特集 PR

女性ダンサーが語る、満員電車で培われた日本人の文化と個性

女性ダンサーが語る、満員電車で培われた日本人の文化と個性

国際交流基金アジアセンター
インタビュー・テキスト
武藤大祐
撮影:田中一人

私たち日本人にとって、外国は「海の外」でまったく別の世界というイメージ。正確にはボーダーという概念がないと思うんです。でも、現実はそうじゃない。(山田)

―山田さんは、その会議でどういう話をされたんでしょうか。

山田:女性のアイデンティティーにまつわる話を期待されていたと思うんですけど、そもそも日本人には「アイデンティティー」という概念があまりないじゃないですか。その必要がないというか。ほとんどみんな先祖代々日本人で、閉ざされたカプセルみたいな島国だと思うんですね。だから、そういう私が女性とか男性とかいった「アイデンティティー」を語ること自体がなんだか不自然に感じるって話したら、まったく理解してもらえなかった(笑)。

―山田さんのソロ作品、『ディクテ』(2011年初演)では、いろんな文化やアイデンティティーの問題をテーマにされていましたよね。

山田:その会議でも『ディクテ』の一部を上演しました。『ディクテ』はアイデンティティー、ルーツ、ジェンダー、言語、身体について切り込んだ、実験的な叙情詩ですが、私は言葉ではなく徹底的に身体を使ったプレゼンをしました。私たち日本人は、外国のことを「海外」と呼びますよね。外国は「海の外」でまったく別の世界というイメージなので、正確にはボーダーという概念がないと思うんです。でも、現実はそうじゃないということを、いかに日本の人たちに伝えられるか、というのが『ディクテ』を作ったときの私の関心だったんです。

山田うんソロダンス『ディクテ』(2013年、世田谷パブリックシアター)©Yoichi Tsukada
山田うんソロダンス『ディクテ』(2013年、世田谷パブリックシアター)©Yoichi Tsukada

―会議での反応はいかがでしたか?

山田:みなさん関心を持ってくれましたが、「自分たちはここまで向き合わない」って言われましたね。当たり前のことなので(笑)。多文化主義の国では、他者と関わるときにはユーモアで乗り越えるか、差異に触れないか、そのどちらかが定番の対応になっているんです。十分、洗練されているんですね。

ダンスって本当は中性的なもの、性に縛られないものだと思うんです。男の人でも、女性のように手をヒラッとさせた動作をしたいときがあると思うんですよ。(山田)

―なるほど面白いですね。その会議の影響があったのかはわかりませんが、『ワン◆ピース』マレーシア版では、男性版(2014年初演)と女性版(2004年初演)の要素を足したと聞きました。これはどういう意図だったんですか。

山田:ダンサーにとって「女性的な動き」って、じつは自然なことで、ダンスって本当は性に縛られないものだと思うんです。男の人でも、女性のように手をヒラッとさせた動作をしたいときがあるはずだし、自然にやっているときもある。社会的地位とかイメージでかき消されているだけで。見た目の性ではなく、その人の持っているエネルギーがいかに中性的か、そこにダンサーの魅力を感じます。マレーシアの男性ダンサーもインド系・中国系・マレー系の伝統舞踊をたくさん身に付けていて、ものすごくしなやかに動けるので、男性版・女性版を混ぜた形が「自然」にできるなと思ったわけです。

山田うん『ワン◆ピース』(マレーシアキャスト版) ©Simon & Riona, Photolink Enterprise.
山田うん『ワン◆ピース』(マレーシアキャスト版) ©Simon & Riona, Photolink Enterprise.

北村:私もはじめて男性と一緒に作品を作ったのは大学卒業後だったんですが、どう扱っていいのかわからず、ギョッとした覚えがあります。でもいろんな可能性が見えて、いわゆるリフトとかの身体機能のみならず、「男性の身体が醸し出す、女性らしさ」のカッコよさを感じました。うんさんは「中性的」という表現でしたけど、私は、男性が色っぽく、女性っぽく見えるときのゾクゾク感と、男性がステージに立つことによって、女性ダンサーが雄々しく見えるという逆転現象が面白いなと思いましたね。

東京の人の多さとスペースの少なさを体験してもらえたら。狭いなかでもパワフルに、ポテンシャル高く立つというのはどういうことなのか。(山田)

―ここ数年、日本と他のアジアの国との文化交流は活発になっているように感じますが、ダンスを通して文化の違いを感じることはありますか? 『ワン◆ピース』(マレーシア版)では、マレーシアのダンサーたちが、規則に合わせて幾何学的に動くのがすごく大変だったと聞きましたが。

山田:もう最初から、絶対ストレスになるだろうと思っていましたね(笑)。だからまず日本人の身体感覚を体験してもらうために、東京に来てもらわないとダメだと思ったので、2週間の東京生活を味わってもらいながら稽古をはじめました。

 
東京に滞在したマレーシアのダンサーたち

東京に滞在したマレーシアのダンサーたち
東京に滞在したマレーシアのダンサーたち

―あえて満員電車に揺られてもらったり?

