特集 PR

宇川直宏が探究する「メディアアートの紀元前」とはなにか?

宇川直宏が探究する「メディアアートの紀元前」とはなにか?

『高松メディアアート祭』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:田中一人

12月18日、香川県高松市で『高松メディアアート祭』がスタートする。「高松でメディアアート? 需要はあるの?」。そんな素朴な感想を抱いた読者に伝えたいのは、今回の祭りが、そうしたわれわれの疑問のはるか斜め上を行くほど、あるいは「メディアアート」の概念すらひっくり返すほどの、とんでもない催しになる、ということだ。

ゼネラルディレクター・キュレーターを務めるのは、高松出身の現在芸術家・宇川直宏。自身の作品発表はもちろん、ライブストリーミングチャンネル / スタジオ「DOMMUNE」において、日々、世界の知られざる偉人を紹介し続ける彼が『The Medium of the Spirit-メディアアート紀元前-』のサブタイトルのもと招聘したラインナップには、1980年代にメディアを席巻した超能力者や、明治から昭和初期にかけて最先端のテクノロジーに注目し続けた「大本」の開祖、コックリさんをオートマティズムとして解析する現代アート、近年遺品として15万枚以上の写真が「発見」されて「20世紀の写真史を書き換えた」と噂される謎の女性写真家、自身の腕に第3の耳を移植した身体拡張アーティストなど、数々の逸脱した出展者が記されている。

先端テクノロジーを駆使する「メディアアート」の一般的イメージとはかけ離れた、このラインナップに隠された意図とはどのようなものなのか。その並びの先に見えてくる、人知を超えた「なにか」の今日的意義とは? 祭りの開催を目前に控え、常人には招集困難なアーティストたちのキュレーションに紛糾する、宇川のもとを訪ねた。

メディアアートが世界に溢れているけど、「メディアアートとはなにか?」という問いに対して、充分な定義ができていない。

―2015年末に突如、高松でメディアアート祭が開かれると聞いて驚きました。「なぜ高松なのか?」「なぜメディアアートなのか?」ということからお聞きしたいのですが。

宇川:そこはやはり、世界的に有名な『瀬戸内国際芸術祭』が同じ香川県で行なわれていることが重要でしょう。「ベネッセアートサイト直島」など、瀬戸内海の島々ではさまざまなアートプロジェクトが動いています。ただ、高松市がメインのものはこれまでなかったんですよね。そこで「自然と人間の交錯」をテーマにした島々での試みとの差別化を図る意味で、高松市のほうから「メディアアート」というキーワードが出てきたようです。そして、それを実現するなら、コンペを通してアーティストをフックアップするプロジェクトと、招待作家展示の両方をやってしまおう、と。そのディレクション / キュレーションと、コンペの審査委員長を任されたんです。

『高松メディアアート祭 第1回 The Medium of the Spirit -メディアアート紀元前-』フライヤービジュアル
『高松メディアアート祭 第1回 The Medium of the Spirit -メディアアート紀元前-』フライヤービジュアル

―宇川さんに声がかかったのはなぜですか?

宇川:高松出身ということや、ここ3年間『文化庁メディア芸術祭』で審査員をやってきたこと、今年の『アルスエレクトロニカ』電子音楽部門の審査委員を担当した経験などから、声がかかったんだと思います。『文化庁メディア芸術祭』の審査員は今年で任期満了になりますが、今回のエンターテインメント部門の受賞作、素晴らしかったでしょう? 「ヒゲの未亡人」などで音楽活動もされる岸野雄一さんが、音楽劇『正しい数の数え方』によって強豪を押しのけ『大賞』に輝いた。これは、「人形劇+演劇+アニメーション+演奏」といった複数の表現で構成される、観客参加型の作品なんですが、安易なテクノロジーに埋没しない原初的なアニマ(生命、魂)についての批評を体現していました。そのように、高松の方もメディアとアートの融合を再定義するようなものを見せたい、と。そういった意志で、今回のメディアアート祭のコンセプトが生まれたんです。

