特集 PR

Yogee New Wavesの成長物語。なぜ今メジャーデビューなのか?

Yogee New Wavesの成長物語。なぜ今メジャーデビューなのか?

Yogee New Waves『SPRING CAVE e.p.』
インタビュー・テキスト
矢島由佳子
撮影:タイコウクニヨシ

「音楽業界をひっくり返したい」、Yogee New Wavesのボーカリスト / ソングライター・角舘健悟がそう話したのは3年半前、「愛のことしか歌えないな、とはいつも思ってる」と話したのは2年3か月前のこと。

インディーズ1stアルバム『PARAISO』のリリースから3年半、満を持して、Yogee New Wavesがメジャーデビューを果たす。バンドの注目度や評価の高さから考えれば、もっと早くにメジャーデビューしていてもおかしくなかっただろう。でも、一度バンドを脱退した初代ギタリストがレコード会社のスタッフとして再度チームに戻ってきたことを含め、音楽業界で自由に楽しく闘える強力な体勢を整えるために、そして、角舘が歌おうとしている「愛」をより深く理解して届けるために、3年半という時間が必要だったと、今は言える。

3月14日にリリースされるメジャーデビューEP『SPRING CAVE e.p.』は、本当は誰しもが大人になっても失いたくない少年性は保ちつつも、自己満足とは真逆の他者に対する優しさ、つまり「愛」が、これまで以上に深く満ちている。「3年半」という短いようで長い時間のなかで起きた、人間としての変化を訊いたーーYogee New Wavesというひとつの生命体の成長物語が、ここにある。

漫画みたいな話ですよね(笑)。(上野)

—CINRA.NETでは、1stアルバム『PARAISO』(2014年9月)のリリース時から、Yogee New Waves(以下、Yogee)のことをこれまで8回ほど取材させてもらってきました。『PARAISO』リリース後の「3年半」という時間を、初期メンバーである角舘くんと粕谷くんはどのように捉えていますか?

角舘(Vo,Gt):完全にいい3年半だったなと思いますね。CINRAでもことあるごとに話をしてきたように、紆余曲折があったけど、それを経たから、やっと今万全の状態で動けていると思うし。大変だったのも楽しかったし、全部よかったなと思っています。

粕谷(Dr):その通りですね。『PARAISO』を聴くと、「昔の俺はこうだったんだな」っていうのが自分ですごくわかるんですよ。人間として歳を取りながら音楽を作っている感覚があるから、3年半かけないとできなかったものが確実にあったなと思います。

左から:角舘健悟、粕谷哲司
左から:角舘健悟、粕谷哲司

—「メジャーデビュー」というのは、Yogeeにとって、「あくまで通過点のひとつ」なのか、それとも「大きな節目、分岐点」として捉えているのか、どちらだと言えますか?

粕谷:圧倒的に、前者ですね。アーティストにとって、メジャーデビューすることがすべてではないから。どれだけ自分たちが持っているものを作品にして届けるか、ということだけを考えていて、それを売ってくれる、届けてくれる人が変わっただけ、というか。

上野(Ba):インディーズのときも、全国各地のいろんな人の協力のおかげで活動ができていると思ってたんですけど、ビクターというレコード会社に入ることで、協力してくれる人がさらに増えた。でも自分たちが頑張ることは変わらないというか。

俺はまだYogeeに入って1年くらいですけど、今までYogeeがやってきたことが認められて、それでメジャーにいけるという話だと思うから、今までやってきたことはなにひとつ間違ってないんだと思うし、それをそのままやっていいよ、ということだと解釈していますね。

粕谷:僕もそう思ってる。

竹村(Gt):うん。輪が日々大きくなっているなと感じていて、このままその輪を大きくしていくだけだなと。

左から:竹村郁哉、上野恒星
左から:竹村郁哉、上野恒星

—ビクターのスタッフの一人には、Yogeeの初代ギタリストである松田(光弘)くんが制作ディレクターとして入っていますよね。2015年5月に就職を理由にバンドを脱退したあと、こうした形でYogeeチームに戻ってきたことを、どう受け止めていますか?(参考記事:2014年9月 / Yogee New Waves、初期メンバー全員インタビュー2015年12月 / 松田脱退後、角舘ソロインタビュー

上野:漫画みたいな話ですよね(笑)。

2014年時のアーティスト写真。左から:粕谷哲司、角舘健悟、松田光弘、矢澤直紀(インタビュー記事「注目株Yogee New Wavesが語る、若者の心象風景と逃避願望」より)
2014年時のアーティスト写真。左から:粕谷哲司、角舘健悟、松田光弘、矢澤直紀(インタビュー記事「注目株Yogee New Wavesが語る、若者の心象風景と逃避願望」より)

—そう思います(笑)。松田くんと再び交わるようになったのは、いつ頃からだったんですか?

粕谷:「みっちゃん(松田)が、もう一回チームに戻ってきたな」という感覚が出始めたのは、上野くんとボンちゃん(竹村)が入る前くらいかな(二人は2017年1月に加入)。実はボンちゃんは、みっちゃんの薦めでもあったんですよ。彼が「Yogeeをよくしたい」という想いでギタリストを探してくれていたときに、ボンちゃんの名前が出てきて。で、ちゃんとがっつり一緒にやるようになったのは、ここ半年くらいですかね。

—正直、ビクター以外のレコード会社からもオファーはあったんじゃないですか?

角舘:今思えば、いろいろありましたね。でも、「会社」というよりも、なかにいる「人」で選びたいと思ってたから。もちろんビクターは素晴らしい場所だと思いますし、みっちゃんがいるならなんでもいい! みたいな気持ちもありました。

上野:うん、一番大事にしてたのはそこですね。

角舘:こっちから「みっちゃんを取りに行きたい」くらいの感じ。

—そうやって再度チームの一員となった松田くんは、今のYogeeにとって、どういう存在だと言えますか?

