特集 PR

EGO-WRAPPIN'とクラムボンの男達、20年連れ添った女性を語る

EGO-WRAPPIN'とクラムボンの男達、20年連れ添った女性を語る

EGO-WRAPPIN'『ROUTE 20 HIT THE ROAD』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:森山将人 編集:野村由芽

ザックリ言うと、クラムボンはものすごくリアルな家族みたいなものかもしれない。(ミト)

―いつのまにか、この三人でやるようになっていたと。

ミト:そう。この三人でやると面白いって周りに言われて、三人でやっていたら、「君たち面白いから音源を作って売らないか?」って言われて、じゃあオリジナルを作らなきゃって音源を作って。そしたらそれを誰かが聴いてくれて、メジャーからも声を掛けてもらえるようになって。だから、各自やりたい音楽があったとは思うんですけど、そういう意志疎通や統率感のないまま、20年間ずーっとやっているという(笑)。

:意外ですね。ミトさんが引っ張っているようなイメージがありました。

ミト: まず私が曲を作ることからクラムボンというバンドが始まるので、そういう印象にならざるを得なかっただけなんです。当時私はピアノもろくに弾けなかったので、鍵盤をシンセで打ち込んで二人に聴いてもらうってことをずっとやってました。だからうちらの場合、すべてにおいて楽曲が先にあるんですよね。確固たる活動方針のような核がないという(笑)。

左から:森雅樹、ミト

:でもそれは、いつも真ん中に音楽があるってことなんじゃないですか?

ミト:うーん、そんなかっこいい話じゃないと思いますね。だから、エゴみたいに森くんとよっちゃんの立ち位置で「EGO-WRAPPIN'」というブランドができているのを見ると、ホントすごいなって思うんですよね。見た目もカッコ良いしおしゃれだし。私たちは三人ともバラバラだし、それを強引にまとめようとしているから、どこかいびつに見えてしまう。ちゃんとまとめたほうがいいとは思うんですけど、自分たちでまとめようとは誰一人言わないので(笑)。

:やっぱりクラムボンって、ちょっと不思議なバンドですよね(笑)。

―どちらのバンドも女性ボーカルをフロントに擁している点は共通していますが、女性ボーカルとソングライターという意味では、それぞれどんな関係性なんですか?

:僕とよっちゃんは似た者同士なところがあって、二人ともマイペースなんですよね。あとは、女性はちゃんと怒ってくれますよね。「インタビューはもっとしゃべらな!」とか「ライブはお客さんいるから、もっとしゃべらな!」「テレビはもっとしゃべらな!」って、全部「しゃべらな!」って話なんですけど(笑)。

森雅樹

ミト:全部そこに帰結するんだ(笑)。

―(笑)。ミトさんと原田さんの関係性は?

ミト:うーん、そのへんはいまだによくわからないですね。(原田)郁子さんや(伊藤)大助さん、事務所のスタッフとの関係も、確固たるものがあるわりには、漠然としているところもあって。これだけ長いこと活動してきているんだから、ホントはもっと考えなきゃダメだとは思うんですけど、「わからない」としか言ってきてなくて。ザックリ言うと、ものすごくリアルな家族みたいなものかもしれない。

―家族ですか?

ミト:と言っても「家族愛」とかの家族じゃなくて。家族って面倒くさいじゃないですか? たとえば、私は妹に年に1回くらい会いますけど、そこでひと言しゃべるのも面倒くさいとか(笑)。まあ、それは私の家族観なのかもしれないですけど、そうは言っても家族なので、何があっても切れようがない。クラムボンのメンバーも、何かそれと同じような感じがあるんですよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

EGO-WRAPPIN'『ROUTE 20 HIT THE ROAD』通常盤
EGO-WRAPPIN'
オールタイムベスト&カバーアルバム
『ROUTE 20 HIT THE ROAD』通常盤(3CD)

2016年4月20日(水)発売
価格:3,996円(税込)
TOY'S FACTORY / TFCC-86547

[太陽盤]
1. love scene
2. くちばしにチェリー
3. GO ACTION
4. a love song
5. 天国と白いピエロ
6. 満ち汐のロマンス
7. Dear mama
8. human beat
9. 10万年後の君へ
10. サイコアナルシス
11. BRAND NEW DAY
12. サニーサイドメロディー
※デジタルリマスタリング
[月盤]
1. 水中の光
2. かつて..。
3. 色彩のブルース
4. Neon Sign Stomp
5. Nervous Breakdown
6. アマイ カゲ
7. 下弦の月
8. admire
9. Fall
10. 雨のdubism
11. BYRD
12. inner bell
※デジタルリマスタリング
[星盤]
1. 異邦人
2. Move on up
3. Inbetweenies
4. 曇り空
5. Fever
6. 謎の女B
7. What's Wrong With Groovin'
8. ZIGGY STARDUST
9. By This River
10. さよなら人類

イベント情報

クラムボン
『clammbon 2016 mini album 会場限定販売ツアー』

2016年5月12日(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

2016年5月16日(月)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:大阪府 BIG CAT

2016年5月17日(火)OPEN 18:00/ START 19:00
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

料金:各公演 2,500円(1ドリンク別)

プロフィール

森雅樹(もり まさき)

1974年、大阪生まれ。ギタリスト。1996年に中納良恵(Vo、作詞作曲)とともにEGO-WRAPPIN'を結成。関西を中心に活動を続けたのち、現在は拠点を東京においている。2000年に発表された“色彩のブルース”は、戦前のジャズから自然に行き着いたキャバレー音楽や昭和歌謡を消化し、エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなり、その名を全国区で知られるようになる。2002年にはドラマ『私立探偵 濱マイク』の主題歌に“くちばしにチェリー”が採用された。2016年にバンド結成20周年を迎える。

ミト

1975年、東京生まれ。93年に福岡出身の原田郁子(Vo,Pf)と東京で育ったミト(Ba)、そして札幌出身の伊藤大助(Dr)の三人が、同じ専門学校で出会う。95年にクラムボンを結成。クラムボンのバンドマスターとして、ベース、ギター、キーボード他を担当。99年、シングル『はなれ ばなれ』でメジャーデビュー。2015年にバンド結成20周年を迎え、3月には、9枚目となるオリジナルアルバム『triology』をリリース。その後メジャーレーベルを離れ、自身のレーベル「トロピカル」よりツアー会場を中心に販売されるミニアルバム『モメントe.p.』をリリース。デビュー以来クラムボンの楽曲は、ほぼ全てミトによるものであり、自身のバンド以外にも、楽曲提供・演奏参加、プロデューサー、ミックスエンジニアとして、多くのミュージシャンを手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初