特集 PR

横断的表現と80年代文化 Her Ghost Friend×ビームス青野賢一

横断的表現と80年代文化 Her Ghost Friend×ビームス青野賢一

Her Ghost Friend『君のいる世界が好きだよ』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:山元翔一

開いた絵本のページから、水彩で描かれた色とりどりの世界がこぼれ落ちる。そんな、まばゆくてチャーミングな光景を電子音と「声」によって作り上げているのが、おのしのぶ(Vo / 絵描き)とDJ Obake(トラックメイカー)によるポップユニットHer Ghost Friend(以下HGF)だ。

このたびリリースされた、彼らの3rdアルバム『君のいる世界が好きだよ』は、一組の男女が何度も生まれ変わりながら、様々な時空を旅するというコンセプトに基づき制作されたもの。おのの描く柔らかくぬくもりのあるタッチのイラストと相まって、ノスタルジックかつフィーチャリスティックな感覚を聴き手に喚起させる不思議な作品に仕上がっている。おそらく、二人が幼少の頃に親しんだ1980年代カルチャーが、HGFの世界観に大きな影響を与えているに違いない。

新作のリリースにあたり、彼らを『シブカル祭。』に招聘し飛躍のキッカケを作ったビームス創造研究所のクリエイティブディレクター・青野賢一を交えた鼎談が実現。80年代にYellow Magic Orchestraの「洗礼」を受けた青野とともに、HGFの音楽性や新作の意図、さらには電子音の持つ可能性などについて語ってもらった。

僕らって、あまり自分たちのことを「ミュージシャン」というふうには思っていないところがあって。「音楽を作っている」という意識は希薄なのかもしれないです。(DJ Obake)

―Her Ghost Friend(以下HGF)のお二人と青野さんは、『シブカル祭。』がキッカケで知り合ったそうですね。

青野:そうなんです。PARCOさんで毎年開催している『シブカル祭。』の企画運営に、僕は初年度から関わっていて。様々な分野のクリエイターを探していて資料に目を通しているときに、HGFを見つけたんですよ。最初は彼らのアートワークに興味を持って、PARCOギャラリーに作品を展示させてもらおうと思ってコンタクトを取ったんです。翌年にはHGFとしてライブ出演してもらい、以降はゆるゆると交流が続いている感じです。

左から:DJ Obake、おのしのぶ、青野賢一
左から:DJ Obake、おのしのぶ、青野賢一

―HGFの音楽性については、どのような印象をお持ちでしょうか。

青野:いわゆる、「歌声をちゃんと聴かせる」というタイプの音楽じゃないところが面白いですよね。感情を込めて歌い上げるわけでもないし、そもそもメロディーの音域もそんなに広くない。

おの:(笑)。

青野:曲の中での「歌」の役割というのが、あまり中心にないというか。あくまでも音色の一つ、フレーズの一つとして扱われている。メロディーを歌うだけじゃなくて、ポエトリーリーディングっぽいところもあるじゃないですか。そういうところがオリジナリティーなのかなと思います。

―Obakeさんは映像作家を目指していた時期があり、おのさんは絵本作家になりたかったそうですが、お二人の中にある「物語性」といったようなものが、HGFの音楽の中にも活かされている気がします。

おのが手がけた『恋する惑星、果てしない物語』(2013年)ジャケット
おのが手がけた『恋する惑星、果てしない物語』(2013年)ジャケット

Obake:そうですね。僕らって、あまり自分たちのことを「ミュージシャン」というふうには思っていないところがあって。楽器も弾けないし、楽譜も書けないし、「音楽を作っている」という意識は希薄なのかもしれないです。それに、ミュージシャンの人たちってみんな音楽が大好きじゃないですか(笑)。そういう方たちに対して、僕らがミュージシャンを名乗るなんておこがましいんじゃないかと思うくらいで……。

「音楽しかない!」っていう切羽詰まったものではなく、何かしら表現するための手段が、たまたま音楽だったというか。特定のジャンルやカテゴリーに属しているという感覚も薄いですし。

DJ Obake

―現代美術アーティストの谷口真人さんと交流があったり、東京都現代美術館でサーダン・アフィフ(コンセプチュアルアートを手がけるフランス人アーティスト)とコラボしたりするのも、HGFというものを音楽ユニットというより、もっと「アートフォーム」として広く捉えているからでしょうか。

おの:ああ、そうかもしれませんね。

青野:まあ、音楽家だからといって音楽だけやらなきゃいけないわけじゃないし、いろんな活動のカタチがあっていいんだと思いますね。HGFのいいところは、絵もおのさんが描くし、音楽も「一人称」で作っていくじゃない? そこがアドバンテージになるんじゃないかなと。

―青野さんご自身も、執筆、PRディレクション、選曲、DJなど、様々なお仕事をなさっていますから、そのあたりで共感する部分もあるのかなと。

青野:僕の場合は「隙間産業」みたいなものだから(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

Her Ghost Friend『君のいる世界が好きだよ』
Her Ghost Friend
『君のいる世界が好きだよ』(CD)

2016年7月27日(水)発売
価格:2,160円(税込)
UMA-1081

1. はじまり(恋に落ちたら)
2. エンゲージ・ソング
3. まんなかドーナツ
4. バニラ・スカイ
5. トワイライト・トーキョー
6. 女の子になる方法
7. すきすき狂詩曲
8. たぶんわたしがゆうれいだったら
9. マジックアワー・ミュージック
10. Everything, Everything
11. またたき
12. 傘をさして
13. おわり(めでたし、めでたし)

プロフィール

Her Ghost Friend
Her Ghost Friend(はー ごーすと ふれんど)

Shinobu Onoと、DJ Obakeによる空想電子ポップユニット。2011年9月、1stアルバム『Her Ghost Friend』をリリース。収録曲の“放課後のシソーラス”が、日本テレビ「恋する地球ものがたり」のオープニング曲に、また同曲のMVがVimeoの「Staff Picks」に選ばれるなどして話題に。2015年初夏にレーベル『惑星』を結成、第一弾アーティストとして、歌う8bitガール、谷本早也歌をデビューさせた。2016年1月にはフランスのアーティスト、サーダン・アフィフとのコラボレーションにて東京都現代美術館をはじめ都内2か所でセッションライブを行い、アート界にもその名を響かせている。2016年7月、3rdアルバム「君のいる世界が好きだよ」をリリース。

青野賢一(あおの けんいち)

ビームス創造研究所クリエイティブディレクター、「ビームス レコーズ」ディレクター。1968年東京生まれ。大学卒業後、株式会社ビームス入社。1999年、音楽部門「ビームス レコーズ」の立ち上げに参画。2010年、個人のソフト力を主に社外のクライアントワークに活かす、社長直轄部門「ビームス創造研究所」発足に際してクリエイティブディレクターとして異動。執筆、編集、選曲、大学や専門学校の講師、他企業の販促企画やイベントの企画運営、他ブランドのクリエイティブディレクションなどを行いながら、「ビームス レコーズ」のディレクターも兼任する。また、執筆家としてファッション、音楽から文芸まで幅広い媒体にエッセイ、コラム、論考を寄稿。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談