特集 PR

とんぼせんせい×寺本愛 尖った登竜門『1_WALL』を語る

とんぼせんせい×寺本愛 尖った登竜門『1_WALL』を語る

『伊達ニッティング』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:永峰拓也

1つの場所に留まらず、自分をブレさせることには意識的ですね。(寺本)

―寺本さんは武蔵野美術大学の出身ですが、もともとイラストレーションを志そうと思っていたのですか?

寺本:私は空間演出デザイン学科でしたけど、イラストレーターとして活動することも意識していました。ただ、頼まれて描くものと、自分から描きたいもののモチベーションが同じぐらいあるので、素直に「イラストレーターです」と名乗れないし、「アーティストです」と言うのもピンとこなくて。

右:寺本愛

とんぼせんせい:寺本さんは、卒業制作はもっとキツい絵を描いてたんだよね。

寺本:卒業制作では、人間の見たくないようなところも見せちゃうような、生々しい絵を描きました。でもそれで仕事をしていくのは無理だなという(笑)。

とんぼせんせい:仕事にしようという意識があったんですね。

寺本:大学を卒業したし、就職もしていないので、イラストレーションで稼がなきゃいけないという気持ちは強かったです。

―そういった多様な経路を辿ったからこそ、とんぼせんせいも、寺本さんも自分の立ち位置を獲得しえたのではないでしょうか? 例えばとんぼせんせいの場合、目と口を表す3本線を加えれば、なんでも作品になってしまうというのは、とてもコンセプチュアルですよね。単純にイラストレーションの枠内で理解されるものではないと思います。

とんぼせんせい作品
とんぼせんせい作品

とんぼせんせい:最初は無意識に始めていたんですが、現代美術をやっていた頃からトレーニングしていた、コンテクストを重ねて提示する習慣が生きているんだと思います。一番上のレイヤーに3本線を使うルールがあって、その下にストリートアートやランドアートのコンテクストがある。1つの作品の中にいろんな視点が併存する構造は、かなり意識的にコントロールしています。やはりスタート地点が現代美術だったので、そこで出会った先輩や友人に今の作品も面白がってほしいんですよね。同時に、それ以外のみんなにも親しまれる作品でありたい。

とんぼせんせい

―寺本さんの活動にも同じ意識を感じます。イラストレーションやファッションの仕事だけでなく「チーム夜営」として演劇活動をしたり、Fm(エフマイナー)という現代美術のギャラリーで発表もしている。

寺本:単純に興味がいろいろな方向に向いているのと、飽きやすい性格というのも大きな理由ですけど、1つの場所に留まらず、自分をブレさせることには意識的ですね。

―「チーム夜営」では女優もやってらっしゃいますよね。

寺本:武蔵野美術大学に「劇団むさび」という名物サークルがあるんですけど、大学2年生のときに観て演劇にハマっちゃったんですよね。学業に支障をきたすぐらいになってしまって距離を置いたんですけど、その代わりに演劇公演のフライヤーをデザインすることになって。今よく描いている人物画の超初期段階が生まれたのもそれがきっかけで、定期的に目に入るから大学の中でちょっとした人気を博すようになって。

寺本愛作品
寺本愛作品

―僕も武蔵野美術大学出身なのでわかりますが、劇団むさびのフライヤーはけっこう目立つところに置いてありますよね。

寺本:でも、3年生からファッションのゼミに入って教授から絵の弱点を指摘されたんですよ。それでハッと目がさめて、ゼロから絵と向かい合った結果、卒制でまた別の作品ができて。そのファッションのゼミで学んだことと、もともと描いていた変な目の人物画が融合して、今のかたちになったんです。

―ジャンルの異なる要素が結びついてかたちになるというのは、寺本さんの作品に限らず、今日的な表現動向としてリアリティーを感じます。

とんぼせんせい:話がずれちゃいますけど、例えばローマ字の「ART」は、少なくとも「みんなのもの」ではないですよね。アートマーケットがあって、お金持ちのコレクターが買って、アートシーンが形成されていく。だけどジャンルをずらすことで社会的機能を更新することができる。例えばイラストレーションはバッと広がっていって、みんなに好かれて、長く使われていくもの。僕の作品はコンセプチュアルだけれど、「ART」だけでなく、みんなのものでありたいからイラストレーションという場を選んでいるとも言える。

寺本:その説明いいですね。そうしたら、私はアートとイラストレーションの半々だなって思いました。いろんな人に使ってほしい、目に触れてほしい、気に入ってほしいというイラストレーション的な目的もあるし、同時に自分の描きたいもの、表現して伝えたいものがある。後者は自分の気持ちを発散させたいみたいなところもあるから、それはもうちょっとアート寄りですね。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『CREATION Project 2015 177人のクリエイターと福島伊達市のニットメーカーによるマフラー&ブランケット「伊達ニッティング」』
『CREATION Project 2015 177人のクリエイターと福島伊達市のニットメーカーによるマフラー&ブランケット「伊達ニッティング」』

2015年11月25日(水)~12月22日(火)
会場:東京都 銀座 クリエイションギャラリーG8、ガーディアン・ガーデン
時間:11:00~19:00
出品作家:
[クリエイションギャラリーG8]
青木克憲
秋山孝
浅葉克己
池澤樹
居山浩二
色部義昭
上田三根子
宇野亜喜良
えぐちりか

