特集 PR

オープンマインドな写真家・GABOMI.の波瀾万丈すぎる人生

オープンマインドな写真家・GABOMI.の波瀾万丈すぎる人生

『shiseido art egg』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:田中一人

GABOMI.という不思議な名前のフォトグラファーが『第10回 shiseido art egg』に入選、銀座の資生堂ギャラリーで個展を開催中だ。彼女が世に出たのは、香川県を走る私鉄「ことでん(高松琴平電気鉄道)」の工員たちと車輛基地を取材した写真集がきっかけ。メカニックなシチュエーションと、職人的な厳しさと雄々しさを併せ持つ男たちを捉えた写真は、ドキュメンタリー写真の新たな才能の登場を伝えてくれた。

それから約4年が経ち、GABOMI.はまったく違った写真の実験をはじめている。具象の力強さから抽象の柔らかさへと移行した新シリーズは、意外な驚きと共に、じつは最初から彼女の奥底にあった、深い精神性を伝えるものなのかもしれない。個展準備真っ最中のGABOMI.に話を聞いた。

8年前に写真家になろうと決めたとき、人生を割り切ることはやめようと思った。

―GABOMI.というお名前はもちろん本名ではないと思うのですが、まずはその由来をうかがってもいいでしょうか?

GABOMI.:友人がつけてくれたあだ名なんですよ。私の口癖が「ガボーン!」で、あと色白だったので。フルネームは「ガンジロガボミ」なんです。

GABOMI.
GABOMI.

―最後の.(ドット)の意味は?

GABOMI.:ドットは2015年から加えたんです。知人からの勧めで、ドットを加えると縁起のよい画数になるらしく。

―アルファベットにも画数ってあるんですね。

GABOMI.:あるらしいんですよ。いまは16画で運勢最強。81とか16とか1がいいらしいんです。おかげで『shiseido art egg』にも入選できたし、効果を感じています(笑)。

―その前になにか悪いことでもあったんですか?

GABOMI.:そういうわけじゃないです(笑)。特に宗教やスピリチュアルなことにハマっているわけでもないですよ。でも、子どものころから人間には理解できない大きな流れみたいなものが宇宙にあるんじゃないかって気がしていて……。小学校低学年くらいの頃、高熱を出して家の布団で寝ながら、ぼーっと天井を眺めていたら、ぐにゃぐにゃと歪み出して、別世界につながっているような風景を見たり。あれ、変な雰囲気になってません?

―大丈夫ですよ(笑)、ぼくも同じような体験をしたことがあります。それがGABOMI.さんの人生観なんですね。

GABOMI.:そうですね。見えない「なにか」がどこかにあって、「いま見えているものがすべてじゃないのかも」と感じながら、それを探し続けているというのが、私の根本的な行動理由です。会社員として働いていると、心のモヤモヤや消化不良になるような疑問を割り切って、ゴミ箱にポイッと捨てないと先に進めないことがあるじゃないですか。でも8年前に写真家になろうと決めたときに、割り切ることはやめようと思ったんです。

資生堂ギャラリー展示風景
資生堂ギャラリー展示風景

資生堂ギャラリー展示風景
資生堂ギャラリー展示風景

―GABOMI.さんは、香川県の私鉄「ことでん」の車輛工場やそこで働く人たちを撮影したシリーズをきっかけに広く知られはじめたと思うのですが、わりと遅咲きのデビューですよね。

GABOMI.:はい。写真家になろうと決めたのが30歳になる頃だったので、正直、大きな挫折をしたり、かなりの紆余曲折はありました。もともと表現することが大好きで、市内の美術展で何度も賞を貰うような中学生で、そのうちいつか画家になりたいと思っていました。地元の高松市には美術・工芸系の高校があって、推薦もほぼ決まっていたのですが、反抗期で「先生の言うことはとにかく全部聞きたくない!」というテンションになっちゃって、結局普通科に進んでしまったり。

『ことでん仏生山工場』2011年
『ことでん仏生山工場』2011年

―ちょっともったいない。

GABOMI.:本当は行きたかったんですけどね。大学進学のときは獣医になるためにセンター試験を受けたのですが、それも人間の医学に活用するために動物実験や解剖をする仕事という側面があることを知って、急に断念してしまったり……。教育熱心な両親だったので、ヘタに受かってしまうとそのまま獣医への道に進むことになると思い、センター試験のテスト用紙は途中から白紙で提出しました。

―高校も大学も進学のたびに、直情的で反抗的な選択をしているような……。

GABOMI.:もう両親は大泣きで。結局、私には絵描きの才能があるから大丈夫という甘えがあったんですね。でも18歳のときにはじめて個展をひらいて、展示された自分の絵を客観的に見た瞬間、画家として大成できるような才能がないことを痛感してしまったんです。友だちは褒めてくれるし、賞を貰えるような絵は描けるけど、才能がないことがはっきりわかってしまった。

―思わぬところで挫折が訪れたんですね。

GABOMI.:高校推薦やセンター試験は自ら選んで辞めたので、そんなに悔しくはなかったのですが、本当に道が断たれたという経験ははじめてでした。絵を失って、自分は思ったより価値のない、大した人間じゃないという現実に直面した。頭もよくないし、なにも達成できない中途半端。就職もできないし、勉強にも身が入らない。後々考えてみるとうつ状態だったと思うんですよ。

Page 1
次へ

イベント情報

『第10回 shiseido art egg GABOMI.展』

2016年3月2日(水)~3月25日(金)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:火~土曜11:00~19:00、日曜・祝日11:00~18:00
休館日:月曜
料金:無料

ギャラリートーク
2016年3月5日(土)14:00~14:30
出演:GABOMI.

『第10回 shiseido art egg 七搦綾乃展』

2016年3月30日(水)~4月22日(金)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:火~土曜11:00~19:00、日曜・祝日11:00~18:00
休館日:月曜
料金:無料

ギャラリートーク
2016年4月2日(土)14:00~14:30
出演:七搦綾乃

プロフィール

GABOMI.(がぼみ)

1978年高知県生まれ。私鉄「ことでん」の車輌工場を撮影したドキュメンタリー作品による『ことでん百年目の写真展』(2011年)が反響を呼び、写真をメインビジュアルに使用した広告ポスターは、2012年『全広連鈴木三郎助地域賞優秀賞』『香川広告協会広告賞』印刷部門、新聞部門で各優秀賞を受賞。写真集『ことでん 仏生山工場』(赤々舎出版)を発刊。高松市立美術館『高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.02』(2012年)、水戸芸術館が若手作家を紹介するプロジェクト『クリテリオム』第89回目の招聘作家。近年は「見る」ということの本質を問う、実験的なコンテポラリー写真を多く制作している。自らの手をレンズの代わりに使って撮影する独自の技法「手レンズ」や、レンズを外して完全に形を壊す「ノーレンズ」など、従来の写真の概念にとらわれず自由に国内外で制作中。デジタル加工はしない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場