特集 PR

理想の町おこし、ノルテ・ハポンと硫黄島地区会の団体活動に学ぶ

理想の町おこし、ノルテ・ハポンと硫黄島地区会の団体活動に学ぶ

国際交流基金地球市民賞
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

今、日本の多くの地方都市では人口減少、少子高齢化といったコミュニティーの沈滞・消失が課題として山積している。大型ショッピングセンターができ、買い物や生活が便利になった一方で、消費活動の均一化が進み、もともとあったはずの町の特質が失われることが危惧されている。そんな中で地域がすべき活動とはどういったことなのだろうか。

日本と海外の人々を結びつける活動を行う団体に与えられる『国際交流基金地球市民賞』は、今年度の受賞団体を含めると合計100団体となる歴史あるアワードだ。今回、地球市民賞を受賞した団体から、福島県川俣町で中南米音楽フェスティバルを長年開催するノルテ・ハポンと、ギニアの伝統的な太鼓ジャンベを通して諸外国の音楽家たちと交流する硫黄島地区会を招き、それぞれの活動と展望について話を伺う機会を得た。それぞれ数十年にわたって活動してきた2つの団体は、地域と文化の関係をどのように考え、そして育んできたのだろうか?

「町おこしの成功例ですね」なんて言われることも多いのですが、そもそもは同好の仲間たちの純粋な想いでずっと続いてきたんです。(齋藤)

―それぞれの団体が立ち上がった経緯からお聞きしたいと思います。最初は、福島県川俣町で毎年行われている中南米音楽祭『コスキン・エン・ハポン』からお伺いできればと思いますが、コスキンというのはアルゼンチンの街の名前だそうですね。

齋藤:コスキンは世界的なフォルクローレ(ラテンアメリカの民族音楽)の音楽祭を毎年開催している、標高700mの高地にある街です。川俣町は阿武隈高地の丘陵部に位置していて、コスキン市と似た特徴が多くあります。それにちなんで、フェスティバルの名前を『コスキン・エン・ハポン』、つまり「日本のコスキン市」にしたんです。また、主催団体名の「ノルテ・ハポン(北日本中南米音楽連盟)」は「北日本」という意味ですね。

左から:硫黄島地区会の安永孝、徳田健一郎、ノルテ・ハポン事務局の齋藤寛幸、若林美津子
左から:硫黄島地区会の安永孝、徳田健一郎、ノルテ・ハポン事務局の齋藤寛幸、若林美津子

―フォルクローレとは、どんな音楽なのでしょう? 語源はフォークロア(民俗学的な伝承)ですね。

齋藤:いろんな楽器、いろんな歌唱法・奏法がありますが、日本でいちばん有名なのはケーナ(南米ペルー、ボリビアなどが発祥の縦笛)という楽器でしょう。30cm程度の小ぶりの縦笛で“コンドルは飛んで行く”は代表的な一曲です。

齋藤寛幸(ノルテ・ハポン)

―よく、ストリートで南米系のミュージシャンが演奏していますね。

齋藤:まさにそれです。フォルクローレは都会ではなく山あいの村々の音楽で、川俣町の風土にとても似合うんです。今から42年前に町に住んでいた長沼康光さんという方が、ケーナ奏者の東出五国さんと出会って始まりました。

団体ノルテ・ハポン創始者の長沼さんは大の音楽愛好家で、南米音楽にも造詣が深い人でした。特にアルゼンチンタンゴが好きで、自主的にレコード鑑賞会を開いたりもしていた。その活動がとある雑誌に取り上げられて、たまたまそれを目にした東出さんが「今からケーナという楽器で演奏をするので聴いてください」と電話をかけてきたそうです。

『コスキン・エン・ハポン 2005』公演風景
『コスキン・エン・ハポン 2005』公演風景

―その電話一本から音楽祭『コスキン・エン・ハポン』は始まったんですか?

齋藤:ええ。電話口から聴こえる音楽に長沼さんは一瞬で魅せられて、その2年後に最初の音楽祭を開催しました。けど、最初のうちは怪しい集まりだと思われて本当に大変だったんですよ(笑)。

なにしろ地球の反対側の聴いたこともない音色の音楽で、奏者も民族衣装を纏って町なかを歩いているわけですから。教育委員会からは「不良の音楽! 子供たちを近づけないように!」と注意されたこともありましたね。

左から:齋藤寛幸(ノルテ・ハポン)、若林美津子(ノルテ・ハポン)

―ロックやメタルのような扱いですね(笑)。

齋藤:それが徐々に活動の輪が広がっていって、県外からも大勢の観客がやって来るようになり、そこから一気に周囲の見方が変わりました。プロモーションに町役場も全面協力するようになり、教育委員会は突然「いい音楽だ!」と言うようになって(笑)、川俣市内の小学校の授業でケーナを教えることになりました。

だから川俣町の小学生は、リコーダーではなくケーナを吹いて登下校するんですよ(笑)。その様子が全国的に知られるようになり、「ケーナの音が響く町」と呼ばれるまでになった。

『コスキン・エン・ハポン 2016』公演風景
『コスキン・エン・ハポン 2016』公演風景

―状況の逆転がすごいですね。

齋藤:他の街の人たちからは「町おこしの成功例ですね」なんて言われることも多いのですが、そもそも町ぐるみで始めたものではなくて、同好の仲間たちの純粋な想いでずっと続いてきたんです。

2000年には本場コスキン市の国際音楽祭に参加するようになり、逆に川俣町で演奏したいというアルゼンチンの奏者も増えてきた。そうやって市民の活動が広がって、2つの国、2つの町を結んでいったんです。

徳田:硫黄島と三島村にジャンベが広まっていった経緯と要所要所が似てますね。

Page 1
次へ

アワード情報

国際交流基金地球市民賞

1985年、全国各地で国際文化交流活動を通じて、日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め、互いの知恵やアイディア、情報を交換し、ともに考える団体を支援する賞として創設されました。最初の名称は「国際交流基金地域交流振興賞」、2004年には「国際交流基金地域交流賞」、2005年からは「国際交流基金地球市民賞」に改称し、現在に至っています。

プロフィール

ノルテ・ハポン

アルゼンチン・コスキン市で行われている、世界的な「フォルクローレ」音楽祭にちなみ、1975年に日本のコスキンという意味の中南米音楽祭「コスキン・エン・ハポン」が、全国から愛好家を福島県川俣町に集めて始まりました。現在では1万人を集める国内最大級の「フォルクローレ」イベントに成長、3日間にわたり全国180のグループが夜通し演奏します。国内はもとより、遠くはアルゼンチン、ボリビア、ペルーからプロのミュージシャンも参加します。音楽祭初日は、川俣町内の子供からお年寄りまで約1,300人が、参加者達をパレードで歓迎します。

硫黄島地区会(いおうじまちくかい)

鹿児島県硫黄島とギニアの太鼓ジャンベの出会いは1994年、「ジャンベの神様」ママディ・ケイタ氏が来日した際、小さな村でこどもたちと交流したいと希望、村が受け入れたときにはじまります。以降毎年のようにケイタ氏が来訪し指導を続ける一方、硫黄島のこどもたちがケイタ氏の故郷ギニアを訪問、また2000年にはケイタ氏と「みしまっ子」が共同でドイツ公演を果たすなど、ジャンベを通じた国際交流が活発に続けられています。2004年にはアジア初のジャンベスクールが開設され、県内外からジャンベ留学生も受け入れています。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。