インタビュー

ヘタクソでも宿るロックの輝き THE BOYS&GIRLSインタビュー

ヘタクソでも宿るロックの輝き THE BOYS&GIRLSインタビュー

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:田中一人
2015/04/20

このCDにお金を出してくれたやつが、主役になれるような音楽にしたかった。(ワタナベ)

―1stアルバムのタイトルは『バックグラウンドミュージック』ですが、BGMという言葉には、イージーリスニングできる音楽をイメージする人もけっこう多いと思うんですけど、みなさんがこのアルバムで鳴らしている音楽は、ある意味それとは対極と言えるものですよね。向き合わずにはいられない音楽というか。

ワタナベ:確かにそうかもしれない。でも、僕にとってのBGMは、こういう音楽だったから。このタイトルには「この音楽を聴いてる人が主役であってほしい」という気持ちを込めたつもりなんです。たとえば、どこか買い物に出かけるときに、「何か音楽を聴きながら行こうかな」と思うことありますよね? あるいは風呂あがりに何か1曲かけながら眠りに就く人もいる。そうやって誰かの生活の中で音楽がかかろうとしてるとき、俺たちの音楽を選んでくれる人がいたら、僕はその人が主役だと思うんです。つまり、このCDにお金を出してくれたやつが、ちゃんと主役になれるような音楽にしたかった。

―主役は自分たちではなく、リスナーだと。

ワタナベ:そうです。そもそも僕らは自分たちのキャラクターを押し出していくようなバンドでもないと思うので。

THE BOYS&GIRLS

―いやいや、ボイガルの四人は相当に個性が強いと思いますけど(笑)。では、これは四人全員に答えていただきたいんですが、みなさんにとって、最も重要なBGMといえる音楽をひとつ挙げてもらえますか。まずはカネコさんから。

カネコ:ゆずですかね。ずっと聴いてました。

―そもそも弾き語りをやっていたのも、ゆずの影響?

カネコ:そうですね。ゆずがきっかけで音楽を始めました。それにゆずって、ライブのMCがめちゃくちゃ面白いんですよ。「音楽がいいだけじゃなくて、話も面白いって、この人たちズルいわー!」って思ってました。僕、小学生の頃はお笑い芸人になりたかったんです。

―芸人志望だったんですね! ちなみに当時はどんな芸人さんが好きだったんですか?

ワタナベ:底ぬけAIR-LINE(古坂大魔王がかつて組んでいたお笑いグループ)じゃないの?

カネコ:そうそう! 底ぬけAIR-LINEのショートコントをよく真似してました。俺が小学生の頃は『ボキャブラ天国』が流行ってたんです。

ワタナベ:ギターを弾き始めたのも、じつは金谷ヒデユキ(ギターを演奏しながら披露するネタで『ボキャブラ天国』に出演)の影響だったり?

カネコ:いや、そこはあくまでも、ゆず!

―カネコさんの中では、お笑い芸人もミュージシャンも、同じ目線で憧れる対象だったみたいですね。

カネコ:確かにそうですね。単純に面白いことをやってる人が好きなんです。

―そんなカネコさんから見て、ワタナベさんのMCはいかがですか。

カネコ:もう、最高ですよ! シンゴちゃんのMCはめっちゃ笑わせてくれるときもあれば、すごく熱くなるようなことを語り出すこともあったりして、ホント大好きですね。特に最近はめちゃくちゃいい。俺、たまにうしろで泣きそうになってるときもありますから。

ワタナベ:実は、僕はMCをそれほど重要だとは考えてなくて。別にしゃべらなくても、演奏ですごいものが伝わればそれでいいと思ってます。そう言いながらも、一度しゃべりだすと2曲分くらいの時間を使っちゃうんですけど(笑)。でも、自分がしゃべりたいことを全部歌にすることはできないし、ライブの場ではまだ曲にもなってないことも話すことができるから、それも含めてライブの醍醐味かなって。


確かにこのバンドでやってる音楽は、自分が好んで聴くような音楽とは違うはずなんだけど、それでもなぜか「いいな」って思えるんですよね。(ソトムラ)

―では、ソトムラさんにとって最も重要なBGMは何でしたか?

