特集 PR

クリープハイプ×鈴木康広対談 ロックと現代アートの学び合い

クリープハイプ×鈴木康広対談 ロックと現代アートの学び合い

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也

必死に追いかけても全然相手にしてもらえないこともあれば、「もういいや」と諦めたところで近づいてくることもある。音楽をやっていくことに関してもそうですよね。(尾崎)

―実際にコラボしてみていかがでしたか?

鈴木:最初はどうしたらいいかわからなかったんですよね。『まばたきの葉』は12年前の作品だし、コラボレーションと言っても、単に繋げるだけというわけにはいかないじゃないですか。だから、話をもらってから、しばらく曲とは距離を置いてたんです。ただ、曲を聴かせてもらったときに、最初に「なんかいいな」と思ったのはすごく覚えていて。そしてしばらくして、あるとき、歌詞がすごい勢いでドーッと頭に入ってきたんですよね。「あ! これって『まばたきの葉』のことだ! 同じことを言おうとしてる!」って、怖いくらいに思えてきて。

尾崎:ははは(笑)。

尾崎世界観

鈴木:尾崎さんは、なんで僕の作品に興味を持ってくれたんですか?

尾崎:『まばたきの葉』が、曲に寄り添ってくれるというか、曲の意味を説明してくれる気がしたんですよね。“愛の点滅”では、感情の不規則な揺れとか、相手の感情が一定なのにこちらだけぶれていく感じを歌っていて。でも、だからこそ人と人は繋がっていけるっていうことを歌いたくて、それは『まばたきの葉』が表現していることに近いなって思ったんです。『まばたきの葉』の動きも、すごくランダムでコントロールできないものじゃないですか。

鈴木:ひらひらと落ちてくる葉っぱを取ろうと思っても、違う葉っぱが取れちゃったりするんですよね。

尾崎:そう。ミュージックビデオの撮影のときも、落ちてくる葉っぱを取ろうとしても、なかなか取れなくて。けど、取ろうと思ってないときに、簡単に取れたりもする。それって、人に対する気持ちと似てると思ったんです。必死に追いかけても全然相手にしてもらえないこともあれば、「もういいや」と諦めたところで相手が近づいてくることもある。

―尾崎さんが歌うそれは、恋愛に対して? それとも別の意味も含んでますか?

尾崎:音楽をやっていくことに関してもそうですよね。ずっとインディーズから出られなくて、「なんでだろう、クソ!」と思ったりもしたけど、「もういいや、メジャーデビューとか考えず自由にやろう」と思った瞬間に、メジャーから声がかかったり。

鈴木:『まばたきの葉』は、空気という不規則でコントロールできない力によって、色々なところに飛んでいく。それで「出会い」とか「別れ」とかが生まれるわけです。それは、2003年に制作したときには気がつかなかったことなんですよね。音楽という、人の心にダイレクトに訴えかける表現とコラボしたことで再確認できました。僕、ミュージシャンが一番羨ましいと思うんですよ。ライブで観客と向き合って、人の心を掴む感じは、「これ以上の手段はないな」って。現代アーティストが作ってる作品は、展覧会で「展示する」という仕組みに少し油断しているんですよね。「よかったら見てください」みたいな。作者がまだ生きているのに。

鈴木康広

―でも鈴木さんの作品は、鑑賞者が自由に触れられるものも多くて、インタラクティブな要素が強いですよね。

鈴木:そうですね。そこは性格がもろに反映されている気がします。鑑賞してもらうまで待っていられなくて、「ねえねえ見てよ」って声をかけちゃう感じ(笑)。でも、ミュージシャンとして人と向き合っている尾崎さんと会って話をしていると、学べることが多くて、自分の活動の仕方のイメージもまた更新されましたね。まあ、僕がミュージシャンになることはないですけど(笑)。

尾崎:クリープハイプに入ればいいじゃないですか。

鈴木:本当に? 嬉しいな(笑)。

尾崎:鈴木さんは声もいいんですよね。話に耳を傾けたくなる声なんですよ。だから深夜の2時くらいにラジオ番組をやってほしい(笑)。もしくは、『りんごのけん玉』(鈴木の作品の1つ。鈴木はけん玉が得意)でバンドに参加してください(笑)。

左から:鈴木康広、尾崎世界観

アーティストって、特別な脳を持った人が優れたものを生み出してるって思われがちなんですけど、アイデアをカタチにしないと居ても立っても居られないだけなんですよね。(鈴木)

―鈴木さんはよく、気づいたことをノートにスケッチしたりメモしたりしているそうですね。

鈴木康広のスケッチブック 撮影:青木遥香
鈴木康広のスケッチブック 撮影:青木遥香

鈴木:そうですね。僕は脳内のキャパが少ないので、思いついたときにノートに描くことで忘れていってるんです。そうすると、あとから見返したときに「あれ? こんなの描いたっけ?」って思うものがあったりするんですよ。もちろん、自分が描く以外ないんですけど、ノートを開くと描いたことを忘れていたものと目が合う瞬間が面白いんです。『まばたきの葉』の体験そのもののような気もします。

尾崎:僕の場合は、ノートではなく携帯に歌詞を書き込んだり、ボイスメモにメロディーを吹き込んだりしていますね。字が汚いので、手書きだと途中でイヤになってくるんですよ。逆に携帯だと、規則正しく文字が並んでいるのがすごく心地よくて。あと、変換するときに出てくる予測変換の候補から、「ああ、こういう意味もあるな」ってイメージが広がったりもします。

―アイデアって、どんなときに思い浮かぶのでしょうか?