山田:もちろん(笑)。また、隣人との距離感や遠慮する感覚など、私たちの日常すべてに浸かってもらいました。東京の生活、この人の多さとスペースと時間の少なさを体験してもらえたら、そういう狭いなかでもパワフルに、ポテンシャル高く立つというのはどういうことなのかを考えてもらえたらと、意識して東京滞在の導線を企てました。そうやって日本の社会のなかに身を置くと、いろんなことをダンサーたちが自分で発見して、作品とつなげられるようになります。

―マレーシアのダンサーに教えることを通じて、自分のやっていることについて発見もあるでしょうね。

山田:ありますね。自分にとって大事なポイントをスルーされてはじめて、いやそこは絶対スルーできない、って気づくんです。たとえば作品のなかにお辞儀をする動きが出てくるんですけど、私たちはただ身体を曲げているんじゃなく、10度、20度、30度までの間でちょっとずつ目線を変えながら身体を傾けて、そのなかで気持ちも変化していきます。そういうことに気づきながら教えていきました。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

山田うんマレーシア公演
『ワン◆ピース』(マレーシアキャスト版)
『春の祭典』(Co.山田うん)

2016年1月30日(土)、1月31日(日)
会場:マレーシア クアラルンプールThe Kuala Lumpur Performing Arts Centre, Pentas1
共催:Co.山田うん、国際交流基金クアラルンプール日本文化センター、マレーシア国立芸術文化遺産大学、MyDance Alliance

Co.山田うん イスラエルツアー
『舞踊奇想曲 モナカ』他

2016年3月25日(金)、3月26日(土)
会場:イスラエル テルアビブ Tmu-Na theater

北村明子新作公演
『Cross Transit』

2016年3月30日(水)、3月31日(木)全3公演
会場:東京都 仙川 せんがわ劇場
演出・構成・振付 北村明子
ドラマトゥルク・ビジュアルアートディレクター:KIM HAK
振付・出演:
柴一平
清家悠圭
松尾望
長屋耕太
Chy Ratana(Amrita Performing Arts)
料金:
前売 一般3,000円 学生2,500円
当日 一般・学生3,500円

プロフィール

山田うん(やまだ うん)

ダンサー、振付家。器械体操、バレエ、舞踏などを経験し、1996年から振付家として活動を始める。音楽、美術、文学、学術、ファッション、多様な身体などをリソースに機知に富んだダンスを発表。2002年ダンスカンパニー「Co.山田うん」設立。日本における稀少なコンテンポラリーダンスのカンパニーとして、またソロダンサーとして、話題作を発表し続けている。繊細かつ生命力溢れるダイナミック、音楽性、物語性、幾何学構造を併せ持つパフォーマンスは世界中から注目されており、日本のみならずアジア、中東、欧州で舞台やコラボレーション、ワークショップ、また若手ダンサーの育成等を行なっている。『第8回日本ダンスフォーラム大賞』、平成26年度『芸術選奨文部科学大臣新人賞』受賞。

北村明子(きたむら あきこ)

振付家・ダンサー、信州大学人文学部准教授。早稲田大学在学中の1995年、文化庁派遣在外研修員としてベルリンに留学。2001年代表作『finks』は多数都市にて上演、モントリオール『HOUR』紙の『2005年ベストダンス作品賞』受賞。2005年ベルリン「世界文化の家」委託作品『ghostly round』は世界各国で絶賛を得た。2011年インドネシアとの国際共同制作「To Belong project」をスタートし、毎年新作を上演。2014年には『To Belong/Suwung』を発表、インドネシア公演を成功させた。同年、国際共同制作インドネシアオペラ『Gandari Dance Opera』がインドネシア『Tempo』紙にて『ベストパフォーマンス賞』受賞。2013~14年度信州大学文化庁事業の総合プロデュースを担当。2015年ACC個人助成日米芸術交流プログラムグランティー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル