特集 PR

自分と世界を再発見する、フィールドレコーディングの楽しみ方

自分と世界を再発見する、フィールドレコーディングの楽しみ方

小野寺唯『semi lattice』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:高見知香

私たちが普段、音源やライブを通して積極的に耳を傾ける「作品」としての「音楽」は、この世界に存在する音の風景の、ごく一部の領域に過ぎない。ふと耳を向けてみれば、駅の発車音や商空間のBGMのような「無名の音楽」から、ビル風の音や雑踏のような「ノイズ」に近いものまで、じつに多様な音の群れが、われわれを包んでいる。

国内外で多彩な活動を展開する小野寺唯は、人々の意識に上ることの少ないこうした音の領域に関心を抱き、ソロやコラボレーションワーク、あるいは実際の都市空間のサウンドデザインの実践のなかで探求してきた音楽家だ。その小野寺の新作『semi lattice』が、フランスのレーベル「Baskaru」より発表された。都市の環境音を大胆にフィーチャーし、都市の生成と音楽の生成を重ね合わせたような小野寺らしい作品だが、そんな彼が「音への向き合い方が似ている」と共感を持っているのが、音楽プロダクション「invisible designs lab.」。山の斜面に設置された装置の上を転がるボールが静かに音を奏でるNTTドコモのCM『森の木琴』で、『カンヌ国際広告祭金賞』に輝くなど世界中の度肝を抜いた、注目の音楽制作チームである。

ともに「フィールドレコーディング」を重要な手法として使う両者は、環境音とどう向き合い、そこにどんな可能性を見ているのか。またそこから派生的に見えてくる、日本人と環境音との付き合い方の、過去・現在・未来とは? 「最近、面白い音楽がない」。そんなことを呟きがちな人にこそ、ぜひ耳を傾けてほしいインタビューとなった。

音楽は表現として市民権を得ているわりに、立場が弱いんです。ポップじゃないものをやろうとすると、途端に「わからない」と言われてしまう。(松尾)

―はじめに、小野寺さんがinvisible designs lab.(以下インビジ)の活動に関心を持たれたきっかけから、お伺いできますでしょうか?

小野寺:最初にインビジさんに興味を持ったのは、NTTドコモのCM『森の木琴』という映像作品でした。こういった広告の場合、派手に要素を積み上げていくアプローチが多いのですが、広告でありながら、非常にシンプルな映像と音だけで、ものすごく説得力のある演出がなされていたのが印象的でした。環境音を楽器の1つとして音楽のなかに取り込むやり方は、いまではそんなに珍しいことでもありませんが、このような試みを広告メディアで実現させる提案力にはすごく共感します。作品や仕事を見れば、ある程度どういう嗜好の方なのかわかるので、「絶対、話が合う!」と思いましたね。

松尾謙二郎(invisible designs lab.):それで、福岡にいらっしゃった際に、われわれの事務所を訪ねてくださったんですよね。

―インビジの普段のお仕事はどのようなものなんでしょうか?

清川進也(invisible designs lab.):広くは音楽プロダクションです。いわゆる広告制作の流れのなかにわれわれもいて、クライアント、広告代理店、プロダクションがいるうちの、プロダクションの部分を任される場合もあれば、作家としてコンテンツ制作を依頼される場合もあります。

松尾:僕はかつて、メディアアートをやっていたんです。もとは音楽大学の学生だったのですが、学内の封建的な雰囲気に馴染めず、美術畑の友人とサウンドインスタレーションを作っていました。それで、これを仕事にして食べていこうと思ったのですが、「メディアアートをやってます」と言っても、誰も仕事はくれない。それでCMの仕事もはじめました。現在は「音楽をどう拡張するか?」をテーマに、楽曲や楽器の制作からスタジオワークまで、「音」を軸にあらゆることをやっています。

左から、清川進也(invisible designs lab.)、小野寺唯、松尾謙二郎(invisible designs lab.)
左から、清川進也(invisible designs lab.)、小野寺唯、松尾謙二郎(invisible designs lab.)

―小野寺さんもオリジナルワークはもちろん、音楽プロダクションCRITICAL PATHにて、国内外の広告メディア、プロダクト / インターフェイス、建築空間のための楽曲提供・サウンドデザインを手掛けていらっしゃいますよね。インビジへの関心は、新しい音楽家像という部分にもあったのですか?

小野寺:従来の音楽プロダクションの枠組みを超えたところで、音を使った新しい表現を提案しているところは非常に共感できますし、お互いの目的も近いと思うので、これまでも何度かお仕事でご一緒させていただきながら、先輩であると同時に勝手に同志だとも思っています(笑)。

『EXPERIMENTAL SOUND, ART & PERFORMANCE FESTIVAL - 2009 -』+LUS(小野寺唯、小柳淳嗣、濱崎幸友、神谷泰史)展示風景
『EXPERIMENTAL SOUND, ART & PERFORMANCE FESTIVAL - 2009 -』+LUS(小野寺唯、小柳淳嗣、濱崎幸友、神谷泰史)展示風景

松尾:僕らがいま取り組んでいるような仕事が可能になった背景には、メディア環境の変化もあったように感じます。自分たちの仕事と社会のニーズに関連が生まれはじめたと感じたのは、5年くらい前からですね。従来のテレビCMのような広告が相対化されて、クライアント側も新しい表現を求めるようになりました。

清川:音楽はただでさえ目に見えず、抽象的なものなので、企業と仕事をするときは「なぜこの音楽が必要なのか?」「なぜわれわれのような仕事をする人が必要なのか?」という、役割や機能の部分を根本から説明をしないといけないんですよね。

小野寺:社会では当たり前に求められることなのですが、オリジナルワーク以外でも、音がすべてを語っていると言って説明義務を怠る人が多いように感じます。さまざまな立場や分野の人と協働する場合、言葉という共通言語がもっともコミュニケーションを円滑に進められるのであれば、プレゼンテーションも含めた説明、解説というのは、音と同等、あるいはそれ以上に重要だと思います。

松尾:音楽は表現として市民権を得ているわりに、立場が弱いんですよね。ポップじゃないものをやろうとすると、途端に「わからない」と言われてしまう。だから小野寺さんがおっしゃったように、自分で作品が作れて、それを売り込めて、社会と組んできちんと仕事ができる能力が、いまのアーティストには求められていると思います。

小野寺:広告であっても、いままでなかったものを作ろうとしているわけですから、受け手にとってもはじめての経験なわけで、理解を促すための努力は必要でしょうね。

Page 1
次へ

リリース情報

Yui Onodera『semi lattice』
Yui Onodera
『semi lattice』(CD)

2015年9月25日(木)発売
価格:2,974円(税込)
Baskaru / karu-37

1. semi lattice #1
2. semi lattice #2
3. semi lattice #3
4. semi lattice #4
5. semi lattice #5
6. semi lattice #6
7. semi lattice #

プロフィール

小野寺唯
小野寺唯(おのでら ゆい)

音楽家。音楽と建築を学び建築音響設計に従事の後、国内外の広告メディア、プロダクト / インターフェイス、建築空間のための楽曲提供・サウンドデザインを手掛ける。ダンサー、彫刻家、建築家など他分野のアーティストとのコラボレーションや、海外のサウンドスケープ研究プロジェクトなど、従来の音楽家の枠にとらわれない建築 / 空間 / 環境と音(楽)の関係性を追求している。2015年、フランスのサウンドアート・レーベル「Baskaru」よりソロアルバム『semi lattice』をリリース。

invisible designs lab.(いんびじぶる でざいん らぼ)

音を中心とした制作会社。福岡と東京に拠点を構える。「音」という見えないメッセージと「アイデア」という見えないデザインを「見える」様にしていく事を目標に活動する作家集団。音を軸とした物作りでアナログ、デジタルを越えて活動中。常にフレッシュなクリエイティブを発信すべく、日々精進し、新しい出会いから新しい何かを生み出していきたい、そんなことをいつも考えています。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)