特集 PR

巨匠の証言バトルで振り返る日本の建築史 石山友美×妹島和世

巨匠の証言バトルで振り返る日本の建築史 石山友美×妹島和世

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望

5月23日から公開が始まる『だれも知らない建築のはなし』は、1970年代から現代に至るまでの日本の建築史を振り返るドキュメンタリー映画である。磯崎新、安藤忠雄、伊東豊雄、ピーター・アイゼンマン、レム・コールハースら国内外建築家、そして建築におけるポストモダンを定義づけた理論家のチャールズ・ジェンクス、日本発の国際建築雑誌『a+u』を発行した中村敏男など、現代建築の半世紀を牽引してきた巨人たちの貴重なインタビューが、潤沢に余すところなく収録されている。

全編にわたり、ほぼインタビュー素材のみで構成されているが、鑑賞を進めていくと、次第に会話劇のような色彩を帯びていくのが同作の特徴だ。海外勢によるあけっぴろげな日本人建築家への批判に対し、やや諧謔的なアンサーを返す伊東や安藤のそれはいかにも日本人的とも言える一方、彼らよりも一回り上の世代にあたる磯崎は、日本古来の宗教観や歴史を踏まえた独自の建築理論によって、特異な存在感を示す。巨人たちの火花散るやりとりのテンションに、建築ファンならずとも手に汗握るだろう。また、建築関係者にとっては、伝説として語られる1982年の国際会議「P3会議」の内幕など、知らなかった事実が次々と明るみになる、垂涎のドキュメンタリーだ。

今回、公開を記念して同作を監督した石山友美監督と、建築家の妹島和世による対談をお送りする。建築家の石山修武を父に持つ石山、伊東豊雄の建築事務所スタッフとしてキャリアをスタートし、現在は西沢立衛と共にSANAAを率いて、国内外で活躍する妹島。それぞれの立場から、日本の現代建築について語っていただいた。

過去の建築史を知る面白さだけではなく、現在まで続く問題として若い人にも受け止めてもらいたかったんです。(石山)

―『だれも知らない建築のはなし』は、2014年の『ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展』の日本館展示に出品されたドキュメンタリー映像がもとになっていますね。妹島さんは両方とも見られていますが、あらためて感想はいかがですか?

妹島:私たちの世代からすると、若い頃わけもわからないでなんとなく知っていたことを、映画を観て「ああ、こういうことだったんだ!」とわかって面白かったです。1982年当時、世界中の名だたる建築家が招集された「P3会議」の内幕をはじめ、建築家としても初めて聞く話が多くて、驚かされつつ、とても楽しめました。今回の映画版は丁寧に整理されて、以前のものより建築史のタイムラインが強くなった印象を受けました。

妹島和世
妹島和世


石山:もとの映像は、ヴェネチア日本館のディレクターを担当された中谷礼仁さんから依頼を受けて制作したものなんです。日本館の展示は、70年代の小住宅にフォーカスする内容だったのですが、その文脈だと、同時期に重要な作品や論考を発表している磯崎新さんをうまく紹介できないというお話があって。

磯崎新『だれも知らない建築のはなし』 ©Tomomi Ishiyama
磯崎新『だれも知らない建築のはなし』 ©Tomomi Ishiyama

―磯崎さんは、都市計画や公共施設などの規模の大きな仕事を多く手がけていますからね。

石山:それで、磯崎さんのインタビュー映像も展示したい、という意図から始まったんです。加えて、70年代は安藤忠雄さんや伊東豊雄さんが海外に出始めようとしていた時期でもありますから、国際的な文脈も映像で押さえたいと。そんなある種のアーカイブプロジェクトとして制作が始まったのですが、それって見ていて面白いものなのかな? と……。

―ひたすら証言を集めてみても、映画としては成り立たないと。

石山:なので何かしらのストーリーラインを付けてあげたら見やすいんじゃないかと思って、70年代以降の建築史に「証言」を当てはめていく構成にしました。さきほどから話に挙がっているP3会議は、「建築の社会的役割」を議論した伝説的な会議ですが、そのテーマ自体は現在まで続いている問題意識だなと感じて。それで映画のはじめに持ってきて、その問いに答える形でそれぞれの人の発言を組み合わせていったんです。

左から:石山友美、妹島和世
左:石山友美

―それで、バトルさながらの会話劇が生み出されていたのですね。そもそも、ヴェネチアに出品した映像を、映画として作り変えようとしたのはなぜですか? きっかけは『イメージフォーラム・フェスティバル』ディレクターの山下宏洋さんからの上映依頼だったそうですが。

石山:それもありますし、ヴェネチアで上映されたものを学生に見てもらったときに、「へー、ポストモダンの潮流があったんだ。P3会議というものがあったんだ」というような感想が多くて。建築史を知る面白さはあっても、現在進行形の問題としては受け止めてもらえなかったんです。それもあって、建築家ではなく、編集者として時代を見てきた二川由夫さん(父、二川幸夫が国際的な建築雑誌『GA』を創刊)のインタビューを追加することで、自分の問題として観てもらいたい気持ちがありました。

Page 1
次へ

作品情報

『だれも知らない建築のはなし』

2015年5月23日(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督:石山友美
出演:
安藤忠雄
磯崎新
伊東豊雄
レム・コールハース
ピーター・アイゼンマン
チャールズ・ジェンクス
中村敏男
二川由夫
配給:P(h)ony Pictures

プロフィール

妹島和世(せじま かずよ)

建築家。日本女子大学大学院修了後、伊東豊雄建築設計事務所勤務を経て、87年に妹島和世建築設計事務所設立。95年西沢立衛とSANAA設立。主な作品に、梅林の家、犬島「家プロジェクト」、金沢21世紀美術館*、ROLEXラーニングセンター*、ルーブル・ランス*等。*印はSANAA 第12回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展総合ディレクターを努める。日本建築学会賞、プリツカー賞など受賞多数。

石山友美(いしやま ともみ)

1979年生まれ。日本女子大学家政学部住居学科卒業。磯崎新アトリエ勤務を経て、フルブライト奨学生として渡米。カリフォルニア大学バークレイ校大学院、ニューヨーク市立大学大学院で建築、芸術論、社会理論を学ぶ。ニューヨーク市立大学大学院都市デザイン学研究科修士課程修了。在米中に映画制作に興味を持つようになる。監督デビュー作『少女と夏の終わり』は第25回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門公式出品。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を