特集 PR

あらゆる角度から窓を考える「窓学」とは? 五十嵐太郎に訊く

あらゆる角度から窓を考える「窓学」とは? 五十嵐太郎に訊く

窓学10周年記念『窓学展―窓から見える世界―』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:永峰拓也 編集:野村由芽、川浦慧
2017/09/26
  • 155
  • 13

窓学。この聞きなれない学問を提唱する「窓研究所」とは、窓の製造で知られるYKK AP株式会社による、ユニークでインディペンデントな研究機関である。同機関の設立から4年、そして窓学のスタートから10年を迎えた今年。その研究成果を振り返る窓学10周年記念『窓学展―窓から見える世界―』と、『窓学国際会議―窓は文明であり、文化である―』が間もなく開催されることとなった。今後ますます発展していくであろう窓学の世界をおし拡げる、実験的で意義に満ちた催しになるであろう!

……しかし冷静に考えてみれば「窓学ってなに?」というのが一般的な認識でもある。一戸建てにせよ、マンションにせよ、アパートにせよ、建物に住んでいる限り窓のある生活はいたって当たり前すぎて、改めて「窓とは何か?」と考える機会はまれだからだ。

そこで今回、総合監修者として窓学の立ち上げに関わり、今回の『窓学展』にも総合監修として参加する建築史・建築批評家の五十嵐太郎に、改めて窓学と窓について訊いてみることにした。知っているようで知らない窓の世界へいざ!

※この記事は『窓学アーカイブ vol.1 2007-2010』(YKK AP株式会社 窓研究所)と『窓から建築を考える』(彰国社)を参考にしています。

建築と彫刻の違いは「開口部があるかないかだ」。

「窓は文明であり、文化である」。これは、窓学の誕生時に掲げられたステートメントだ。どこにでも当たり前にある窓を、人類全体にかかわる文明、そして文化に結びつける思想は途方もなく壮大だが、しかしけっして的外れとは言えない。五十嵐はこのように語る。

五十嵐:そもそも窓学が立ち上がったのはYKK AP社からの依頼がきっかけで、窓を製造する企業が「窓について考えましょう」という、とってもシンプルなところから始まっています。

でも、実際に窓のことをいろいろ考え始めてみると、これまで建築の勉強をしてきたにもかかわらず、なぜ自分は窓に特化して考えたことがなかったんだろう……と思うぐらい、多面的で深い発見が次々とありました。

フランク・ゲーリー(精緻な構造解析と新素材の使用で、有機的な建築を設計したカナダ出身の建築家)は「建築と彫刻の違いはなんですか?」と問われ「開口部があるかないかだ」と答えたそうです。開口部とは、つまり窓のこと。ひとつの塊、という意味では彫刻も建築も同じカテゴリーに分類できます。ですが、窓の存在は、その物体には内部空間があることを示します。建物の外の表情を決定づけたり、内部空間の存在を暗示するのが窓であり、建築を建築たらしめる本質的な条件のひとつが、ずばり窓なんです。

五十嵐太郎
五十嵐太郎

建築における窓の重要性をふまえ、窓学の参加研究者も、小玉祐一郎、千葉学、塚本由晴、手塚貴晴、原広司ほか、建築の第一線で活躍する顔ぶれが揃った。そして、それぞれの関心ごとに、窓に対する多様なアプローチを始めていった。

五十嵐:例えば、塚本由晴研究室は「窓のふるまい学」をテーマに選びました。窓があることで、その周辺では人はどのように振る舞い、どんなアクティビティーが起こるのか。例えば窓があると、人は思わずその外を眺めたり、窓辺に佇んだりしますよね。そういった身振りからも、窓の文化を考えることができるんです。

塚本由晴は、『窓学アーカイブ vol.1 2007-2010』所収の「窓のふるまい 1」のなかで次のように述べている。

それぞれの地域における気候風土、文化習慣の違いが、窓まわりにどのような違いを生むか、文化人類学的なテーマに関心がありました。まず、窓は技術や建築意匠の問題である前に、それぞれの地域での人々の生活のスキル=「ライフスキル」が形態化した物であるという仮説を立てました。

この仮説のもとに、塚本はヨーロッパ、アジア、アメリカの地域を対象にリサーチを進め、窓や建具の形式が人の振る舞いと相互的な関係を持つという考えに至る。

例えば、スリランカの『ルヌガンガの邸宅』(ジェフリー・バワ設計)に見られるように、トルコやスリランカでは、人は窓に「背を向けて」、大勢が集まって座るように設計されている。あるいは、アメリカの『エクセター図書館』(ルイス・カーン設計)が、パーテーションを組み合わせた個人スペースを窓辺につくっているように、欧米では窓に対して「横を向く」事例が多い。もちろん、それぞれの地域にはそれ以外のバリエーションも多くあるが、土地ごとの文化・宗教・生活習慣に適応するかたちで、窓が配置されている例は非常に多い。

