々な表現を用いた歌詞なのに、リアリティーがないと?

市川:そう。「ほらイヤらしいでしょ?」とこれでもかという表現は露骨だけど、男は聴いてもあまり興奮しない。説明が過剰すぎて逆に醒めちゃうのかもしれませんが(笑)。たぶん「照れ」がそうさせているのかはわかりませんが。

武市:照れていたらあんな歌詞は書けなくないですか?

市川:「ロックバンドのボーカリスト・yasu」としてだから、書けるんですよ!

武市:本名の「林保徳」名義じゃ書けないってことですか?

市川:本名のまま書いていたら馬鹿ですわ。

武市:クレジットは本名で書いてますけどね(笑)。でも、歌詞は、Acid Black Cherryのyasuとして書いているってことですね。

市川:そういうこと。「エロいロックボーカリスト」仕様になってるわけですよ。そんなキャラクターを演じていると設定すれば、自分を客観的にペイントすることもできるだろうし、本来の内気な性格でも開放的になれるだろうし。だからアニメ少年が、セル画に色を塗り重ねているようなもんじゃないですかねぇ。丁寧かつ大胆に。

―まさに、RPGの世界ですね。

市川:yasuは自分で自分を過剰に演出することで、バランスが衡れてるんじゃないかなぁ。そもそも昔から、女関係の話をしたことないし。

武市:すっごいまじめなんですよね。ロックスターみたいな感じにファンからは見えているかもしれないですけど、意外と出不精だし。音には人一倍こだわりを持っているし、本当に厳しく向き合う人だし。

市川:だからyasuが絶対できもしないことを全部集めると、「ロックスター」像になるんですよきっと(笑)。

―徐々に、yasuさんのパーソナルなところが見えてきましたね。

武市:yasu、すごいヘッポコじゃないですか!(笑)

市川:駄目駄目ですわ。

今の日本の音楽は、身近すぎる自己啓発ソングばかり。でも歌詞や楽曲の世界観というのは、手の込んだフィクションを見せてなんぼだと思うんですよ。(市川)

武市:(笑)。最近、yasuくんと恋愛観の話をしたとき、「若い頃は、見た目だけにしか目がいかなかったけど、最近は、この子もいつかお婆ちゃんになるんやなぁって思うようになった」って言ってたんです。今作に収録されている“Loves”を聴いたとき、そのyasuくんの言葉を思い出したんですよね。昔は書けなかった歌詞なのかもしれないなぁって。

市川:あー、そりゃ本名仕様の彼ですね。やっぱね、いくらロック者でもやがて自分の年齢が追い付いてくるというか、大人になればなるほど我を忘れるような恋愛はしなくなる――そういうもんだと思いますよ?

武市:なるほど。今作には、Acid Black Cherryのyasuではなく、林保徳が出ているなと感じた歌詞もたくさんありましたからね。そういう意味ではリアルもありますよね。yasuくんはインタビューでもよく言っていますが、10代は女の子に浮気されまくっていたらしいです(笑)。だから、女性目線のときも「愛してほしい」気持ちが、常に表れている気がします。『L-エル-』が最後に訴えるのも「欲しかったのは……愛」ですしね。

市川:だははは。さすがのオチです。「女の業」に関しては完全にフィクションっぽいですけど――だからこそ面白い。そんなフィクション性にこそ、実は真理があるわけで。今の日本のポップソングの歌詞って、なんかもう半径5cmもないような身近すぎるサイズで、しかも身近すぎる自己啓発ソングばかりでしょ。でも歌詞や楽曲の世界観というのは、手の込んだフィクションを見せてなんぼだと思うんですよ。その意味で、ABCというのはとてもいいサンプルだと、僕は思いますね。

Page 4
前へ

リリース情報

Acid Black Cherry『L―エル―』Project『Shangri-la』LIVE盤(CD+DVD)
Acid Black Cherry
『L―エル―』Project『Shangri-la』LIVE盤(CD+DVD)

2015年2月25日(水)発売
価格:5,184円(税込)
AVCD-32241/B

[CD]
1. Round & Round
2. liar or LIAR ?
3. エストエム
4. 君がいない、あの日から...
5. L―エル―
6. Greed Greed Greed
7. 7 colors
8. ~Le Chat Noir~
9. 黒猫 ~Adult Black Cat~
10. versus G
11. 眠れぬ夜
12. INCUBUS
13. Loves
14. & you
[DVD]
1. Greed Greed Greed
2. Murder Licence
3. 楽園
4. 蝶
5. 1954 LOVE/HATE
6. 黒猫~Adult Black Cat~
7. 君がいない、あの日から...
8. Maria
9. so...Good night.
10. ピストル
11. 罪と罰 ~神様のアリバイ~
12. Black Cherry
13. シャングリラ
14. doomsday clock
15. scar
16. SPELL MAGIC
17. 20+∞Century Boys
※コンセプトストーリーブック付き

