特集 PR

ナナヲアカリ×DECO*27 初音ミク10周年、世代の違う二人が語る

ナナヲアカリ×DECO*27 初音ミク10周年、世代の違う二人が語る

ナナヲアカリ『ネクラロイドのあいしかた』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

愛称「天使」のシンガーソングライター・ナナヲアカリが、実力派ボカロP六人をプロデュースに迎えたミニアルバム『ネクラロイドのあいしかた』を発表した。2016年からニコニコ動画での活動を開始し、“ハッピーになりたい”や“ディスコミュ星人”といった曲が話題を呼ぶと、Neruや真部脩一らが参加した1st Tシャツ(CD付)『しあわせになりたい』、ミニアルバム『ネクラロイドのつくりかた』を続けてリリース。番組のMCや舞台への出演など、活躍の場を多方面に広げつつある。

歌詞などから垣間見える個性的なキャラクターも人気の一因であるナナヲだが、インタビューはこの日が初めて。お相手は彼女が「神様」と尊敬し、『ネクラロイドのあいしかた』に“んなわけないけど”を提供したDECO*27だ。アニソンとボカロが大好きだった中学生が、バンドと出会って自ら歌うことを決心し、もう一度ニコ動に戻ってくるまでの道のりを振り返りながら、これまで深く語られることのなかったナナヲのパーソナリティーに迫った。

こっちは、なんなら待ってたんですよ(笑)。(DECO*27)

―お二人が初めて会ったのはいつですか?

ナナヲ:少し前まで『ロック兄弟』というニコ生の音楽番組の司会をやらせていただいてたんですけど、そのゲストでDECO*27(以下、デコ)さんがいらっしゃって……普段はコミュ障なので、初対面だとローテンションな感じなんですけど、デコさんがゲストのときだけ様子がおかしくなっちゃって……(笑)。

DECO*27:控室で出番までの放送を見てたときは、そんなにはっちゃけてなかったのに、いざ自分が出ていったらすごい感じになってたよね(笑)。

ナナヲ:「神様です!」とか、すごいテンション上がっちゃって……あのときはホントに失礼いたしました……。

DECO*27:いや、楽しかったですよ(笑)。

左から:ナナヲアカリ、DECO*27
左から:ナナヲアカリ、DECO*27

―つまりは、それだけ昔からデコさんの曲を熱心に聴いていたと。

ナナヲ:そうなんです。中学生の頃はアニソンとボカロしか音楽を知らなくて、なかでもデコさんとryoさんは神様でした。まさかそんな人に会えるなんて思わないじゃないですか?

しかも、実際お会いしたら、私天使なんですけど(笑)、デコさんも天使のようなお方で、「機会あればなにかやりましょう」って言ってくださって。きっと社交辞令だと思いつつ、新作でどなたに曲をお願いするか考えるなかで、恐る恐るお声掛けさせていただいたら……。

DECO*27:「やりまーす!」って(笑)。その番組に出る前から、Neruくん(参照記事:DECO*27×Neru対談)が書いた曲のことを知っていて、いい声だなって思ってたし、実際番組で一緒になっても「いい子だな」って思ったんですよね。そうしたら、「次作品作るときはぜひ……」って言ってくれたので、もうそのときからこっちはやるやるモードで、なんなら待ってたんですよ(笑)。

―Neruくんの書いた曲っていうのは、“ハッピーになりたい”ですか?

DECO*27:そうです。あの曲の印象が残ってて、自分の曲で別の魅力を引き出せたらなって思ってたので、今回お話しいただけて嬉しかったです。

ナナヲ:ありがとうございます……夢みたい……。

ナナヲアカリ

デコさんのワードが私の感性を育ててくれたと言っても過言ではないです。(ナナヲ)

―ナナヲさんが歌手を志したのも、アニソンやボカロの影響ですか?

ナナヲ:当時は「私は歌でどうにかなりたい!」とかはまったく思ってなくて、普通に「歌って楽しいな」くらいでした。でも、ボカロって、機械が歌ってるのにめちゃくちゃ心に来るじゃないですか? 励まされる曲とかもいっぱいあって、「歌詞の力ってすごい」と思ったのは、ボカロの影響が大きいです。

―ハマるきっかけになった曲とかってありますか?

