インタビュー

細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像

細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像

インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:豊島望 編集:久野剛士

過去を美化せず、現代を見つめること。それが未来を志向することだということ。その思いを、アニメーションの可能性を切り拓いてきた作り手・細田守は、7月20日公開の最新作『未来のミライ』で宣言する。

本作は、4歳の男の子である主人公が、ときに恐る恐る、ときに大胆に、世界と戯れ、そして成長していく――そのフレッシュな手触りそのものを封じ込めた、彼の新境地となるエンターテイメントだ。

『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』で、現代や家族と向き合ってきた細田監督。現代の家族像から、子どもに対する誠実な姿勢、さらには「なぜアニメーションで表現するのか」というテーマについて、彼に語りつくしてもらった。

星野源さんの「現代の父親」っぷりには、本当にビックリしたんです。

インタビューは、いたってリラックスしたムードで始まった。5月には『第71回カンヌ国際映画祭』の「監督週間」で上映。6月下旬には、キャストと共に登壇しての完成披露試写が行われた。『未来のミライ』という、細田守監督にとってかけがえのない雛鳥(ひなどり)が、いままさに世の中に向けて羽ばたこうというタイミングでの取材だった。

細田:すごくドキドキしているのは例年と変わらないんです。でも今回は『カンヌ』があったし、さらに完成披露試写でも「カンヌで1回経験しているから落ち着けるかな」と思ったら、やっぱりドキドキしました。きっと初日はもっとドキドキするはずで……結局変わらないんじゃないかな(笑)。

細田守
細田守

「ハハハハハ!」と明るい笑い声を上げながら、クシャッとした笑顔を見せる。誰に対しても丁寧に、そして真摯に受け答えする、ベテランとは思えぬ物腰。そのフラットな態度が、『未来のミライ』における世界観へとつながっていることを、インタビューを通して徐々に知ることになった。

4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)を主人公に据え、その男の子の目線で映画全体を描いた本作。おとうさん、おかあさん、ゆっこと名づけられた犬と共に、小さな庭のある家に暮らす少年の成長譚だ。

くんちゃん(声:上白石萌歌)/ ©2018 スタジオ地図
くんちゃん(声:上白石萌歌)/ ©2018 スタジオ地図

ある日、家族に待望の妹が生まれる。めでたい出来事のはずなのだが、くんちゃんにとってはひとつの試練が訪れる。それまで独占していた両親の愛情が、一気に妹へと注がれてしまうのだ。

ただでさえ甘えん坊のくんちゃん。自分に気を配ってくれない両親に、そして突然与えられた兄としての立場に、彼は混乱し、泣きわめき、かんしゃくを起こす。そんなくんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶミライちゃん(黒木華)が、未来から突然、庭に現れて……1軒の家にほぼ舞台を限定しながら、庭を通じて時空を超えた冒険が繰り広げられるファンタジー作品となった。

ミライちゃん(声:黒木華)/ ©2018 スタジオ地図
ミライちゃん(声:黒木華)/ ©2018 スタジオ地図

インタビューは、取材班が心動かされた両親役、おかあさんを演じた麻生久美子と、おとうさんを演じた星野源の話から進んでいった。新たな生命の誕生にあたふたしながらも、精いっぱい毎日をおくる夫婦の姿を、見事に声で表現した2人。麻生は、子育てと仕事を両立させる母親の姿を、どこまでも自然体で演じていた。

細田:シナリオの段階から、おかあさんは麻生さんにお願いしようと思って、決めていたんですよ……『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)、『バケモノの子』(2015年)と、ずっと作品に出てもらっているし。子どもの年齢も一緒なんです。「ママ友」と言えばいいのか、同じような時間を生きているという点で、おかあさんのモデルの一部なんですね。

『バケモノの子』予告編

そんな麻生が演じるおかあさんに叱咤激励されるのが、星野扮するおとうさんだ。独立したばかりのフリーの建築家で、自宅で仕事をしながら、くんちゃん、そしてその妹の日中の育児を担う。赤ちゃんを抱くだけでも不安がり、わずかな隙間の時間に仕事をしようとするも、パソコンを前にうつらうつら……まるで私たちの周囲にいるような父親の姿を、声を通じて体現していた。

細田:星野さんは今回初めてお会いしたんです。以前からすごく魅力的な方だとは思っていたんですが、実際にご一緒して、どうしてこんなに素晴らしく「現代の父親」を表現できるんだろうと、舌を巻きました。

細田守

「現代の父親」が意味するところは何なのか。そう尋ねると、細田監督はそのまませきを切ったかのように、『未来のミライ』の核心へと突き進んでいった。

細田:いま、父親って、表現するのがすごく難しい存在だと思うんです。昔は父親の役割をみんな演じていたので、父親をやるというのは、そんな大変じゃなかったんですよ。父親っぽくやればよかったんですから。でもいまは、そうじゃない。だからこそ、星野さんの「現代の父親」っぷりには、本当にビックリしたんです。

左から、おかあさん(声:麻生久美子)とおとうさん(声:星野源)/ ©2018 スタジオ地図
左から、おかあさん(声:麻生久美子)とおとうさん(声:星野源)/ ©2018 スタジオ地図

Page 1
次へ

作品情報

『未来のミライ』
『未来のミライ』

2018年7月20日(金)から全国東宝系で公開
監督・脚本・原作:細田守
音楽:高木正勝
オープニングテーマ:山下達郎“ミライのテーマ”
エンディングテーマ:山下達郎“うたのきしゃ”
声の出演:
上白石萌歌
黒木華
星野源
麻生久美子
吉原光夫
宮崎美子
役所広司
福山雅治
配給:東宝
プロデューサー:齋藤優一郎
企画・制作:スタジオ地図

プロフィール

細田守(ほそだ まもる)

1967年生まれ、富山県出身。金沢美術工芸大学卒業後、1991年に東映動画(現・東映アニメーション)へ入社。アニメーターを経て、1997年にTVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎(第4期)」で演出家に。1999年に『劇場版デジモンアドベンチャー』で映画監督デビュー。2000年の監督2作目、『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』の先進性が話題となる。その後、フリーとなり、2006年に公開した『時をかける少女』(原作:筒井康隆)が記録的なロングランとなり、国内外で注目を集める。2009年に監督自身初となるオリジナル作品『サマーウォーズ』を発表。2011年に自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)と3年おきに話題作を送り出し、国内外で高い評価を得ている。最新作『未来のミライ』は『第71回カンヌ国際映画祭』「監督週間」に選出された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今