特集 PR

BRIAN SHINSEKAIの奇抜な個性を、スペシャ高根順次と読み解く

BRIAN SHINSEKAIの奇抜な個性を、スペシャ高根順次と読み解く

BRIAN SHINSEKAI『Entrée』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 衣装協力:NUMBER (N)INE 編集:山元翔一

何回も繰り返し聴いたり見たりすることでさらなる気づきや発見があるものって、僕は大事だと思う。(高根)

—『Entrée』にそんなバックストーリーがあったとは思いませんでした。

高根:直接的ではないにせよ、もうちょっとストーリーテリングを、わかりやすくしようって選択肢はなかったの?

BRIAN:基本的に、ライトな感じで聴いてもらいたかったんですよね。深く聴いてもらえる人には深く聴いてもらいつつ、ただのダンスミュージックというか、単純にのれる音楽というふうにも聴いてもらいたかった。その上で、よくよく歌詞を読んだり、ふと立ち返って聴いてみたら、新しい発見があるようなアルバムにしたかったんです。だから、しっかりとしたコンセプトがあって、ガチガチにストーリーを固めたアルバムですっていうふうには、あんまり打ち出したくなかったんですよね。

—単純に、まずはポップアルバムとして聴いてもらいたいと。

BRIAN:そうですね。むしろ、入り口はそっちでもいいかもしれないって思ったんです。

左から:BRIAN SHINSEKAI、高根順次

高根:ただ、今の話を聞いていても思うけど、やっぱりこのアルバムを本当の意味で理解するには、結構時間がかかると思うんですよね。でも、それは映画作りとかにも共通していて……。

ちょうど今、僕がプロデュースした映画『劇場版 アイドルキャノンボール2017』が公開中なんですけど、今回は一応「キャノンボール・シリーズ」の最新作みたいな感じで。言ってしまうと、そこに至るまでの歴史の積み重ねがあり過ぎるんですよ(参考記事:AV監督VSアイドルの騙し合い 映画『BiSキャノンボール』の企み)。

高根:今回の映画は、シリーズを全部踏まえた上での作品なので、難しい映画だなっていうのは自分でも感じていて。一見さんが見て、わかりやすいものではまったくないという(笑)。ただ、何回も繰り返し見ると、どんどん新しい気づきや発見があって……やっぱり面白いなって自分では思うんですよ(笑)。

BRIAN:なるほど(笑)。

高根:そうやって、何回も繰り返し聴いたり見たりすることでさらなる気づきや発見があるものって、僕は大事だと思うんです。この『Entrée』というアルバムも、たしかにそういうものになっているような気がする。だから、今回の対談が、その理解のひとつの助けになってくれたらいいなと思っているんです。

左から:BRIAN SHINSEKAI、高根順次

—しかし、ブライアンくんは、今後どうなっていくんでしょうね。しばらくは、この方向性でやっていくのですか?

BRIAN:僕は嘘がつけない性格で、全然器用ではないし、ナチュラルに作った結果がこうなっているだけなので、今後どうなっていくのかは自分でもわからないです。

—とりあえず、高根さんがブライアンくんの人間的な面白さを買っている理由は、今回の対談でわかったような気がします。

高根:もちろんブライアンの音楽も大好きですよ。彼が作る音楽も歌詞も好きだし、人となりも好きだし。ブライアンは僕のなかで、総合力がものすごく高いアーティストなんです。だから、彼自身が今後どうなっていくのかも、かなり興味がある。

僕はもともと、「アーティスト自身」にはあんまり興味がなんです。ミュージシャンとプライベートな付き合いも全然しないし、大事なのはあくまでも作品だと思ってて。ただ、ブライアンはちょっと特別というか。なにかのインタビューで、ブライアンが「自分はどこにいても浮いている。常に異物感を感じながら音楽をやってきた」って言っていたんですけど、そういう人って、今なかなかいないじゃないですか(笑)。僕はブライアンのそういうところをすごく信用しているんですよね。

左から:BRIAN SHINSEKAI、高根順次

BRIAN SHINSEKAI『Entrée』ジャケット
BRIAN SHINSEKAI『Entrée』ジャケット(Amazonで見る

Page 4
前へ

リリース情報

BRIAN SHINSEKAI『Entrée』
BRIAN SHINSEKAI
『Entrée』(CD)

2018年1月24日(水)発売
価格:2,800円(税込)
VICL-64870

1. 首飾りとアースガルド
2. TRUE/GLUE
3. 東京ラビリンス ft. フルカワユタカ
4. FAITH
5. ゴヴィンダ
6. バルバラ
7. ルーシー・キャント・ダンス
8. CICADA
9. クリミアのリンゴ売り
10. Loving the Alien
11. 2045(Theme of SHINSEKAI)
12. トゥナイト

プロフィール

BRIAN SHINSEKAI
BRIAN SHINSEKAI(ぶらいあん しんせかい)

80~90年代のポップスをベースに、プログラミングや多重録音などを加えた実験的な音楽を奏でる、「ノスタルジックエレクトロ」アーティスト。文学的な歌詞や、独自のビジュアルアートワークで、時にオルタナティブロック、時にエレクトロ、様々な要素でエキセントリックな世界観を放つ。2009年、17歳の時に「ブライアン新世界」名義で出場した『閃光ライオット』にて、The SALOVERS、GLIM SPANKY、ズットズレテルズ、挫・人間、関取花らと共にファイナリストとなる。2011年、1stミニアルバム『LOW-HIGH-BOOTS』を発表。表題曲がiTunes「今週のシングル」に選出され、ダウンロードマーケットで話題となる。2012年、2ndミニアルバム『NEW AGE REVOLUTION』を発表。リード曲“AIUEO~愛飢え男~”がSPACE SHOWER TVパワープッシュに選出される。やついいちろう主催の『YATSUI FESTIVAL!2012』、『閃光ライオット2012 感謝祭』に出演、「SCHOOL OF LOCK!」にも生放送ゲスト出演。2013年、バンド「Bryan Associates Club」結成。翌年にはバンドとして『MINAMI WHEEL』など数々のイベントに出演。2016年11月、活動休止を宣言し、新たな創作活動に入る。2017年9月、「BRIAN SHINSEKAI」プロジェクト始動。2018年1月、ビクターエンタテインメントから『Entrée』を発表。

高根順次(たかね じゅんじ)

SPACE SHOWER TV勤務のプロデューサー。プロデュース作品に、事故で記憶障害を負ったミュージシャンGOMAが復活する過程を描いたドキュメンタリー映画『フラッシュバックメモリーズ3D』(松江哲明監督、2013年公開)、アイドルvsAV監督のアイドル史上最もヘンテコな解散ドキュメント『BiSキャノンボール2014』(カンパニー松尾監督、2014年公開)、クリープハイプのファンである女子高生四人が北九州から東京を目指す青春ロードムービー『私たちのハァハァ』(松居大悟監督、2015年公開)がある。2018年2月3日より、『劇場版 アイドルキャノンボール2017』が劇場公開。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子