『ルヌガンガの邸宅』(ジェフリー・バワ設計)©東京工業大学 塚本由晴研究室
『ルヌガンガの邸宅』(ジェフリー・バワ設計)©東京工業大学 塚本由晴研究室(サイトを見る

『エクセター図書館』(ルイス・カーン設計)©東京工業大学 塚本由晴研究室
『エクセター図書館』(ルイス・カーン設計)©東京工業大学 塚本由晴研究室

このようなリサーチを積み重ねていくと、人類が築き上げてきた文明や文化の反映として、窓がつくられてきたことがわかる。まさに「窓は文明であり、文化である」のだ。

Page 1
次へ

イベント情報

窓学10周年記念『窓学展―窓から見える世界―』ビジュアル
窓学10周年記念
『窓学展―窓から見える世界―』

2017年9月28日(木)~10月9日(月・祝)
会場:東京都 表参道 スパイラルガーデン
時間:11:00~20:00
出展作家:
レアンドロ・エルリッヒ
鎌田友介
ホンマタカシ
ほか
料金:無料

プロフィール

五十嵐太郎(いがらしたろう)

1967年、パリ生まれ。1990年、東京大学工学部建築学科卒業。1992年、東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。現在、東北大学大学院教授。あいちトリエンナーレ2013芸術監督、第11回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展日本館コミッショナーを務める。第64回芸術選奨文部科学大臣新人賞。『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房)、『窓へ 社会と文化を映しだすもの』(日刊建設通信新聞社)、『窓と建築の格言学』(フィルムアート社)ほか著書多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

OMSB & QN“なんとなく、それとなく”

2012年、飛ぶ鳥落とす勢いだったSIMI LABの2トップ、OMSBとQNの間に突如勃発したビーフ。菊地成孔氏まで言及した事態は、QN脱退、解決を迎えることなく終息した。あれから5年・・・何ですか?!コレ!恥ずかしながら、発表から1ヶ月以上経って気付いたわけですが、ナタリーさんしか言及してないですよ?!これ超事件じゃないですか!「確かに私達レペゼン相模」泣けるぜチクショウ!(木村)

  1. 香取&草彅&稲垣『クソ野郎』監督は園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一 1

    香取&草彅&稲垣『クソ野郎』監督は園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一

  2. やりがい搾取?藤井光×吉澤弥生がアーティストの労働問題を語る 2

    やりがい搾取?藤井光×吉澤弥生がアーティストの労働問題を語る

  3. Perfumeが『NEWS ZERO』登場 ファッションプロジェクトに込めた想い明かす 3

    Perfumeが『NEWS ZERO』登場 ファッションプロジェクトに込めた想い明かす

  4. ゲルハルト・リヒター展『Painting 1992‒2017』 世界初公開の油彩画も展示 4

    ゲルハルト・リヒター展『Painting 1992‒2017』 世界初公開の油彩画も展示

  5. 次回NHK『LIFE!』で高良健吾がコント初挑戦、内村が故郷・熊本を巡る企画も 5

    次回NHK『LIFE!』で高良健吾がコント初挑戦、内村が故郷・熊本を巡る企画も

  6. 見逃した映画特集に『ラ・ラ・ランド』『牯嶺街』『お嬢さん』など40本超 6

    見逃した映画特集に『ラ・ラ・ランド』『牯嶺街』『お嬢さん』など40本超

  7. 2017年公開作を一挙上映 年末恒例企画に『ムーンライト』など22本 7

    2017年公開作を一挙上映 年末恒例企画に『ムーンライト』など22本

  8. 調律師・山崎賢人の瞳にピアノが映る 映画『羊と鋼の森』新ビジュアル公開 8

    調律師・山崎賢人の瞳にピアノが映る 映画『羊と鋼の森』新ビジュアル公開

  9. ロバート秋山主演のドラマ版『やれたかも委員会』に朝比奈彩、本多力が出演 9

    ロバート秋山主演のドラマ版『やれたかも委員会』に朝比奈彩、本多力が出演

  10. 「私は2PACに救われた」 MARIA(SIMI LAB)×渡辺志保対談 10

    「私は2PACに救われた」 MARIA(SIMI LAB)×渡辺志保対談