ナナヲ:最初に衝撃を受けたのは、“ゆるふわ樹海ガール”です。青春時代のコンプレックスをあそこまで表してるのに、絵は可愛くて、「なんだこれ?」って。

ナナヲ:そこからボーカロイドというものを知って、いろんなものを聴くようになるなかで、デコさんの“モザイクロール”とか“二息歩行”に衝撃を受けて。

―デコさんといえば曲はもちろん、やっぱり歌詞ですもんね。

ナナヲ:そう、歌詞がすごい! 「なにこの一行!」「なにこのパンチライン!」って、中学生ながらすごく衝撃を受けたのを覚えてます。

DECO*27:歌詞は一番こだわって作ってるから、褒められると嬉しいです。ボーカロイドの曲は、人間が歌わない分、言葉のパワーに頼らないといけない部分もあるし、逆にボーカロイドだからこそ、強い言葉を当てても上手く収まったりすることもある。そういうバランスは常に考えてきました。

DECO*27

ナナヲ:デコさんのワードが私の感性を育ててくれたと言っても過言ではないです!

DECO*27:ははは、娘ができました(笑)。

ナナヲ:私、どちらかというと暗くてかっこいい曲が好きだったので、“モザイクロール”とか“愛迷エレジー”とかをよく聴いてたんですけど、“愛言葉”を初めて聴いたときに、「デコさん、こういう曲も書くんだ」と思うと同時に泣いちゃったんです。

自分がそんな純粋な心を持ってるなんて思ってなかったんですけど(笑)。「ありがとう、好きだよ」みたいな曲で泣いたのはホントに初めてだったので、すごく大事な曲です。

DECO*27:あの曲にはDECO*27を応援してくれてるみんなへの感謝の気持ちが詰まってるんですよね。最初はちょっと恥ずかしい気持ちもあったから、歌詞のなかに照れ隠しも入ってるんですけど、基本的にはストレートな気持ちを書いた曲です。

Page 1
次へ

リリース情報

ナナヲアカリ『ネクラロイドのあいしかた』
ナナヲアカリ
『ネクラロイドのあいしかた』(CD)

2017年8月22日(火)発売
価格:1,800円(税込)
AKRN-0006

1. んなわけないけど(Song Produced by DECO*27)
2. おばけのウケねらい(Song Produced by ピノキオピー)
3. ハノ(Song Produced by バルーン)
4. クチュール(Song Produced by 有機酸)
5. 化物は幸福を望んだ(Song Produced by こんにちは谷田さん(キタニタツヤ))
6. メルヘル小惑星(Song Produced by ナユタン星人)

プロフィール

ナナヲアカリ
ナナヲアカリ

1995年大阪生まれの21歳。B型、さそり座。2016年、ニコニコ動画で発表した“ハッピーになりたい”“ディスコミュ星人”の2曲が大きな話題となり殿堂入り(ニコニコ動画での10万再生)を果たす。原宿の古着屋「BAU」にて通販限定で販売した1st Tシャツ(CD付)『しあわせになりたい』は即完売。続いてリリースしたミニアルバム『ネクラロイドのつくりかた』は初回生産分が瞬く間に完売と、ネットを中心に大きな反響を得る。さらに、累計900万ダウンロード突破の超人気スマホRPGゲームを舞台化した『Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-』にて、マシュ・キリエライト役に大抜擢されるなど精力的に活動中。

DECO*27
DECO*27(でこ にーな)

アーティスト/プロデューサー。2008年10月よりVOCALOID(音声合成ソフト)を使用した作品を動画共有サイトに投稿開始。これまで公開されたDECO*27の楽曲の中で100万回を超える再生回数の曲が12曲。自身で投稿した全ての楽曲が殿堂入り(再生回数10万回超え)。ニコニコ動画の総再生回数は驚愕の4100万回を超える。2010年4月、アルバム『相愛性理論』でデビュー。これまで、中川翔子(しょこたん)、MEG、KOTOKO、Daisy×Daisy、Bouno!、柴咲コウ、Q'ulleなどのプロデュース、その他様々な楽曲提供、タイアップソングなどを手がけるのと並行して、活動の原点であるVOCALOID楽曲を自身の最新作へ向けた布石として発表し続ける。2016年1月に公開した楽曲“ゴーストルール”は、ニコニコ動画において瞬く間にミリオンを達成。2016年9月28日、前作より2年半振りとなる新作アルバム『GHOST』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで