インタビュー

ビートたけし×忽那汐里 日常と狂気の境界を決めるものの見方とは

ビートたけし×忽那汐里 日常と狂気の境界を決めるものの見方とは

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:菱沼勇夫

現代アメリカを代表する小説家、ポール・オースターが脚本を書いた『スモーク』で知られる、映画監督ウェイン・ワン。その新作『女が眠る時』は、不思議で淫美な映画である。才能の枯渇に悩む小説家が、滞在したホテルで出会った男女に導かれるように、強迫的な狂気の世界へと足を踏み入れていく物語は、エロスとタナトスに満ちている。

ワン監督は原作小説の設定を大胆に変更し、日本のリゾートホテルを舞台に選んだ。そして主演にビートたけし、共演に西島秀俊、忽那汐里、小山田サユリを招き、新たな『女が眠る時』を再構成したのだ。そこには、男女の愛、映画、アーティストの苦悩など、さまざまな表情が現れては消える、夢のような時間が流れている。作中で正体不明のカップルを演じたビートたけしと忽那汐里に、本作の出演について話を聞くチャンスを得た。二人が見た夢幻の世界は、いかなるものだろうか?

※本記事は『女が眠る時』のネタバレを含む内容となっております。あらかじめご了承下さい。

この映画は、立ち位置や見方の違いによって大きく変わるものについて言っている。(ビートたけし)

―『女が眠る時』はエロティックな映画ですよね。西島秀俊さん演じるスランプに陥った小説家が、あるホテルに滞在中に年齢の離れたカップルに出会い、彼らに強迫的に魅了されていく。たけしさんと忽那さんは、そのカップルを演じています。

ビートたけし:怪しい二人だよね。ごくごく正常な感覚で見れば、俺が演じる爺さんと10代くらいにも見える女の子がプールサイドでいちゃいちゃしていたら「なんだあれ……?」って違和感を覚える。まあ俺がよく撮っている暴力映画の世界だったら、ヤクザとその愛人の情婦にも見えるかもしれないけど(笑)。

ビートたけし
ビートたけし

忽那:かなり異様な二人ですよね。

ビートたけし:物語は変態的な方向へと進んでいって、徐々に爺さんがカブトムシや蝶を飼育するコレクターのように見えてくる。だって何年間も1日も欠かさず、夜な夜な女の子の眠っている姿をビデオで撮影して、よく撮れた映像を永久保存して、大事に持ち歩いているんだからさ。

―中年男性が女子高生を監禁する『完全なる飼育』という映画がありましたけど、そんな倒錯的な人間関係が子どもの頃からずっと続いているようなものですね。

ビートたけし:西島くんの演じている小説家は、変質者を見るような目で俺を見て「女の子は無事か? あの爺さんは何者なんだ?」って興味を持ち始めるわけでしょう。まあほとんどの人はそう見てしまうよね。西島くんが演じる人物は狂気に取り憑かれたようでいて、実は一般的なものの見方を表していると思う。

忽那:美樹(女の子)にとっては、佐原(爺さん)との関係がごく当たり前のことでなんの疑問もないんでしょうけど、はたから見ればマトモな状況ではないですよね。無音の室内に「ピッ」ってビデオカメラの録画が始まる音だけが響いて、佐原の視線にさらされ続けている緊張感……。普通なら気が狂ってしまうと思います。

忽那汐里
忽那汐里

ビートたけし:そうだよね。でもさ、俺は必ずしも爺さんが変質者だとは思わないんだよ。

―なぜですか?

ビートたけし:もしも爺さんと美樹が本当に親子だとしたら、親が子どもの成長過程を写真やビデオに記録することって別に異常ではないじゃない。父親が娘の成長を見守る気持ちで、昼寝の様子をスマホで撮ったりするのってまあ普通のことで。今回の場合は、血のつながりが不明で、ただならぬ雰囲気があるから気味悪さを感じるけど。だからこの映画はさ、立ち位置や見方の違いによって大きく変わるものについて言っていると俺は思うんだよ。

Page 1
次へ

作品情報

『女が眠る時』

2016年2月27日(土)から公開
監督:ウェイン・ワン
脚本:マイケル・レイ、シンホ・リー、砂田麻美
原作:ハビエル・マリアス『女が眠る時』
イメージソング:中森明菜“FIXER - WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING-”
出演:
ビートたけし
西島秀俊
忽那汐里
小山田サユリ
配給:東映

プロフィール

ビートたけし

1947年、東京都出身。1980年代初頭より漫才コンビ・ツービートのビートたけしとしてキャリアをスタート。大島渚監督に才能を見出され、『戦場のメリークリスマス』で俳優として注目を浴びる。以来、数多くのテレビドラマや映画に出演してきた。映画監督としては「北野武」名義で活躍。監督第7作目となった『HANA-BI』(98)は第54回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞。自身が監督する作品以外に主演するのは、『血と骨』(04)以来12年ぶりとなる。

忽那汐里(くつな しおり)

1992年、オーストラリア出身。2006年に「第11回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞。翌07年、TVドラマ「3年B組金八先生」(TBS)の第8シリーズで女優デビュー。その後、大ヒットドラマ「家政婦のミタ」(11/NTV)などに出演。映画は2009年に『守護天使』のヒロイン役でデビューし、11年に出演した『少女たちの羅針盤』と『マイ・バック・ページ』の演技で多くの新人賞に輝いた。クリント・イーストウッド監督の原作をリメイクした李相日監督の『許されざる者』(13)では遊女役で高い評価を集めた。最近は、ホウ・シャオシェン監督『黒衣の刺客』(15)、日本トルコ合作映画『海難1890』(15)など、国際派女優としての期待も高い。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』