ソトムラ:僕はRIP SLYMEですね。中2の頃に、自分のお小遣いで始めて買ったCDがRIP SLYMEだったんです。それから高校を卒業する頃まで、ずっとRIP SLYMEばかり聴いてました。

―それはラップに関心があったってことですか?

ソトムラ:いや、どちらかといえばトラックの方ですね。リズムが気持ちいいなって。むしろ日本語詞の強い音楽はあまり聴かないんです。

―ボイガルの歌詞はかなり日本語の言葉が強いですが、それについてはどう捉えてますか?

ワタナベ:おお、それは興味深い質問ですね。

ソトムラ:……多分、僕は「波長が合う」みたいなものが好きなんです。それは音楽に限らず、人とか、何でもそう。だから、確かにこのバンドでやってる音楽は、自分が好んで聴くような音楽とは違うはずなんだけど、それでもなぜか「いいな」って思えるんですよね。高校の頃とかも、ロックはあんまり聴いてなかったはずなのに。

―楽器を弾くようになったのはどういうきっかけですか?

ソトムラ:生まれた頃から家にギターがあったんですよ。父親が趣味でバンドをやってて、ギターを集めるのがすごく好きな人なんです。だから、父親は僕にギターをやらせたかったみたいなんだけど、僕は正直全然やりたいとは思えなくて。

―親がやらせたがるものに、子どもはつい反発しちゃうものですからね。

ソトムラ:そうなんですけど、高校生の頃に停学になったときがあって。それで家でやることがなかったから、なんとなくギターを手に取ってみたんです。

ワタナベ:停学になったのをきっかけにギター始めたって、お前めちゃめちゃワルいやつっぽいな!

カネコ:漫画みたいな話だわ(笑)。

―(笑)。ちなみに、今こうしてソトムラさんがボイガルで活躍していることを、お父さんはどんなふうに受け止めてるんですか?

ソトムラ:喜んでるみたいですね。でも、すごくうるさいんですよ。何回かライブも観に来てるし、CDも送ってるんですけど、そのたびに「あのケントボーイズってやつは、もうちょっと上手くならないのか」って言われるんで(笑)。

ケント:(苦笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

THE BOYS&GIRLS『バックグラウンドミュージック』通常盤(CD)
THE BOYS&GIRLS
『バックグラウンドミュージック』通常盤(CD)

2015年4月22日(水)発売
価格:2,916円(税込)
VICL-64189

1. せーので歌うバラード
2. すべてはここから
3. 歩く日々ソング
4. 錆びないダイヤ
5. 二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド
6. メル
7. 今日のうた
8. 24
9. ライク・ア・ローリング・ソング
10. あすなろたち
11. パレードは続く

THE BOYS&GIRLS『バックグラウンドミュージック』完全生産限定盤(CD)
THE BOYS&GIRLS
『バックグラウンドミュージック』完全生産限定盤(CD)

2015年4月22日(水)から北海道限定発売
価格:2,916円(税込)
NCS-10094

1. せーので歌うバラード
2. すべてはここから
3. 歩く日々ソング
4. 錆びないダイヤ
5. 二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド
6. メル
7. 今日のうた
8. 24
9. ライク・ア・ローリング・ソング
10. あすなろたち
11. パレードは続く
12. BGM

イベント情報

viBirth × CINRA presents『exPoP!!!!! volume79』

2015年5月28日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
THE BOYS&GIRLS
雨のパレード
and more
料金:無料(2ドリンク別)

『THE BOYS&GIRLS ワンマン「少年少女のBGM」』

2015年6月26日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:北海道 札幌 COLONY

2015年7月5日(日)OPEN 18:00 / START:18:30
会場:東京都 下北沢 BASEMENT BAR

プロフィール

THE BOYS&GIRLS(ざ ぼーいず あんど がーるず)

2011年3月結成。北海道出身・札幌在住、ワタナベシンゴ(歌)、ケントボーイズ(ギター)、ソトムラカイト(ベース)、カネコトモヤ(ドラムス)による、4人組のロックバンド。彼らがその日々の暮らしの中で紡ぎだしたリアルな言葉たちとわかりやすいメロディーラインは、いったいどこまで歩いていくのだろう。4人の熱い熱いライブパフォーマンスはとにかく必見。そのほとばしる汗と、シャウトと、笑顔が、きっといつかの自分たちを、あの瞬間を、何度だって思い出させてくれる。だれもみな、少年少女なんだ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優