特集 PR

「反抑圧」を掲げる上坂すみれによる、マジメな下ネタ談義

「反抑圧」を掲げる上坂すみれによる、マジメな下ネタ談義

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:豊島望

そもそも「下ネタ」って何だろう。本稿に取りかかる際にふとそんなことを思い立ったのが間違いだった。何の気なしにインターネットで「下ネタ」と検索をかけてみると、次々に出てくる、とんでもなく低俗で卑猥な言葉の数々。ブラウザに表示されたその一つひとつに目を通しては、そのくだらなさに笑い、私は下ネタの定義を確認するまでもなく、改めて実感する。我々の生きる世界は、こんなにもしょうもない下ネタで溢れているのだな、と。

テレビアニメ『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』(以下『下セカ』)の舞台は、そんな性的な言葉が禁じられた時代なのだという。そしてそのエンディングテーマとなるのが、上坂すみれの新曲“Inner Urge”だ。このタイトル、直訳すると「内側から湧き出る強い衝動」といったところだろうか。その「衝動」が一体何を意味するのかは、もはやここで確認するまでもないだろう。1980年代のエレポップを思わせるアッパーな曲調に乗せて、上坂はこんなことを歌っている。<「ヨクセイ」の中には「セイヨク」が潜んでいる><「キセイ」のなかには「セイキ」が隠れてる>。法によって言論統制された日本に下ネタをしかけるテロ集団「SOX」。『下セカ』で描かれるこの世界観は、我々の生きる現代社会とも決して無関係ではないだろう。いや、もしかすると『下セカ』の物語には、「共産趣味」を掲げる上坂の活動コンセプトと重なる部分も、少なからずあるのではないか。そこで上坂にさっそく1年ぶりの取材を敢行した。テーマはもちろん「下ネタ」。念のため断っておきますが、とても真面目なインタビューです! では、どうぞ。

これはあくまでもイメージなんですけど、下ネタが言える女子って、けっこうコミュ力が高い人だと思うんです。

―今回の新曲が届いたとき、率直にどう思われましたか?

上坂:まず、曲調がすごく好みでした。きらびやかなディスコっぽい感じが、すごくいいなと。それでさっそく歌の練習をしようと思って、歌詞に目を通してみたんです。そうしたら「何これ!」みたいな(笑)。

上坂すみれ
上坂すみれ

―あははは。さすがにこれはビックリしますよね。

上坂:予想の斜め上をいくような歌詞でした(笑)。でも、楽曲を受け取った時点でアニメの物語はひと通り知っていたので、「なるほど」とも思って。『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』(以下『下セカ』)は、ヒロインの子がとにかく下ネタを真面目に言いまくるんですが、この曲もかっこいい曲調で真面目に下ネタを歌ってるから。

―『下セカ』には、上坂さんも声優として出演されているんですよね。演じた月見草朧(つきみぐさ おぼろ)はどんなキャラクターなんですか?

上坂:私がやらせていただいたのは、生徒会長のアンナさんの部下みたいな子です。だから、キャラ的には下ネタ反対派なんですけど、その一方で上坂名義ではものすごくはっちゃけた歌を歌っているという(笑)。

―演じた役とは正反対の立場で歌っているわけですね。実際、“Inner Urge”には下ネタ的な内容も含まれているわけですが、上坂さん自身は普段の会話でそういう表現を使うことってありますか?

上坂:これはあくまでもイメージなんですけど、下ネタが言える女子って、けっこうコミュ力が高い人だと思うんですよ。つまり、男子とも仲が良くて、ちょっとくらいのデリカシーのなさにも対応できる人。あるいは下ネタが及ぼす効果も知ってるし、それを使うべきところもわきまえてる人というか。そもそも下ネタって、諸刃の剣みたいなところがあるじゃないですか? たとえば、会話を盛り上げるために下ネタが使える人もいるけど、使い所をわきまえてない人がそれをやると、セクハラになっちゃう可能性もあるわけで。でも、私はそういうことをあまり学んでこなかったので…。

―下ネタへの免疫があまりなかったということ?

上坂:私、女子校育ちなんです。それに家ではテレビの取り締まりも厳しかったので、それこそ『クレヨンしんちゃん』とか、子ども向けの下ネタが載っている『コロコロコミック』系の漫画なんかもあまり読まなかったので、下ネタはけっこう遠い存在です。

―なるほど。一方で上坂さんが好きな1980年代のアニメやドラマには、けっこう露骨な描写が出てきますよね。それこそリアルタイムの作品よりも過激なものは多かったと思うのですが。

上坂:そうですね。たとえば『装甲騎兵ボトムズ』(1983年)なんて、ヒロインの裸体が今のアニメみたいな表現じゃなくて、ぜんぶ直球で描かれてる。あと、私が大好きな『江戸川乱歩の美女シリーズ』(1977~1994年の17年にわたり『土曜ワイド劇場』で放送された)も、毎回お決まりのようにシャワーシーンがあって、これが毎週土曜9時のお茶の間に届けられていたのかと思うと、ホントにすごいなって。「え、ここでお風呂?」みたいな(笑)。一人で見ているのに、ちょっと緊張しちゃって。

―「こんなの見てることがバレたらやばい!」みたいな(笑)。

上坂:「父母に叱られちゃう!」って(笑)。私、往々にしていい子だったので。スポーツ新聞のちょっとエッチな広告欄とかも、「こんなの絶対にいけない! 教育に反する!」みたいな感じだったんです。

Page 1
次へ

リリース情報

上坂すみれ 『Inner Urge』初回限定盤(CD+DVD)
上坂すみれ
『Inner Urge』初回限定盤(CD+DVD)

2015年7月22日(水)発売
価格:1,836円(税込)
KICM-91617

[CD]
1. Inner Urge
2. ツワモノドモガ ユメノアト
3. Inner Urge(off vocal ver.)
4. ツワモノドモガ ユメノアト(off vocal ver.)
※画像は本人ジャケットAパターン

プロフィール

上坂すみれ(うえさか すみれ)

ソビエト連邦が崩壊し、ロシア連邦が成立した年、1991年に神奈川県で生を受ける。2012年1月に本格的に声優デビュー。TVアニメ「中二病でも恋がしたい!」、「鬼灯の冷徹」、「アイドルマスターシンデレラガールズ」、「艦隊これくしょん -艦これ-」など昨今のヒット作に出演。アーティストとしては、2013年4月期放送のTVアニメ「波打際のむろみさん」主題歌「七つの海よりキミの海」でデビュー。2014年1月には1stアルバム「革命的ブロードウェイ主義者同盟」を発売し、オリコン週間ランキング9位を獲得。 2016年2月には中野サンプラザにて2Daysライブを開催する。LIVEでは客席にモノを投げ込む、自らの衣装の一部をプレゼントする、ぬいぐるみをモッシュさせる等、そのステージングからは目が離せない。逆境◎

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る