特集 PR

ラッキーオールドサンが歌う、「今」という時代を肯定する歌

ラッキーオールドサンが歌う、「今」という時代を肯定する歌

ラッキーオールドサン『Belle Époque』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影・編集:山元翔一

ナナ(Vo)と篠原良彰(Vo,Gt)による男女二人組、ラッキーオールドサンの2ndアルバム『Belle Époque』がリリースされた。余計なギミックなど一切ない素直でシンプルなメロディーと、儚くも芯のあるナナのボーカル、そしてはっぴいえんどやティン・パン・アレーら、1970年代の日本語ロックを彷彿とさせるような、アコースティックかつオーガニックなバンドサウンドが胸を打つ。

アルバムタイトルの『Belle Époque』は、華やかりしきころのパリを「佳き時代」と回顧する意味で使われることの多いフレーズだが、それを二人は「今という時代を肯定するために」つけたという。今この瞬間を生きる大切さを教えてくれるような言葉たちには、どのような想いが寄せられているのだろうか。テクノロジーの発展や制作環境の変化によって複雑な楽曲が数多く生まれる一方、あくまでも「歌心の溢れる楽曲」にこだわり続けるわけは? ナナと篠原の二人に話を訊いた。

(メイン画像撮影:木村和平)

「もし、未来の僕がこのテープを聴いていたら、僕に言いたい。『まだやれる』」(篠原)

―アルバムとしておよそ2年ぶりのリリースとなりますが、まずは制作に至るまでの経緯を教えてもらえますか?

篠原(Vo,Gt):実を言うと、今回のアルバムを出すまでの間に、ちょっとわからなくなってしまった時期がありました。ミニアルバム(『Caballero』、2016年4月)を出した直後くらいかな、結構つらくなってしまって……。風を感じないというか、無風状態のなかで、どっちにいけばいいのか、なにをすればいいのかもわからなくなってしまったんです。

ナナ(Vo):その時期はちょうど大学を卒業したころで、私もすごく悩んでいました。あれはなんだったんだろう。

ラッキーオールドサン(左から:篠原良彰、ナナ) 撮影:木村和平
ラッキーオールドサン(左から:篠原良彰、ナナ) 撮影:木村和平

―活動に手応えを感じられないなかで、迷いのような時期があったと。それをどうやって乗り越えたのですか?

篠原:ちょっと恥ずかしい話をしていいですか? 去年の夏ごろに実家に帰ったのですが、特にやることもなく自室の整理をしていたら、高校のころに自分で録ったデモ音源のカセットテープがたくさん出てきたんですよ。それを片っ端から聴いていったら、1本だけタイトルの書いていないカセットがあって。「なにかな?」と思って聴いてみたら、高校を卒業する2010年の年明けくらいに、自分がそのときに思っていたことを延々とテレコに向かって吹き込んでいるという、非常にエモいものだったんですよ(笑)。

―曲ではなく、語りですか?

篠原:はい。ただ延々と30分くらい喋っているんですよ。「東京に出て、僕のロックを……!」みたいな、恥ずかしいことばっかり(笑)。それでもずっと聴き進んでいったら、最後の最後、テープが切れそうになるときに「もし、未来の僕がこのテープを聴いていたら、僕に言いたい。『まだやれる』」って。

篠原良彰

篠原:「まだやれるから、最後の悪あがきをずっと続けてください」って、自分に向けてメッセージを送っていて。聴き始めたときはすごく恥ずかしかったんだけど、それを聴いた瞬間、昔の自分と目が合った気がしたんです。それで書いた曲が、『Belle Époque』に収録されている“Railway”で。そのあと東京に戻ってライブをしたころから、ようやく自分は風を感じることができたんですよね。

ナナ:戻ってきた篠原さんにその話を聞かせてもらって、私も元気が出ました(笑)。

―前回のインタビュー(自分の暮らしが少し好きになる。ラッキーオールドサンの生活の歌)のときに、「いつかの自分や、いつかのナナさんが、今の自分にすごい勇気をくれる」とおっしゃっていますけど、まさに過去の自分に勇気をもらったんですね。

篠原:ああ、そうですね。

1970年代のサウンドのパワーを借りながら、新しいことをやりたいと思ったんです。(篠原)

―アルバムタイトルの『Belle Époque』は、一般的には「佳き時代」という回顧的な意味ですよね。実際、パリの華やかりしき時代、文化を回顧するフレーズとして生まれたものです。

ラッキーオールドサン『Belle Époque』ジャケット
ラッキーオールドサン『Belle Époque』ジャケット(Amazonで見る

篠原:実は、回顧主義とは逆で。当初、「平成」と書いて「ベルエポック」と読ませようとしていたくらい(笑)。自分たちは、ユーミンの『COBALT HOUR』(1975年)のようなサウンドに憧れているけれど、結局その時代にはいけないし、「今」を生きていなければいけない。だったら1970年代のサウンドのパワーを借りながら、新しいことをやりたいと思ったんです。

―なるほど。70年代の「佳き時代」のサウンドを、回顧主義にならないように鳴らすための工夫って、なにかありましたか?

篠原:これは僕が個人的に信じていることなのですが、今の時代に生きているメンバーが集まって、古い音楽を奏でたとしても、それは新しい音楽になると思うんです。そこに宿るのは昔の空気ではなく、「今」の空気なんじゃないかと。

左から:篠原良彰、ナナ

―私たちの、「今」を生きているパワーのようなものを信じているんですね。

篠原:そうですね。それと、当時の人たちの音楽に対する姿勢と、自分自身も同じ目線でいたいという想いが常にあって。

―というのは?

篠原:たとえば、THE BLUE HEARTSがそうですけど、人によって受け取るサウンドとか言葉とか表面的なことは違っても、気持ちをコピーするっていうか、核となる部分は変わらないというか。その純粋な部分は大切にしたい。そういうパワーを先輩方からお借りするつもりで。それが、古い音楽から「パワーを借りる」ということなのかもしれないですね。

Page 1
次へ

リリース情報

ラッキーオールドサン『Belle Époque』
ラッキーオールドサン 『Belle Époque』(CD)

2017年4月12日(水)発売
価格:2,268円(税込)
ARTKT-014

1. さよならスカイライン
2. ベースサイドストリート
3. フューチュラマ
4. 写真
5. 夢でもし逢えたなら
6. ツバメ
7. I want you baby
8. すずらん通り
9. Railway
10. Tokyo City Brand New Day

イベント情報

『2nd full album『Belle Époque』Release Tour~佳き時代に生まれたね~』

2017年5月5日(金・祝)
会場:京都府 Live House nano

2017年5月6日(土)
会場:大阪府 HOPKEN

2017年5月7日(日)
会場:愛知県 名古屋 K.Dハポン

2017年6月3日(土)
会場:東京都 下北沢 SHELTER

2017年6月24日(土)
会場:宮城県 SENDAI KOFFEE CO.

プロフィール

ラッキーオールドサン
ラッキーオールドサン

ナナ(Vo)と篠原良彰(Vo,Gt)による男女二人組。ふたりともが作詞 / 作曲を手掛け、確かなソングライティングセンスに裏打ちされたタイムレスでエヴァーグリーンなポップスを奏でる。2014年12月にkitiより1stミニアルバム『I'm so sorry,mom』でデビューし、2015年7月には1stフルアルバム『ラッキーオールドサン』をリリース。詩と歌のシンプルなデュオ編成から、個性的なサポートメンバーを迎えたバンド編成まで、様々な演奏形態で活動を展開。輝きに満ちた楽曲の数々は多くのリスナーを魅了し、またその確かな音楽性が多くの同世代バンドからも熱烈な支持を得る。2016年4月にはカントリーやブルースといったルーツミュージックの匂いを纏った2ndミニアルバム『Caballero』をリリース。2010年代にポップスの復権を担うべくあらわれた、注目のポップデュオ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

思い出野郎Aチーム“ダンスに間に合う”

思い出野郎Aチームが6月30日にリリースする7inchシングルのPVは、オフィスの中で描かれるドラマ仕立ての映像。歌詞にもあるように、散々な日でもひどい気分でも、そのどこかに潜む祝福すべき一瞬を、メロウなグルーヴで捕まえる。(飯嶋)