アルスエレクトロニカ・センター Photo: Nicolas Ferrando, Lois Lammerhuber
アルスエレクトロニカ・センター Photo: Nicolas Ferrando, Lois Lammerhuber

『アルスエレクトロニカ』ロゴ
『アルスエレクトロニカ』ロゴ

―タイトルにもある『The Medium of the Spirit-メディアアート紀元前-』ですね。

宇川:いま世界はメディアアートに溢れていますよね。にもかかわらず、「メディアアートとはなにか?」という問いに対しては、誰も充分な定義ができていないと思うんですよ。100年残ることを希求するアートの普遍性と、日進月歩で進化し消費されるテクノロジーの急進性とは、そもそも相反するわけですが、両者の関係を深く掘り下げると、アートとオカルティズムの問題に行き着かざるを得ない。

―えっと……(笑)。

宇川:たとえば、いま人工知能が人類の知性を超える「2045年問題」、いわゆる「シンギュラリティー(技術的特異点)」が話題になっていますが、それは前世紀であれば、一種のオカルトに近い発想だったわけです(笑)。しかし、それがリアリティーを帯びてきた現在にあっては、急に科学史的考察の対象になっている。また「ディープラーニング」(人工知能による繰り返し学習)によって人工知能がクリエイティビティーを発揮している現在、人間が描くべき美とはなにか? そもそもポストヒューマンを考えるにあたって、ヒューマニズムをどう捉えればいいのか? といったことが問題になっています。あるいは、感情と意思と知識の総体が「心」ならば、生と共に朽ち果てる単なる器に過ぎない「身体」をどう考えるのか、も。

宇川直宏
宇川直宏

―ああ、じゃあ、このタイトルにある「spirit」というのも……。

宇川:本当は「spirituality(スピリチュアリティー)」と言い切りたかったのですが、江原啓之以降、ずいぶんと怪しい言葉に成り下がってしまったので(笑)。つまり、「テクノロジーと人間の潜在能力との間の、ギリギリの格闘のようなエネルギー」をメディアに写し取った作品を、世に問いたいのです。「メディアアート紀元前」としたのは、もし「メディアアート史」が存在したとしても、そのなかでは語られないであろう、「超自然的な領域とメディアとの本質的な関係」をあぶり出す存在を世に問おうということです。じつは彼らの表現にこそ、いまメディアアートを考える上での重要な問いが含まれている。この話は、具体的に作品を紹介すれば、よりはっきり見えてくるはずです。

Page 1
次へ

イベント情報

『高松メディアアート祭 第1回 The Medium of the Spirit -メディアアート紀元前-』フライヤービジュアル
『高松メディアアート祭 第1回 The Medium of the Spirit -メディアアート紀元前-』

2015年12月18日(木)~12月27日(月)
会場:香川県 高松 玉藻公園披雲閣、常磐町商店街、南部三町ドーム、北部三町ドーム、サンポートホール高松ほか
時間:10:00~21:00(18日は18:00から)
料金:
前売 披雲閣入場券(玉藻公園の入園料含む)800円
前売 DOMMUNE入場券(披雲閣入場と玉藻公園入園料含む) 一般1,600円 高校生以下1,000円
前売 Nibroll 2,000円
当日 披雲閣入場券(玉藻公園の入園料含む) 一般1,000円 高校生以下500円
当日 DOMMUNE入場券(披雲閣入場と玉藻公園入園料含む) 一般2,000円 高校生以下1,500円
当日 Nibroll 2,500円

プロフィール

宇川直宏
宇川直宏(うかわ なおひろ)

1968年香川県生まれ。映像作家 / グラフィックデザイナー / VJ / 文筆家 / 京都造形芸術大学教授 / そして「現在美術家」……幅広く極めて多岐に渡る活動を行う全方位的アーティスト。既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、現在の日本にあって最も自由な表現活動を行っている自称「MEDIA THERAPIST」。2010年3月に突如個人で立ち上げたライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」は、開局と同時に記録的なビューアー数をたたき出し、国内外で話題を呼び続ける「文化庁メディア芸術祭推薦作品」。今年は『アルスエレクトロニカ』サウンドアート部門の審査委員も担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる