特集 PR

もう自分たちの利益はいらない。後藤正文がアジカンに託した役割

もう自分たちの利益はいらない。後藤正文がアジカンに託した役割

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

アジカンっていうバンドはもう、自分たち以外の利益のために転がしたい。それが今、自分をアジカンに駆り立ててる一番大きなもので、すごくやりがいがある。

―震災以降の後藤さんは、他者に対する意識がものすごく強くなっているように感じます。それは若い世代もバンド仲間もそうだし、今おっしゃったようにメンバーに対しても。周りにとってプラスになることが、自分にとってのプラスなんだという意識が強くなっているんですか?

後藤:それはありますね。アジカンはもう、やることなすことアジカンの利益じゃなくていいと思ってる。それはホントにそう。俺たちはもう十分いろんなことに恵まれてやってきたと思うから、このバンドは自分たち以外の利益、社会的な利益や、友達のバンドの利益のために転がしたい。それが今、自分をアジカンに駆り立ててる一番大きなもので、すごくやりがいがある。ソロでやっても暖簾に腕押しみたいなことが、アジカンでやるとゴリッと動いたりすることもあるからね。その分、ソロは人のことは気にせず、俺がやりたいことに直接的に接続するから、メンバーが「ん?」って思うような曲でもやれるし、そこが確保されたのは自分にとってでかくて、アジカンに向かうときはヘルシーな精神状態で取り組めているなって思います。

ASIAN KUNG-FU GENERATION
ASIAN KUNG-FU GENERATION

―最後にもう一度、「未来」についての話をさせてもらうと、去年東京新聞で、いとうせいこうさんが終戦記念日の対談の中でおっしゃっていたことがすごく印象に残っていて、「今の自分を支えているのは、戦後恥ずかしくないように発言していなければならないという思いです。未来の人から見られていると思って、僕はものを書いています」と。この「未来から見られている」という感覚は、後藤さんの考え方の基盤とすごく近いように思うんです。

後藤:つまり、何を手渡していくかってことだよね。例えば、総理大臣とかが国を代表して発言するときって、我々国民はもちろん、今まで日本人として生きてきた人や、これから生まれてくる人たちも含めて、その代表として言葉を発するべきで、そういう責任は我々にもあると思う。やることなすことすべてにそういう思いを張り巡らすことは難しいかもしれないけど、これから生まれてくる人たちもこの国の人間なんだって考えると、死んだあとは知らないよ、自分たちの世代ですべてを貪り尽くしてもOK、って感覚じゃいけないと思う。だから、最初のバトンの話に戻るけど、「受け渡すものはあるのか?」というのは、自分に常に問いかけてる。一人の市民として考えれば、憲法の問題とかも、未来の世代に手渡すということだし、じゃあ、音楽の現場では何を手渡せるかって考えると、もっといいミュージシャンやプロデューサーにならなきゃいけないし、いろんな場所で語るべき言葉を持っておかないといけない。そういうことは考えますね。

ASIAN KUNG-FU GENERATION

―それはまさに、「未来から見られているような感覚」と言えそうですね。

後藤:もちろん、「今ここ」っていう視点もすごく大事だとは思う。ただ、もっと長いスパンで考えることもすごく大事。何がホントの利益なのかって話で、四半期とかの利益で考えてちゃいけないっていうかね。『NANO-MUGEN FES.』だって、別に自分たちが洋楽のバンドとやって箔をつけたいとかじゃなくて、あれは10年後にいろんな音楽に興味を持つ人たちが増えて根付くことによって、それが音楽周りの利益になると思ってやってたわけで。これからもそういうことをやっていきたいんです。

―今日は最初「Young」っていう話から始めましたけど、それってそのまま「Future」に置き換えられるなって、話しながら思いました。

後藤:ひとえに、子供たちは希望だよね。これから何者にでもなれるんだっていう、そういう可能性を誰しもが持ってるわけで、そこにはちゃんと言葉を投げかけ続けたいし、ある種の「BET」っていうかね、俺たちがやんなきゃいけないのはそういうことなんじゃないかと思う。「教育って、そういうことでしょ?」っていう。曲で何かを教えてやろうなんて思わないけど、俺たちは俺たちで踏ん張って、なるべく悪くないものをどんどん用意するしかない、食いとめていくしかないっていう、そういうイメージかな。

Page 4
前へ

リリース情報

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Wonder Future』初回限定盤(CD+DVD)
ASIAN KUNG-FU GENERATION
『Wonder Future』初回限定盤(CD+DVD)

2015年5月27日(水)発売
価格:3,996円(税込)
KSCL-2587/8

[CD]
1. Easter / 復活祭
2. Little Lennon / 小さなレノン
3. Winner and Loser / 勝者と敗者
4. Caterpillar / 芋虫
5. Eternal Sunshine / 永遠の陽光
6. Planet of the Apes / 猿の惑星
7. Standard / スタンダード
8. Wonder Future / ワンダーフューチャー
9. Prisoner in a Frame / 額の中の囚人
10. Signal on the Street / 街頭のシグナル
11. Opera Glasses / オペラグラス
[DVD]
1. Easter / 復活祭(Music Clip)
2. Standard / スタンダード(Music Clip)
3. Recording Documentary @ Studio 606 & Rock Falcon Studio

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Wonder Future』通常盤(CD)
ASIAN KUNG-FU GENERATION
『Wonder Future』通常盤(CD)

2015年5月27日(水)発売
価格:3,146円(税込)
KSCL-2589

1. Easter / 復活祭
2. Little Lennon / 小さなレノン
3. Winner and Loser / 勝者と敗者
4. Caterpillar / 芋虫
5. Eternal Sunshine / 永遠の陽光
6. Planet of the Apes / 猿の惑星
7. Standard / スタンダード
8. Wonder Future / ワンダーフューチャー
9. Prisoner in a Frame / 額の中の囚人
10. Signal on the Street / 街頭のシグナル
11. Opera Glasses / オペラグラス
※初回デジパック仕様

ASIAN KUNG-FU GENERATION
『Wonder Future』アナログ盤(LP)

2015年6月24日(水)発売
価格:3,780円(税込)
KSJL-6182

1. Easter / 復活祭
2. Little Lennon / 小さなレノン
3. Winner and Loser / 勝者と敗者
4. Caterpillar / 芋虫
5. Eternal Sunshine / 永遠の陽光
6. Planet of the Apes / 猿の惑星
7. Standard / スタンダード
8. Wonder Future / ワンダーフューチャー
9. Prisoner in a Frame / 額の中の囚人
10. Signal on the Street / 街頭のシグナル
11. Opera Glasses / オペラグラス
※完全生産限定

イベント情報

『ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour2015「Wonder Future」』

2015年7月5日(日)
会場:埼玉県 戸田市文化会館

2015年7月8日(水)
会場:群馬県 ベイシア文化ホール

2015年7月11日(土)
会場:栃木県 宇都宮市文化会館

2015年7月18日(土)
会場:神奈川県 横浜アリーナ

2015年7月22日(水)
会場:北海道 旭川市民文化会館

2015年7月24日(金)
会場:北海道 札幌市民ホール

2015年7月28日(火)
会場:愛媛県 松山市民会館 大ホール

2015年7月29日(水)
会場:香川県 サンポートホール高松 大ホール

2015年8月24日(月)
会場:神奈川県 鎌倉芸術館大ホール

2015年8月25日(火)
会場:神奈川県 鎌倉芸術館大ホール

2015年8月29日(土)
会場:石川県 本多の森ホール

2015年8月30日(日)
会場:新潟県 新潟県民会館

2015年9月2日(水)
会場:埼玉県 大宮ソニックシティ 大ホール

2015年9月5日(土)
会場:静岡県 アクトシティ浜松

2015年9月6日(日)
会場:静岡県 富士市文化会館

2015年9月11日(金)
会場:岩手県 大船渡リアスホール

2015年9月13日(日)
会場:福島県 いわきアリオス

2015年9月18日(金)
会場:鹿児島県 鹿児島市民文化ホール第一

2015年9月20日(日)
会場:福岡県 福岡サンパレス ホテル&ホール

2015年9月22日(火)
会場:広島県 上野学園ホール

2015年9月23日(水)
会場:岡山県 倉敷市民会館

2015年9月25日(金)
会場:兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール

2015年10月2日(金)
会場:岐阜県 長良川国際会議場

2015年10月4日(日)
会場:愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール

2015年10月9日(金)
会場:大阪府 オリックス劇場

2015年10月10日(土)
会場:大阪府 オリックス劇場

2015年10月12日(月)
会場:宮城県 仙台サンプラザホール

2015年10月15日(木)
会場:東京都 東京国際フォーラム ホールA

2015年10月16日(金)
会場:東京都 東京国際フォーラム ホールA

2015年10月24日(土)
会場:沖縄県 沖縄市民会館大ホール

料金:各公演5,940円
※3歳以上、要チケット

イベント情報

『ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2015「Wonder Future」- Latin America』

『SUPER JAPAN EXPO』
2015年11月14日(土)
会場:チリ サンティアゴ Movistar Arena

2015年11月15日(日)
会場:ブラジル サンパウロ Teatro Carioca

2015年11月18日(水)
会場:アルゼンチン ブエノスアイレス Teatro VORTERIX

2015年11月20日(金)
会場:メキシコ メキシコシティ Plaza Condesa

プロフィール

ASIAN KUNG-FU GENERATION(あじあんかんふーじぇねれーしょん)

1996年、大学の音楽サークルにて結成。2002年、インディーズレーベルより『崩壊アンプリファー』をリリース。2003年4月、同作がキューンミュージックより異例の再リリースとなり、メジャーデビュー。同年より新宿LOFTにて『NANO-MUGEN FES.』を立ち上げ、2004年からは洋楽アーティストも加わり、会場も日本武道館、横浜アリーナと年々規模を拡大し、2012年の夏には横浜アリーナ2DAYSにて10回目となるフェスを開催した。これまでに7枚のオリジナルフルアルバムをリリース。2013年、デビュー10周年を迎え、9月には横浜スタジアム2DAYSにて、10周年記念ライブを開催。後藤が描くリアルな焦燥感、絶望さえ推進力に昇華する圧倒的なエモーション、勢いだけにとどまらない「日本語で鳴らすロック」でミュージックシーンを牽引し続け、世代を超えた絶大な支持を得ている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催