特集 PR

ギャラリーに鳥を放つアーティスト・狩野哲郎インタビュー

ギャラリーに鳥を放つアーティスト・狩野哲郎インタビュー

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:相良博昭

美術館やギャラリーに立ち寄ったとき、なぜか鳥の気配がする。「あれ? アートを観にきたはずなのに……」、そんな困惑した体験を提供するインスタレーションを作っているのが、今回ご紹介するアーティスト・狩野哲郎だ。

資生堂ギャラリーで1月から開催されている、『第9回 shiseido art egg』展。3名の入選アーティストによる個展の最後を飾る狩野は、さまざまな素材を組み合わせて、「環境」とも呼ぶべき空間を作り出している。素材は多岐に及び、ゴムホース、電源ケーブル、プラスチック製の食器、スーパーボール、植物、古木、そして鳥。それらが織りなす空間は、ポップさと庭園のような心地良い空気を併せ持つ。命あるものと無機物との協働を促すオルタナティブな庭は、空想上の理想郷にも見えてくる。

だがその背景にあるのは、わかりやすい調和ではなく、むしろ「わからない」ことへの飽くなき探究心だ。1つの確かな結論へ至ることではなく、その手前でさまざまな可能性が並列する状況に関心があると語る狩野は、資生堂ギャラリーの空間にいかなる「環境」を作り出そうとしているのか。

人間とはまったく違う視点、価値観を持った鳥や植物といった存在が、人と同じ空間を認識し直すことに面白さを感じているんです。

―狩野さんの作品というと、本物の鳥が展示空間の中に放されているインスタレーションの印象が強くあります。

狩野:鳥。そうですね。

「Nature / Ideals」2015年 撮影:狩野哲郎 Courtesy of the artist and
YUKA TSURUNO GALLERY
「Nature / Ideals」2015年 撮影:狩野哲郎 Courtesy of the artist and YUKA TSURUNO GALLERY

―「鳥のアーティスト」と言われたら、本意ではないかもしれないですけど。

狩野:鳥自体の存在感が強いですからね。でも、国内で実現できた鳥のいるインスタレーションって限られているんですよ。

―そう考えると、狩野さんの作品は必ずしも鳥に収束するものではない?

狩野:鳥のいないインスタレーションを作るときでも、基本的にルールは共通しているんです。彫刻や絵画としての構成を考えつつ、一方で美術とはまったく別の価値観を同居させること。鳥は後者を実現するための要素の1つですね。

狩野哲郎
狩野哲郎

―実際、インスタレーションの要素は鳥だけではないですね。電源ケーブルやスーパーボールなどと植物を組み合わせ、オルタナティブな自然環境を立ち上げるような作品も展開されています。

狩野:工業製品などの既製品。その真逆とされる石や枝といった自然素材。その中間のようなもの……つまり既製品だったけど、機能が欠けて役割を終えたものとか、半分朽ち果てて自然みたいになっているもの。それらを本来の意味や機能から切り離して、純粋に「かたち」や「色」の構成としてインスタレーションを作っています。造形しているとまでは言いませんが、空間を構成しているんです。

―たとえば鳥は、その空間でどんな役割を担っているのでしょうか?

狩野:人間とはまったく違う視点、価値観を持った鳥や植物といった存在が、人と同じ空間を認識し直すことに面白さを感じているんです。僕が作ろうとしている空間のバランスと、人とは異なる認識方法でそれを捉えるもの、その2つの時間が混ざり合ったような作品を最近のインスタレーションでは展開しています。

「Nature / Ideals」2015年 撮影:狩野哲郎 Courtesy of the artist and
YUKA TSURUNO GALLERY

「Nature / Ideals」2015年 撮影:狩野哲郎 Courtesy of the artist and
YUKA TSURUNO GALLERY
「Nature / Ideals」2015年 撮影:狩野哲郎 Courtesy of the artist and YUKA TSURUNO GALLERY

―人間と違う視点の存在が必要だとすれば、猫や魚でもいいのでしょうか?

狩野:うーん……ちょっと違うかもしれません。猫は陸上で生きる動物だから、人間と視点が近いところにある。魚は水中で暮らしているので環境が違いすぎる。同じ環境の中に生きてはいるけれど、視点が重なり合わない、わかり合うことのできない存在に興味があるんです。

―たしかに、鳥と比べると犬や猫は意思疎通が容易な気がします。

狩野:たとえば鳥の好みそうなエサを配置したとしても、実際にはリンゴが好きなのかミカンが好きなのかまではわからないでしょう。そういった「わからなさ」みたいなものに興味があるんだと思います。僕が鳥や植物に期待するのは、自分の作品の予定調和を崩す、わからない部分をほどよく持っているところなんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『第9回 shiseido art egg 狩野哲郎展「Nature / Ideals」』

2015年3月6日(金)~3月29日(日)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:火~土曜11:00~19:00、日曜・祝日11:00~18:00
休館日:月曜
料金:無料

プロフィール

狩野哲郎(かのう てつろう)

美術作家。1980年宮城県生まれ。2005年東京造形大学造形学部デザイン学科環境デザイン / 都市環境コースを卒業した後、2007年に同大学院造形研究科美術研究領域修士課程 / 絵画コースでMFAを取得。2011年狩猟免許(わな・網猟)取得。主な個展に『自然の設計 / Naturplan』(2011年、ブルームバーグ・パヴィリオン・プロジェクト、東京都現代美術館)、『あいまいな地図、明確なテリトリー / Abstract maps, Concrete territories』(2013年、モエレ沼公園、札幌)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化