Acid Black Cherry『L―エル―』Project『Shangri-la』ドキュメント盤(CD+DVD)
Acid Black Cherry
『L―エル―』Project『Shangri-la』ドキュメント盤(CD+DVD)

2015年2月25日(水)発売
価格:4,860円(税込)
AVCD-32242/B

[CD]
1. Round & Round
2. liar or LIAR ?
3. エストエム
4. 君がいない、あの日から...
5. L―エル―
6. Greed Greed Greed
7. 7 colors
8. ~Le Chat Noir~
9. 黒猫 ~Adult Black Cat~
10. versus G
11. 眠れぬ夜
12. INCUBUS
13. Loves
14. & you
[DVD]
・『Project「Shangri-la」』完全密着ドキュメントムービー
・“Greed Greed Greed”PV
・“黒猫~Adult Black Cat~”PV
・“君がいない、あの日から...”PV
・“INCUBUS”PV
※コンセプトストーリーブック付き

Acid Black Cherry『L―エル―』通常盤(CD)
Acid Black Cherry
『L―エル―』通常盤(CD)

2015年2月25日(水)発売
価格:3,240円(税込)
AVCD-32243

1. Round & Round
2. liar or LIAR ?
3. エストエム
4. 君がいない、あの日から...
5. L―エル―
6. Greed Greed Greed
7. 7 colors
8. ~Le Chat Noir~
9. 黒猫 ~Adult Black Cat~
10. versus G
11. 眠れぬ夜
12. INCUBUS
13. Loves
14. & you
※44Pフォトブック付き

書籍情報

『誰も教えてくれなかった本当のポップミュージック論』
『誰も教えてくれなかった本当のポップミュージック論』

2014年4月19日(土)発売
著者:市川哲史
価格:1,728円(税込)

プロフィール

Acid Black Cherry(あしっど ぶらっく ちぇりー)

ロックバンド・Janne Da Arcのボーカリストyasuのソロプロジェクトとして2007年始動。通称ABC。2007年シングル『SPELL MAGIC』でデビュー。現在までシングル19枚、オリジナルアルバム3枚、カバーアルバム3枚をリリース。2012年3月21日にリリースした3枚目のアルバム「『2012』」では自身初のオリコンウィークリーチャート初登場1位を記録し20万枚を超える作品となった。収録曲でもある15枚目のシングル『イエス』は2012年USEN年間J-POPリクエストランキングで1位を獲得し、youtubeの再生回数は865万回を超えるなど、ABCを一般層へと広げたきっかけの楽曲となる。2013年8月からは、「ABCの音楽を通して少しでも笑顔になってくれる人がいるならば、近くに行って唄いたい」という主旨で“Project『Shangri-la』”をスタート。全ての会場がSOLD OUTした全都道府県TOURと、追加公演として行われたアリーナTOURも含め自身最多の18万人を動員。

市川哲史(いちかわ てつし)

1961年岡山生まれ。音楽評論家。1980年に大学時代より『ロッキング・オン』デビュー。1993年に独立して『音楽と人』を創刊。現在では、邦洋ロックのみならずジャニーズや多人数アイドルにまで守備範囲が拡がり、自由な文筆活動を展開。最新作は『誰も教えてくれなかった本当のポップ・ミュージック論』(シンコーミュージック・エンタテイメント刊)。

武市尚子(たけいちなおこ)

1968年12月15日生まれ。愛知県出身。名古屋芸術大学美術学部卒業後、株式会社BIGI GROUPに 勤務し、PINK HOUSE PRESSに所属。退職後、アイドル雑誌の編集を経てフリーライターに。音楽雑誌を中心に、バンド、ソロアーティストを幅広くインタビュー。ライター・編集以外にもラジオ・イベントのMCなども担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」 1

    金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」

  2. WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ 2

    WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ

  3. 堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』 3

    堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』

  4. 『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く 4

    『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

  5. 有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送 5

    有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送

  6. 舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開 6

    舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開

  7. 小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす 7

    小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす

  8. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 8

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  9. 玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真 9

    玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真

  10. 大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催 10

    大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催