特集 PR

BRIAN SHINSEKAIの奇抜な個性を、スペシャ高根順次と読み解く

BRIAN SHINSEKAIの奇抜な個性を、スペシャ高根順次と読み解く

BRIAN SHINSEKAI『Entrée』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 衣装協力:NUMBER (N)INE 編集:山元翔一

デヴィッド・ボウイから岡村靖幸まで、古今東西の音楽を影響源にしたアルバム『Entrée』で、突如デビューしたソロアーティスト「BRIAN SHINSEKAI」。彼は一体何者なのか?

遡れば、17歳のときに出場した『閃光ライオット2009』で、ズットズレテルズ、GLIM SPANKYらと並び、「ブライアン新世界」としてファイナリストに選出。2013年にはバンド「Bryan Associates Club」を結成するも、2016年に活動休止を宣言。紆余曲折を経て、アーティスト表記を新たにして活動を再開——それが、遅れてきた新人・BRIAN SHINSEKAIなのである。

BRIAN SHINSEKAIの本格デビューにあたり、CINRA.NETでは、古くから彼のことを知るというスペースシャワーTVの映画プロデューサー、高根順次との対談をセッティング。彼の音楽のなにがすごいのか? デビューに至るまでの変遷の背後には、どんな思いがあったのか? 率直に語り合ってもらった。

本当に才能がある人って、勝手にこぼれ出ちゃうんだと思う。(高根)

—おふたりは旧知の間柄とのことですが、初めて出会ったのは、いつ頃の話になるのですか?

BRIAN:2011年ぐらいの話なんですけど、当時高根さんがスペースシャワーTVでやっていた『爆裂★エレキングダム‼』というバラエティー番組に、オカモトレイジくん(OKAMOTO'S)が、僕が自主的に作った変なTシャツを着て出演してくれたことがあって。

高根:それが最高にカッコよかったんですよね。ショッキングピンクのTシャツに、ブライアンの顔と、「栄光のロックスター ブライアン新世界」って文字が入っていて(笑)。レイジくんが、「今、これがいちばんキテるんですよ」みたいなことを言うから、一度番組に呼んでみようってことになったのが最初ですね。

左から:BRIAN SHINSEKAI、高根順次
左から:BRIAN SHINSEKAI、高根順次 / 衣装協力:NUMBER (N)INE(サイトを見る

BRIAN:最初に出させてもらったときは、たしか1曲歌ったあとに、大喜利に参加して、最後はボディビルダーの方と共演するみたいな感じで……。

—どんな番組なんですか(笑)。

高根:番組自体は、いろんなミュージシャンになにか面白いことをやってもらうっていうバラエティー番組だったんですけど、その頃、なぜか僕がボディビルダーにハマっていて(笑)。で、その回が面白かったから、そのあともちょこちょこ出演してもらうようになったんです。なんというか彼は、すごい切れ味を見せるんですよね。

—切れ味というと?

高根:それはブライアンの当時の音源にも共通するんですけど、本当に才能ある人って、こちらが予想してないものを出してくるんですよね。僕はそういう人が大好きなんですけど、ブライアンはバラエティー番組に出てもらっても、いつも予想外のことをしてくれて(笑)。

左から:BRIAN SHINSEKAI、高根順次

2014年のスペースシャワーTV開局25周年記念に放送された振り返り番組

BRIAN:当時は本当になにも考えてなかったんですよ。音源に関しても、そのとき自分が感じていることを、そのまま直接的な形でアウトプットするタイプで。だから、番組の趣旨も、あんまり理解しないまま出てたんですよ(笑)。

高根:いやでも、そういう自分の見え方みたいなものを全然考えてないところって魅力だと思うんです。アーティストって、自分がどう見えるかを気にしがちじゃないですか? もちろんそれもわかるんだけど、僕からすると「それって、ロックなのかな?」みたいに思うところがあって。本当に才能がある人って、勝手にこぼれ出ちゃうんだと思う。音楽に限らず、「これが作りたい」「これが好きだ」っていうものが、作るものからはみ出しちゃっている人が、いちばんカッコいいと僕は思うんですよね。

—なるほど。

高根:ブライアンは、まさしくそういうタイプだったんです。しかも、そこに自覚的じゃないというか、本当になにも考えず、自分が感じたものをそのまま出しているっていう(笑)。だから、今回ブライアンが「BRIAN SHINSEKAI」って英語表記に変えて出した『Entrée』を聴いたときは、最初ビックリして。これまでの彼とは、明らかに違う軸できたなって。

Page 1
次へ

リリース情報

BRIAN SHINSEKAI『Entrée』
BRIAN SHINSEKAI
『Entrée』(CD)

2018年1月24日(水)発売
価格:2,800円(税込)
VICL-64870

1. 首飾りとアースガルド
2. TRUE/GLUE
3. 東京ラビリンス ft. フルカワユタカ
4. FAITH
5. ゴヴィンダ
6. バルバラ
7. ルーシー・キャント・ダンス
8. CICADA
9. クリミアのリンゴ売り
10. Loving the Alien
11. 2045(Theme of SHINSEKAI)
12. トゥナイト

プロフィール

BRIAN SHINSEKAI
BRIAN SHINSEKAI(ぶらいあん しんせかい)

80~90年代のポップスをベースに、プログラミングや多重録音などを加えた実験的な音楽を奏でる、「ノスタルジックエレクトロ」アーティスト。文学的な歌詞や、独自のビジュアルアートワークで、時にオルタナティブロック、時にエレクトロ、様々な要素でエキセントリックな世界観を放つ。2009年、17歳の時に「ブライアン新世界」名義で出場した『閃光ライオット』にて、The SALOVERS、GLIM SPANKY、ズットズレテルズ、挫・人間、関取花らと共にファイナリストとなる。2011年、1stミニアルバム『LOW-HIGH-BOOTS』を発表。表題曲がiTunes「今週のシングル」に選出され、ダウンロードマーケットで話題となる。2012年、2ndミニアルバム『NEW AGE REVOLUTION』を発表。リード曲“AIUEO~愛飢え男~”がSPACE SHOWER TVパワープッシュに選出される。やついいちろう主催の『YATSUI FESTIVAL!2012』、『閃光ライオット2012 感謝祭』に出演、「SCHOOL OF LOCK!」にも生放送ゲスト出演。2013年、バンド「Bryan Associates Club」結成。翌年にはバンドとして『MINAMI WHEEL』など数々のイベントに出演。2016年11月、活動休止を宣言し、新たな創作活動に入る。2017年9月、「BRIAN SHINSEKAI」プロジェクト始動。2018年1月、ビクターエンタテインメントから『Entrée』を発表。

高根順次(たかね じゅんじ)

SPACE SHOWER TV勤務のプロデューサー。プロデュース作品に、事故で記憶障害を負ったミュージシャンGOMAが復活する過程を描いたドキュメンタリー映画『フラッシュバックメモリーズ3D』(松江哲明監督、2013年公開)、アイドルvsAV監督のアイドル史上最もヘンテコな解散ドキュメント『BiSキャノンボール2014』(カンパニー松尾監督、2014年公開)、クリープハイプのファンである女子高生四人が北九州から東京を目指す青春ロードムービー『私たちのハァハァ』(松居大悟監督、2015年公開)がある。2018年2月3日より、『劇場版 アイドルキャノンボール2017』が劇場公開。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年