粕谷:Yogeeのことをよくしようとしてくれる人の一人で、そのなかでも、やっぱりバンドへの理解度は最も高い。だからよき相談相手でもあるし。レコーディング中に、「これはこうしたら」って言ってくるのも、どういう意図で言ってるかがすぐにわかるから、互いにあんまり嘘をつけないんですよね。

角舘:やけにディレクターっぽく言ってくるときは、「なんすかそれ、どうせ付け焼刃のやつでしょ」くらいにしか思わないから、聞かないし(笑)。

粕谷:みっちゃんも、俺らが言うことの本当の意味を理解してるし。

—つまり、そういうバンドメンバーと制作ディレクターの関係性でできあがった音源は、かなり純度が高いということですよね。

角舘:うん、そうですね。

左から:上野恒星、竹村郁哉、角舘健悟、粕谷哲司
左から:上野恒星、竹村郁哉、角舘健悟、粕谷哲司

Page 1
次へ

リリース情報

Yogee New Waves『SPRING CAVE e.p.』初回限定盤(CD+DVD)
Yogee New Waves
『SPRING CAVE e.p.』初回限定盤(CD+DVD)

2018年3月14日(水)発売
価格:2,484円(税込)
VIZL-1315

[CD]
1. Intro
2. Bluemin' Days
3. Boyish
4. PRISM HEART
5. Summer of Love(Sinking time ver.)
6. Ride on Wave(Sweet William Remix)

[DVD]
・ Documentary『YOG of Bros.』
・ World is Mine(Music Video)
・ SAYONARAMATA(Music Video)
・ HOW DO YOU FEEL?(Music Video)

Yogee New Waves『SPRING CAVE e.p.』通常盤(CD)
Yogee New Waves
『SPRING CAVE e.p.』通常盤(CD)

2018年3月14日(水)発売
価格:1,620円(税込)
VICL-64929

1. Intro
2. Bluemin' Days
3. Boyish
4. PRISM HEART
5. Summer of Love(Sinking time ver.)
6. Ride on Wave(Sweet William Remix)

イベント情報

『3rd EP「SPRING CAVE e.p.」リリースイベント』

2018年3月15日(木)
会場:東京都 タワーレコード新宿店7Fイベントスペース

『Bluemin' Days TOUR 2018』

2018年3月21日(水・祝)
会場:台湾 台北 THE WALL
出演:
Yogee New Waves
午夜乒乓

2018年3月22日(木)
会場:台湾 高雄 The Locals Inn 草舍
出演:
Yogee New Waves
午夜乒乓

2018年3月23日(金)
会場:香港 Pearl Ballroom, Eaton Workshop

2018年3月25日(日)
会場:タイ バンコク Voice Space
出演:
Yogee New Waves
The fin
and more

2018年3月30日(金)
会場:北海道 札幌 ペニーレーン24

2018年4月1日(日)
会場:宮城 仙台 darwin

2018年4月7日(土)
会場:福岡県 BEAT STAITON

2018年4月8日(日)
会場:岡山県 YEBISU YA PRO

2018年4月12日(木)
会場:大阪府 BIGCAT

2018年4月14日(土)
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL

2018年4月20日(金)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST

2018年4月30日(月・振休)
会場:沖縄県 那覇 output

プロフィール

Yogee New Waves
Yogee New Waves(よぎー にゅう うぇいぶす)

2013年に活動開始。2014年4月にデビューEP『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。その後『FUJI ROCKFESTIVAL』《Rookie A GoGo》に出演。9月には1st album『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各メディアで多く取り上げられる。2015年2月に初のアナログ7inchとして新曲『Fantasic Show』を発表。12月には2nd EP『SUNSET TOWN e.p.』をリリース。2017年1月にBa. 矢澤が脱退し、Gt.竹村、Ba.上野が正式メンバーとして加入し再び4人編成となり始動。5月17日に2ndアルバム『WAVES』をリリースし、CDショップ大賞2018前期のノミネート作品に選出。リリースツアーは全国8都市でワンマンを決行し各地ソールドアウト。夏には、『FUJI ROCK FESTIVAL』『ROCK IN JAPAN』『頂FES』『CIRCLE』『森道市場』『SWEET LOVE SHOWER』『WILD BUNCH』など、全国の大型野外フェスに多数出演。11月から全国公開の映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の主題歌に「SAYONARAMATA」が起用される。2018年3月14日にはメジャーデビューとなる新作『SPRING CAVE e.p.』がリリース。3月からはアジア3か国(台湾、香港、タイ)を含めた全12か所のリリースツアーの開催が決定。

関連チケット情報

2018年8月4日(土)〜8月12日(日)
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
会場:国営ひたち海浜公園(茨城県)
2018年8月18日(土)〜8月19日(日)
SUMMER SONIC 2018 TOKYO
会場:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ(千葉県)
2018年9月8日(土)
OTODAMA’18~音泉魂~
会場:泉大津フェニックス(大阪府)
2018年9月10日(月)
SE SO NEON/Yogee New Waves
会場:Shangri-La(大阪府)
2018年9月11日(火)
WWW presents In&Out
会場:WWW X(東京都)
2018年9月22日(土)〜9月23日(日)
中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018 <入場券>
会場:中津川公園内特設ステージ(岐阜県)
2018年9月22日(土)〜9月23日(日)
中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018 <駐車券・セット券>
会場:中津川公園内特設ステージ(岐阜県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像