鈴木:思いつこうと思って思いついたことが、ほとんどないんですよね。大体パッとなにかを見て、そこから連想したりとか……シャワーを浴びていたり、電車に乗っていたりするときに思いつくことは多いんですけど、意図的に思いつけたことがない。アーティストって、特別な脳を持った人が優れたものを生み出してるって思われがちなんですけど、その人の脳や体が働きすぎて、アイデアをカタチにしないと居ても立っても居られないだけなんですよね。具現化して、目で見たり誰かと共有したりしないと耐えきれない。尾崎さんも、音楽にしないと自分が大変になるっていうところありますよね?

尾崎:そうですね。嫌なこととか、恥ずかしいこととかがあっても、「歌詞にしよう」と思えるから楽ですね。吐き出す場所があるっていうのは救われる。

Page 2
前へ次へ

リリース情報

クリープハイプ『愛の点滅』青盤 / 初回限定盤(CD)
クリープハイプ
『愛の点滅』青盤 / 初回限定盤(CD)

2015年5月5日(火・祝)発売
価格:1,296円(税込)
UMCK-9734

1. 愛の点滅
2. クリープ
3. すぐに
4. 空色申告

クリープハイプ
『愛の点滅』黄盤 / ユニバーサルミュージックストア限定盤(CD)
クリープハイプ
『愛の点滅』黄盤 / ユニバーサルミュージックストア限定盤(CD)

2015年5月5日(火・祝)発売
価格:1,296円(税込)
PDCS-5916

1. 愛の点滅
2. 喋る(2015年3月21日市川市文化会館)
3. ヒッカキキズ(2015年3月21日市川市文化会館)
4. 目覚まし時計(2015年3月21日市川市文化会館)

クリープハイプ
『愛の点滅』赤盤 / 通常盤(CD)
クリープハイプ
『愛の点滅』赤盤 / 通常盤(CD)

2015年5月5日(火・祝)発売
価格:1,296円(税込)
UMCK-5568

1. 愛の点滅
2. クリープ
3. すぐに
4. 赤の前

イベント情報

クリープハイプ
『全国ホールツアー「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう」』

2015年5月7日(木)
会場:東京都 渋谷 NHKホール

2015年5月8日(金)
会場:東京都 渋谷 NHKホール

2015年5月10日(日)
会場:長野県 ホクト文化ホール・中ホール

クリープハイプ
『「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう」総集編~東京の中心で○○○を叫ぶ~』

2015年5月16日(土)
会場:東京都 日比谷野外大音楽堂

鈴木康広
『鈴木康広展 「近所の地球 宇宙の黒板」』

2015年4月25日(土)~5月17日(日)
会場:福岡県 天神 三菱地所アルティアム(イムズ8F)
時間:10:00~20:00
料金:一般 前売300円 当日400円 学生 前売200円 当日300円

プロフィール

クリープハイプ

2001年、クリープハイプを結成。3ピースバンドとして活動を開始する。2005年、下北沢を中心にライブ活動を活発化。ライブを観たいろんな人から「世界観がいいね」と言われることに疑問を感じ自ら尾崎世界観と名乗るようになる。2008年9月、メンバーが脱退し尾崎世界観(Vo/Gt)の一人ユニットとなる。2009年11月、小川幸慈(Gt)、長谷川カオナシ(Ba)、小泉拓(Dr)を正式メンバーに迎え、本格的に活動をスタート。2012年4月にメジャーデビュー。2014年4月、日本武道館2Days公演を開催。5月5日に、ニューシングル『愛の点滅』をリリース。

鈴木康広(すずき やすひろ)

1979年静岡県浜松市生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒業。日常のふとした発見をモチーフに記憶を呼び起こし共感を生み出す作品を制作。国内外の展覧会をはじめ、パブリックスペースでのコミッションワーク、大学の研究機関や企業とのコラボレーションにも積極的に取り組んでいる。著書は作品集『まばたきとはばたき』『近所の地球』(青幻舎)、『Digital Public Art in Haneda Airport空気の港テクノロジー×空気で感じる新しい世界』(共著 / 美術出版社)。2014年水戸芸術館にて『鈴木康広展「近所の地球」』、金沢21世紀美術館にて『鈴木康広「見立て」の実験室』を開催。「『感じ』をデザイン」と評され、2014毎日デザイン賞を受賞。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科准教授、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)