遠藤享
太田徹也
大原大次郎
岡田善敬
岡室健
小田桐昭
小野勇介
柿木原政広
葛西薫
勝井三雄
鎌田順也
上條喬久
菊地敦己
木住野彰悟
木下勝弘
草谷隆文
久保悟
小杉幸一
古平正義
小林洋介
近藤ちはる
榮良太
左合ひとみ
ささめやゆき
佐藤晃一
佐藤卓
佐野研二郎
澤田泰廣
下谷二助
白本由佳
新村則人
鈴木守
関本明子
副田高行
大黒大悟
高井薫
高田唯
高谷廉
田中竜介
田中良治
谷口広樹
天宅正
内藤昇
永井一史
永井一正
永井裕明
中川憲造
ナガクラトモヒコ
中島信也
中嶋貴久
仲條正義
長友啓典
中山尚子
薙野たかひろ
灘本唯人
はせがわさとし
服部一成
林規章
原耕一
原野賢太郎
日高英輝
日比野克彦
ひびのこづえ
平野篤史
平林奈緒美
平松尚樹
ヒロ杉山
福岡南央子
福島治
藤枝リュウジ
松永真
丸橋桂
三木健
水野学
峰岸達
宮田裕美詠
八木秀人
箭内道彦
矢吹申彦
山口はるみ
山田英二
山本タカト
ユムラタラ
湯村輝彦
蓬田やすひろ
若尾真一郎
ワビサビ
アラン・チャン
スタシス・エイドリゲヴィチウス
フィリップ・ワイズベッカー
ポール・コックス
リチャード・ケール
ロドニー・グリーンブラット
[ガーディアン・ガーデン]
Aokid
秋山花
飯田竜太
石川マサル
石原一博
板倉敬子
1丁目
上田風子
江波戸李生
大河原健太郎
大島慶一郎
大嶋奈都子
小笠原徹
小川雄太郎
奥原しんこ
小田原亜梨沙
尾柳佳枝
我喜屋位瑳務
河野裕麻
きたざわけんじ
北村人
久保田珠美
黒田潔
ケッソクヒデキ
甲賀正彦
香本正樹
齊藤彩
齋藤浩
斉藤涼平
榊原美土里
宍戸未林
清水雄介
下野薫子
末宗美香子
杉本マコト
寿司みどり
大門光
たかくらかずき
田頭慎太郎
高松徳男
武田厚志
田中豪
種村有希子
田渕正敏
玉置太一
寺本愛
とんぼせんせい
中島あかね
ナガタニサキ
ナガバサヨ
中村ゆずこ
成田久
橋本祐治
服部公太郎
早崎真奈美
林香苗武
樋口佳絵
fancomi
福田忍
太湯雅晴
町田尚子
mayu
水野健一郎
溝端貢
光用千春
宮下良介
三山真寛
柳澤暁子
山川友美
山本歩美
山本ヒロキ
横山かおる
横山萌果
LEE KAN KYO
LEIKA LEE
休館日:日曜、祝日
料金:無料

第14回「1_WALL」募集

応募受付期間
グラフィック部門2016年1月12日(火)~1月19日(火)
写真部門2016年2月16日(火)~2月23日(火)

審査員(50音順/敬称略)
グラフィック部門
大原大次郎(グラフィックデザイナー)
白根ゆたんぽ(イラストレーター)
大日本タイポ組合
長崎訓子(イラストレーター)
室賀清徳(『アイデア』編集長)
写真部門
飯沢耕太郎(写真評論家)
菊地敦己(アートディレクター)
鷹野隆大(写真家)
高橋朗(フォト・ギャラリー・インターナショナル ギャラリーディレクター)
百々新(写真家)

イベント情報

寺本愛
『TOOL』

2015年12月10日(木)~12月26日(土)
会場:東京都 Nidi gallery
時間:12:00~20:00

リリース情報

iPhone6ケース「みけねこiPhoneケース」
とんぼせんせい
iPhone6ケース「みけねこiPhoneケース」

何度も見るうちにジワジワと浸食するイメージハッカー
価格:3,780(税込)

寺本愛iPhone5/5Sケース「TARUKI BOY」(クリア)
寺本愛
iPhone5/5Sケース「TARUKI BOY」(クリア)

ちょっと得意げな顔で
価格:3,024円(税込)

プロフィール

とんぼせんせい
とんぼせんせい

「三本の線を引くだけでどこにでも現れる」をコンセプトに、人物、動物、風景、プロダクトなど、あらゆるのものハッキングするイラストレーター。 個展 / グループ展の参加、企業/出版社へのイラスト提供から、ワークショップ講師、トークの司会など、多岐にわたる活動で活躍中。

寺本愛
寺本愛(てらもと あい)

イラストレーター。1990年東京生まれ。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業。「Timeless Fashion」をテーマに個展で作品を発表するほか、挿絵、広告などのイラストレーションや、ファッションブランドとのコラボレーションも行う。第9回グラフィック『1_WALL』グランプリ。第31回『ザ・チョイス』年度賞大賞。2015年、作品集『PERMANENT CULTURES』とファッションブック『COLLECTION #1 THE LAKE』を刊行。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー