インタビュー

「桑田佳祐」を徹底解剖 同時代に業界で活躍する佐藤剛が分析

「桑田佳祐」を徹底解剖 同時代に業界で活躍する佐藤剛が分析

インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:関口佳代 編集:矢島由佳子、柏井万作

桑田佳祐の還暦を祝うべく、各界の著名人に「桑田佳祐」について語っていただく特別企画。その第8弾として登場するのは、直接は仕事で関わる機会こそなかったものの、音楽業界の内側で、デビュー前からずっとサザンの姿を見続けてきたという、音楽プロデューサー / 文筆家の佐藤剛。

甲斐バンドのマネージャーを務めたのち、ファイブ・ディー代表として、THE BOOM、中村一義、ハナレグミなどのプロデュースを行い、現在は著述業も精力的に行っている佐藤は、同時代のトップランナーである桑田佳祐をどのように捉えているのだろうか。日本のポップス史を俯瞰しながら、桑田=サザンの独自性について、大いに語ってもらった。

桑田さんの歌い方は歌唱法の発明だったし、ソングライティングの発明でもあったんです。

―佐藤さんは、いつ頃、どんなふうにサザンオールスターズを知ったのでしょう?

佐藤:僕は桑田さんの4つ年上になるのですが、おそらく普通の人よりもかなり早くからのサザンファンだと思います。というのも、デビューシングル『勝手にシンドバッド』(1978年)のテスト盤ができたときに聴かせてもらって、「面白い! この人たちが出てきたことできっと世の中が変わるぞ!」と一気に興味を持ったんです。それですぐ、甲斐バンドの日比谷野外音楽堂のコンサートで、オープニングアクトに出てもらいました。

佐藤剛
佐藤剛

―最初期から、音楽業界の内側でサザンを見ていたわけですね。

佐藤:ええ、まあしかしファンとはいっても、違う事務所の新人だったから特に何かをしたっていうわけではないんです。とにかく面白い人が出てきたっていうふうに思っていて。それで翌年“いとしのエリー”を聴いたときに、「ああ、これはもう大丈夫だ。シンガーとしてもソングライターとしても必ず残る」と思いました。

―というと?

佐藤:あの歌い方は歌唱法の発明だったし、ソングライティングの発明でもあったんですね。英語風の発音で日本語を歌う人は当時からいたけど、意味を持った日本語のようであり、英語だけでなくいろんな国の言語が混じり合っているようで、しかもそれが発声される肉体の声として、ちゃんと人の心に、意味ではなく思いが届くものになっている。それを発明したのが、桑田さんなんです。

桑田さんは日本語を崩したのではなく、新しい日本語の表現を提示してみせた。そこに僕はビックリしたんです。しかも“勝手にシンドバッド”みたいに破天荒な曲の一方では、“いとしのエリー”のようなスタンダードになりうる歌も作れるという。その圧倒的な天才ぶりは、ホントお見事っていう感じでした。

―最初から才能が際立っていたんですね。

佐藤:そう。僕もずっと長いことバンドをプロデュースしていたからわかるんですけど、桑田さんって常に挑戦している人なんですよ。その挑戦を、陰ながら応援しつつ、感心して見ていたんですけど、1994年でしたか、お母さまが亡くなった頃に、それまでとは違うタッチのものがいろいろ出てくるようになっていった。その極めつけが、『孤独の太陽』(1994年)という桑田さんのソロアルバムです。そこでまたかなりビックリして、また違う興味で気になるようになったところがあります。

―何がそれまでと違ったのでしょう?

佐藤:サザンというのは、ビクターを支える看板バンドになっていったわけですよね。だから、自分のためだけじゃなくて、どこかみんなのために頑張っていたところがあったと思うんです。だけど、『孤独の太陽』のときに、初めて自分と誰かのためだけっていう、グッと狭いところでやったように思えた。

その頃からじゃないかな、桑田さんが自分のルーツみたいなところに戻ってきて、“ヨイトマケの唄”を歌ったり、歌謡曲の匂いをさせるようになったのは。当時のインタビューでも、自分の本質からどうしても滲み出てしまうものとして、歌謡曲があったとおっしゃっていたと思います。

―ロックではなく、歌謡曲だったんですね。

佐藤:そうです。若い頃に桑田さんが憧れていたエリック・クラプトン、日本だったら細野晴臣さんとかはっぴいえんど、そういうものを全部通り過ぎて、さらにその前からあった歌謡曲的なものに近づいていった。そこで完全に一皮むけて表現者として不動のものになった……という言い方は偉そうで申し訳ないんですけど(笑)、僕はそのことに、何よりも驚いたんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『〈文春トークライブ 第12回〉浜田真理子「昭和」をうたう。』

2016年12月20日(火)
会場:東京都 四ツ谷 紀尾井ホール
出演:
浜田真理子
佐藤剛(MC)
料金:5,400円

プロフィール

佐藤剛(さとう ごう)

1952年岩手県盛岡市生まれ、宮城県仙台市育ち。明治大学卒業後、音楽業界誌『ミュージック・ラボ』の編集と営業に携わる。シンコーミュージックを経て、プロデューサーとして独立。THE BOOM、宮沢和史、ヒートウェイヴ、中村一義、スーパーバタードッグ、ハナレグミ、由紀さおり、数多くのアーティストの作品やコンサートをてがける。2015年、NPO法人ミュージックソムリエ協会会長に就任。日本の歌謡曲と音楽史を研究。著書にノンフィクション『上を向いて歩こう』(岩波書店、小学館文庫)、『「黄昏のビギン」の物語』(小学館新書)、『歌えば何かが変わる:歌謡の昭和史』(共著・徳間書店)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)