特集 PR

多くの若者が絶望する韓国のリアル。パク・グニョンが描く現時代

多くの若者が絶望する韓国のリアル。パク・グニョンが描く現時代

パク・グニョン『哀れ、兵士』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:永峰拓也 編集:野村由芽、飯嶋藍子

パク・グニョン×南山芸術センターによる演劇『哀れ、兵士』は、思わぬ理由で大きな注目を集めた。韓国の助成団体からの支援が内定していたにもかかわらず、「助成を辞退せよ」という要請が制作者たちに通達されたからだ。

内々に処理されようとした政府による表現の検閲は、リークによって明るみになり、やがて国会をも巻き込む社会問題に発展する。さまざまな議論を経て、同作は2016年3月に上演にこぎつけ、大きな反響を呼んだ。そんな『哀れ、兵士』が、今年の『フェスティバル / トーキョー』で再演されることとなった。

近年、日本国内でもアーティストや報道機関に対する干渉・検閲がたびたび問題になっている。いったい、表現の何が社会と政府の神経を逆なでするのだろうか? 実際に検閲に直面し、それを乗り越えた演出家のパク・グニョンに話を聞いた。

韓国の多くの若者たちは、「自分たちは、このまま未来への展望もなく生きなきゃいけないのか?」と、常に絶望を感じています。

―『哀れ、兵士』は、1945年、そして2000年以降に起こった四つの事件を題材にしていますが、日本人からすると馴染みのないトピックも多く登場します。そこで、まずは現在の韓国の社会状況についてお伺いできますでしょうか?

パク:韓国では深刻な就職難が慢性化しています。きちんと社会保障の備わった職場が非常に少なく、若い人たちは正規職にはほとんど就けない。アルバイト先はありますが、時給がだいたい1食分くらいで「食べるためだけに働く」という状況です。

多くの若者たちは、「自分たちは、このまま未来への展望もなく生きなきゃいけないのか?」と、常に絶望を感じています。例えば大学生は卒業しても仕事がないので、できるだけ留年して卒業を引き延ばそうとしていますね。

パク・グニョン
パク・グニョン

―いまの日本に近い状況と言えますね。

パク:そうですね。ひと昔前は日本の方が青年の自殺率が高かったのですが、現在の韓国は、OECD(経済協力開発機構。先進国間の連携で、経済成長、貿易自由化、途上国支援を目的とする)加盟国のなかで青年の自殺率が一番高くなっています。

また、韓国は縁故やコネが非常に強い社会で、親の職業、生まれた家の格式によって、はじめから大きく差が開いてしまいます。ご存知のように韓国には徴兵制度がありますが、裕福な家庭出身であれば兵役免除になる抜け道が用意されています。つまり貧しい人だけが軍隊に行かなければならない、という不公平がまかりとおっているのです。

パク・グニョン『哀れ、兵士』メインビジュアル Photo: Gang Mool Lee  c Namsan Arts Center
パク・グニョン『哀れ、兵士』メインビジュアル Photo: Gang Mool Lee c Namsan Arts Center

―『哀れ、兵士』に登場する登場人物は、生きた場所・時代は違っても、みな社会の隅に追いやられた人々、自分の意志に反して厳しい状況に追い込まれてしまった人々ですね。軍隊内に居場所を見つけられずに脱走した兵士、朝鮮人でありながら日本の特攻隊に志願した青年、イラクで武装勢力に拘束された会社員。そして、2010年に韓国西海のペクリョン島付近で起こった沈没事故で死んだ韓国兵たち。特に最後の沈没事故は非常に謎めいた事件だったと聞きました。

パク:韓国海軍の哨戒艦(しょうかいかん。沿岸、港湾等での防衛・警備・救難活動を行なう軍艦)が突然攻撃を受けて、46名の乗員が亡くなった事件です。当時、韓国と北朝鮮はかなり緊迫した関係にあって、哨戒艦は北朝鮮の潜水艦に沈没させられたという発表が政府からありました。でも多くの人たちはそれを信じず、いろいろな意見や憶測が飛び交って、なかには韓国と合同演習をしていた米軍艦による誤射という説もありました。

パク・グニョン

―不明瞭なことが多く、非常に混乱した状況だったのですね。

パク:現在もほとんど情報が明かされていないので、いま私が言ったのはあくまで当時の状況の羅列でしかないですが、いずれ真実は明らかになるでしょう。『哀れ、兵士』の中でこの事件を扱ったのは、他の三つの出来事と同じく、この46名の乗員たちが「理由もなく、意味もわからないまま死ぬしかなかった兵士」だったからです。韓国現代史における軍人というのは、どんな時代でもとてもかわいそうな立ち位置にいる人々です。徴兵制のある韓国では、あらゆる男性が劇中の登場人物たちと同じ境遇に直面する可能性があると言えます。

Page 1
次へ

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー16』

2016年10月15日(土)~12月11日(日)
会場:東京都 東京芸術劇場、あうるすぽっと、にしすがも創造舎、池袋西口公園、森下スタジオ ほか

パク・グニョン×南山芸術センター
『哀れ、兵士』

2016年10月27日(木)~10月30日(日)
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
作・演出:パク・グニョン(劇団コルモッキル)

プロフィール

パク・グニョン

劇作家、演出家、劇団コルモッキル主宰。『青春礼賛』『代代孫孫』『ギョンスク、ギョンスクの父』『あまり驚くな』『満州戦線』『蛙』(アリストパネス原作)『ヒッキー・ソトニデテミターノ』(岩井秀人作)『眠れない夜なんてない』(平田オリザ作)などを手掛ける。日本でも多数公演を行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ヒトリエ“青”

ヒトリエのニューアルバム『HOWLS』の収録曲“青”のMVが公開。淡い色彩の中で力強くこだまするバンド演奏と、男女2人の刹那的で美しいシーンが織りなす世界観が、切ない歌詞とリンクしながらさらに加速していくようだ。MV中も印象的に使われている「青」が、楽曲を鮮やかに彩り、余韻を残している。デビュー5周年を迎えたヒトリエを牽引するにふさわしい、儚くも力強いバラード楽曲。(野々村)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る